午前5時半、熊本はクマゼミが鳴き出しました。

午前5時半、熊本はクマゼミが鳴き出しました。天気は曇り空で、朝焼け写真はあきらめました。それでサウンドだけです。キッチンから録りましたので冷蔵庫の音が暗騒音として持続しています。

屋外に出て録音するのよりも屋内から録音する方が、どこで鳴いているか漠然とした対象物の場合は聞き取りやすく録音できます。屋内の物音が入るのはやむを得ないのですが、室内に反響することで集音器効果になっているのでしょう。

このまま賑やかになって行くのかと思いきや、6時頃にはぱったり。曇ってきたので、雨になるのかもしれません。

こちらの記事もどうぞ

  • 【蓄音器の音】実際に聴きませんか – 第284回 蓄音器でレコードを楽しむコンサートのご案内2011年12月10日 【蓄音器の音】実際に聴きませんか – 第284回 蓄音器でレコードを楽しむコンサートのご案内 年末は今年も《恒例の第9》。昭和10年、日本コロムビアの要請で録音セッションを快く受け入れたワインガルトナー指揮ウィーン・フィルの晴朗な響きを聞いて良い年を迎えましょう。ワインガルトナーの作り出した音楽は、双璧と言えるフルトヴェングラーのドイツ風の重厚さとは、好対照の優美に流れる《第9》。これがウィーン的なベートーヴェン。戦後のウィーン・フィルの音も素晴らしいものでは在る […] Posted in blog, Concert
  • からす2010年11月20日 からす 鴉 Original Photo via flickr.com 黒い影がずっと着いてくる 身を隠すでもなくそっと 前の街から わたしの行方を見届けようと、鴉が着いてくる 黒い影は追い越そうとはしない ショーウィンドウに姿を写す わたしの様子を 上着の中を値踏みするように、鴉は追い越そうとしない わたしの脇を車が通りすぎて止まった 突然大きな羽音がして、 […] Posted in 未分類
  • 熊本の空、赤い月が昇ってきています。2011年1月21日 熊本の空、赤い月が昇ってきています。 朝から曇っていて月は観られないだろうなぁって、諦めていたら真っ暗な中に月だけが異空間を感じさせるように昇ってきていました。目視では少し赤みを帯びています。今日は風もなくて冷たいという空気感はありませんけれども、落ち着いている穏やかな感じはしません。何だろう、ざわざわした予感がします。 […] Posted in blog
  • 午前9時からBS2で、元日に行われた「ウィーン・フィル、ニューイヤーコンサート2011」放送。2011年1月10日 午前9時からBS2で、元日に行われた「ウィーン・フィル、ニューイヤーコンサート2011」放送。 ニューイヤー・コンサート2011 指揮:フランツ・ウェルザー・メスト  演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団   《プログラム》 -1部- 騎兵行進曲 作品428(ヨハン・シュトラウス)  ワルツ「ドナウ川の乙女」作品427(ヨハン・シュトラウス)  アマゾン・ポルカ […] Posted in blog
  • 《気品に満ちたピアノの音色》英DECCA SXL-6301☆ED-4☆バックハウス(p) ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ No.12, 10, 4, 52012年3月4日 《気品に満ちたピアノの音色》英DECCA SXL-6301☆ED-4☆バックハウス(p) ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ No.12, 10, 4, 5 通販中 【器楽曲】こちらのサイトで詳細を確認してください http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e597148.html レーベル:英DECCA レコード番号:SXL-6301 ラベル:スモール・ラベル、ED-4 曲目: モーツァルト:ピアノ・ソナタ No.12, 10, 4, 5 […] Posted in blog
  • ヴァイオリンのソロは品がありすぎ!ガーシュウィンらしい洒落っ気は無し コンドラシン/ストラビンスキー:ペトルーシュカほか http://ow.ly/4INMz2011年4月28日 ヴァイオリンのソロは品がありすぎ!ガーシュウィンらしい洒落っ気は無し コンドラシン/ストラビンスキー:ペトルーシュカほか http://ow.ly/4INMz 熊本にも有名な指揮者が大オーケストラを率いて来日していた頃に、いくつかのコンサートで聴くことができた体験は今ではとても良い事でした。コンサートは高い。特に来日となると何割増しにもなるから、その分をレコードを買ったら何倍も演奏が聴ける詩レコードだと繰り返して聴くことができる。コンサートに行くことが出来なかったら大変でもあるから、、、とも思わないでもなかったけれども、3回のレコー […] Posted in blog