白昼の凶行 犯人は未だ逃走中と思われるので不安 – ATOK2011の悪行も不安

最後のブログ更新になるかもしれない。いやいや、そのような思いで書き始めています。まだ夜明け前なのでBGMはブラームスのピアノ・トリオを聞いています。録音の時ぐらいでヘッドフォンでは音楽を聴く習慣はありません。むしろクラシック音楽はヘッドフォンで聴いておもしろいものではありませんね。ストコフスキーが行ったステレオ初期のバイノーらル録音盤であれば別だけれども、楽器が頭の周囲にぐるりと覆った音場は気持ちが悪い。

ブラームスを聴いているのは気持ちを落ち着けるためでもあるのですけれども、午前4時にURAの家の犬が鳴き騒いでいるのでびっくり不安になっています。朝刊配達の時間にはいつもより少し早いのでおっかない。

一昨日から熊本の地元ニュースは宛ら刑事ドラマのワンシーンのような連続報道になっています。白昼に起こった大事件。月曜日の午前中に起こった食料品の万引きは、警備員との大捕物になって女性が怪我をしたというニュースは骨折したとも昨日の続報で聞きました。昨日は近くのコンビニの監視カメラが捕らえていた犯人が何かわめきながら逃走していくのを大声で追いかける警備員の姿が、午後のニュースでは映像だけ、夜には音声も加えてニュースで報道されました。

写真の小さいお城がニュース報道で目にとまってなんだろうと思っている人も居るでしょう。犯人が逃走している映像はYOUTUBEなどでも見る人が出てくるかもしれません。写真は通りに向かって撮ったものですから、郵便ポストであることがわかりますね。高さは1メートル20センチほどです。画面の左手がちょうど万引きに遭ったデパートのchikaiからの出入り口。この通りは日常的に通っているとおりだし、こちら側に入ったところにあるパスタやさんは地元のブログ友達は良く知っているお店だし、辛子蓮根を始め郷土料理を食べられるところでしょう介しているお店があるところだとご存じの方も居るでしょう。

犯人がタクシーに乗って逃走した1キロ先の新町は、熊本城の裏手の古い町並みの残るところです。ココも月に数度は通りかかるところですし、知り合いも友達も暮らしています。1キロほどで降りたという事は、逃れきれないと思ったのでは無くて犯人の居住区域であると推察できます。犯人はグレーの半袖シャツに茶色っぽい半ズボン。町の生活に溶け込んでしまったら見つけにくいですよね。最近では熊本でもよく目にする服装です。わたしはちょっと、もしかしたら汚れた服装だったんじゃ内かなとも思っています。汚れの目立たない服装を選んでいたのか、最初から反行を考えていたのでしょう。

加えて昨日のニュースではホームレスが現在熊本に60人ほど確認されていること、実際は200人ほど居るのでは無いかという事も併せて報道されました。万引きハンはホームレスなのか?食料品は最初弁当か何かかとイメージしていたのですが、違うみたい。いったい何だったのでしょう。持ったまま逃走は出来たのかな、空腹のママだったらなおさらに怖いですね。

(2011-08-10_4

熊本市中心部で8日昼前に起きた強盗致傷事件。万引きで取り押さえられた男は警備員らに切りつけ、計4人にけがを負わせて逃げた。買い物客らでにぎわっていた白昼の繁華街での犯行に、住民らは恐怖と不安を募らせた。

県警によると、男が万引きをしたのは下通アーケードにある大型スーパー。このアーケードで働く女性(37)は現場を通りかかった際、外で警備員に取り押さえられていた男が逃走するのを目撃した。「最初は酔っ払いか何かと思ったが、そばで見ていた人たちから『キャー』という悲鳴が聞こえ、包丁を持っているのが見えたので、怖くて逃げた。足が思うように動かず、ぞっとした」

現場付近を歩いていた熊本市の男性(78)は「こんなところで事件が起きるなんて。年寄りは怖くて1人で歩けなくなる」と話した。

犯人の男は刃物を振り回したり、人質を取ったりして繁華街を逃げた後、タクシーに乗車。1キロほど離れた熊本市新町2丁目付近で降りて再び逃走したが、その路上には、男に切られた男性運転手のものとみられる血痕が残っていた。警察車両が赤色灯を回しながら付近を行き来するたび、地域の人たちは不安そうに視線を送った。

現場に面した店舗の女性によると、タクシーが停車した後、パトカーや救急車が次々に駆けつけ騒然とした雰囲気になったという。「運転手の腕にべっとりと血がついていた。こんなに人や車の通りが多い場所で白昼堂々と襲うなんて……」と驚いた様子だった。

近くに住む別の女性は「犯人はまだ捕まっていないと聞いた。早く捕まえてもらわないと怖い」とおびえた表情で語った。

被害に遭った運転手のタクシー会社によると、8日午後1時すぎ、「けがをしたので手術を受ける」と電話があった。運転手は犯行を防御しようとして右手で刃物をつかみ、大けがを負ったらしい。同社は「事件に驚いている。対策として防犯カメラの設置などを検討したい」と話した。

さて、程なく玄関の郵便受けに聴感が投函されました。どうもいつもと反対回りのルートで配達されているようです。それでいつも吠えない犬が騒いでいたのでしょう。静かになったのでゆっくり休めそうです。

なお、文字変換がおかしいのは ATOK2011 の不具合です。日曜日の午後に再起動してからおかしくなってしまいました。しゃべり口調の文章では文節がおかしくなります。今朝は文章の前後の関係を解析するのが怪しいようですね。コレ、入力中におかしいところを見つけてもその部分を直そうとすると ATOK2011 が機能しなくなります。入力した後で部分的に修正するためには入力ポイントを変更箇所に移動させることになりますよね、そうするとインライン入力が出来なくなります。いったんブラウザを終了させて再入力となりますので、短い文章ならともかく長い記事は書きかけで保存するか、改めて書くのは大変。この数日、何度もブラウザが反応しなくなることが連続しています。ですからATOK2011のゴキゲンを様子見しています。

こちらの記事もどうぞ

  • 夕映え作戦 粉雪舞い散る中の夕焼けと、河童の住む川の水面に映った夕空。2011年1月16日 夕映え作戦 粉雪舞い散る中の夕焼けと、河童の住む川の水面に映った夕空。 面白い光景も観ました。バスから降りてきた若い男性が真っ黒いこうもり傘をさしたこと。雨は降ってなかったけど雪に当たりたくなかったって事でもないと思う。だってアーケードの下だったのだもの。パフォーマンスなのかなって、行く手を追っていたら地下道に入っていっちゃいました。奇妙でもあったので追跡はそこで中止しました。河童でも化けていたのかも… […] Posted in blog
  • カラヤンのレコード、CDは481枚。2013年4月4日 カラヤンのレコード、CDは481枚。 カラヤンのレコードは全部で481枚。一曲だけがライヴ録音で、膨大なレコーディングをスタジオ録音している。カラヤンのレコードを再発盤ではなくて、リリースされてすぐ買ったのはブルックナーだった。その時決定的にカラヤン・サウンドに魅了され続けることになる。 ただただ、毎月のように新譜が出るし、まだ聴いていない旧譜もあってアイドルやロックのアルバムをコレクションする調子には行かない。 […] Posted in blog, Orchestral, Review
  • 無料コンサート 蓄音器を楽しむ会(第4回)ご案内2013年7月17日 無料コンサート 蓄音器を楽しむ会(第4回)ご案内 蓄音器を楽しむ会(第4回)コンサートのご案内 日時 : 平成25年7月28日(第4日曜日) 午後 1 時 30 分より 場所 : 熊本中央区細工町2丁目 五福公民館 中会議室 ( 2 階 […] Posted in blog, Concert
  • UK EMI SAX5286 – ELISABETH SCHWARZKOPF – FAVOURITE SCENES AND ARIAS http://amzn.to/r2988S2011年9月12日 UK EMI SAX5286 – ELISABETH SCHWARZKOPF – FAVOURITE SCENES AND ARIAS http://amzn.to/r2988S   【声楽曲】UK EMI SAX5286 - ELISABETH SCHWARZKOPF - FAVOURITE SCENES AND ARIAS http://flic.kr/p/akWm1E レーベル:英 EMI レコード番号:SAX 5286 オリジナリティ:セミ・サークル・ラベル、1stラベル […] Posted in blog
  • 気ままにクラシック・ガイド、ドヴォルザーク作曲 スラヴ舞曲第10番ホ短調2011年12月12日 気ままにクラシック・ガイド、ドヴォルザーク作曲 スラヴ舞曲第10番ホ短調 メロディーは思い浮かぶが曲名が出てきそうで出てこない。そのような親しみのある名曲は少なくない。今朝のNHK-FM、気ままにクラシックのイントロ当てクイズ、“気まクラDON”の出題は「ドヴォルザーク作曲 スラブ舞曲ホ短調 作品72第2」だったが、これが“メロディーは思い浮かぶが曲名が出てきそうで出てこない”代表曲のようなもの。 […] Posted in blog
  • フルトヴェングラーのドン・ジョヴァンニが、ハイビジョン・リマスターでハイヴィジョン放送。2010年12月26日 フルトヴェングラーのドン・ジョヴァンニが、ハイビジョン・リマスターでハイヴィジョン放送。 クリスマスの夜11時(2010年12月25日土曜日)から、フルトヴェングラーのドン・ジョヴァンニがハイビジョン・リマスターでハイヴィジョン放送。オーケストラはウィーン・フィル。1954年のザルツブルク音楽祭での演出、上演を映画にしたもので出来の良さは良く知られた作品。フィルムの劣化か、フィルムをテープに写したものをデジタル・リマスターしたものかカラーのにじみなどはなく鮮明です […] Posted in 未分類