ウルフマザーのアンドリューがプライヴェートで歌を披露…でも“Let It Be”だったので罰金350ドル!!

歌ったら罰金を350ドル取られたというニュース。それとも、歌いたかったから罰金を払った?

ウルフマザーのフロントマンであるアンドリューが、地元オーストラリアのパブで泥酔してステージに上がり、演奏していたバンドからマイクを取り上げてビートルズの“Let It Be”を即興で歌ったという。そこで少し小競り合いが起こり、店はアンドリューを追い出そうとしたが店の通路に座り続けたので、駆け付けた警察官によって逮捕、彼は一晩警察署に留置され、350ドルの罰金が科せられたとのことだ。

お店ではウルフマザーのアンドリューって誰?って感じだったのかもしれない。グループは知られていても、グループでない時はソロだ。ステージで演奏していたバンドはお金を払って、お店から時間を貰っているんだろうから臨機応変に一緒にステージを盛り上げようとしなかったんでしょうね。これが一緒に楽しんでいたのなら「ウルフマザーのアンドリューがプライヴェートで歌を披露」という楽しい話題になるのでしょう。19世紀のフランスのサロンではもてはやされても、ショパンが現代のパブでピアノがあるからって上機嫌でプレイされても他のお客は萎えちゃうよね。素晴らしいステージでしたね、と労う人は居ないだろうね。

Media_httpimagesbrisb_aplzb

Wolfmother frontman fined for singing by Amelia Bentley July 22, 2011 via brisbanetimes.com.au

こちらの記事もどうぞ

  • 英 Decca SXL-2266☆ピエリーノ・ガンバ指揮ロンドン交響楽団 ロッシーニ:序曲集2012年1月8日 英 Decca SXL-2266☆ピエリーノ・ガンバ指揮ロンドン交響楽団 ロッシーニ:序曲集 若馬のように靭しなやか溌剌はつらつ。ロッシーニ・クレシェンドを楽しむには絶好盤です。 多用されるシンバルの炸裂さくれつが特徴として耳に残る。そこが受け入れられれば胸のすく快適さ。テンポやリズムにメリハリがなく、楽想の変化ごとに音を伸ばすのを個性的芸風と受け止めるかどうか、現代のロッシーニ演奏とは異種です。1960年代のロッシーニの解釈は、こういうものだったのだよと教えてくれ […] Posted in Products
  • アマデウスクラシックス6月の頒布は20日以降に日延べさせて頂きます – 2011.6.142011年6月14日 アマデウスクラシックス6月の頒布は20日以降に日延べさせて頂きます – 2011.6.14 稀少アナログ・オリジナル盤通販サイト「アマデウスクラシックス […] Posted in blog
  • バーンスタイン・イン・ヘーヒスト2010年10月18日 バーンスタイン・イン・ヘーヒスト 映像作品やエピソード、数々の優秀なレコードはあるバーンスタインの没後20年に今年は当たります。10月14日が、その命日だったのですけど、それなりの特別番組は企画されてはいますけれども盛り上がりという面では前年のカラヤンに及ばないのはどうしたものでしょうね。 数字的にはともかくレコード発売数や話題もカラヤンが多いでしょう。でも、面白いものでクラシック音楽の愛好家との話では“カ […] Posted in 未分類
  • 夕陽 http://ow.ly/42pB12011年3月2日 夕陽 http://ow.ly/42pB1 朔日の昨日は、ちょうど雨が降っていたこともあって夕陽の撮影はしませんでしたから3月最初の『夕陽』です。廊下からは高い位置に見えた夕陽でしたが、テラスに出てカメラを向けたらちょうど電信柱の陰、電信柱が発光している感じで面白いと思います。   写真は、トイカメラモードで撮影 http://ow.ly/42pB1 […] Posted in blog
  • 本日11月11日11時11分より「美人時計×鹿児島 」がスタートします♪2010年11月11日 本日11月11日11時11分より「美人時計×鹿児島 」がスタートします♪ 本日11月11日11時11分より「美人時計×鹿児島 ( @kagoshima_bt )」がスタートだそうです♪素敵な薩摩おごじょさんの美人時計、楽しみですね♪ potika 鹿児島ブログポータル【ポティカ】 via twitter.com   […] Posted in 未分類
  • スリムで美しい★ワルター、モーツァルト:後期六大交響曲 2EYEラベル、初発BOX2010年12月1日 スリムで美しい★ワルター、モーツァルト:後期六大交響曲 2EYEラベル、初発BOX 世代に関係なく話題にすぐ入れるのが嬉しいクラシック音楽。ロックはお気に入りのレコード、CDのジャケットを見せて貰っているだけで年代が把握できる感じがします。ジャズもそういったところが若干あるかな。マイルス・デイヴィスが好きだと話しがあったところで、好きなアルバムのタイトルをあげて貰うと世代で別れるものです。どのアルバムから聴くようになったと言うことなく、その人の実年齢が愛好す […] Posted in 未分類