とことん歌い抜かれたバッハ☆アーヨ、ミケルッチ、イ・ムジチ合奏団 / J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲 No.2、No.1 ★Hi-Fi ステレオラベル http://amzn.to/iePZ5g

オリジナル。ほぼノー・ノイズの大変良い状態。ヴィヴァルディか、ペルゴレージかと聞き違いしそうな程、歌い。紛れもなくバッハも歌の人だった。独奏ヴァイオリン、伴奏のアンサンブル共に全く角のとれた、そしてひたすら歌い抜いたあのヴィヴァルディの《四季》を思わせる“イタリアのバッハ”がここにあります。音楽学者からは一言ありそうですが、それはそれは美しい音楽がここにあるのは間違いありません。録音もヴァイオリン、バック共に絹の手触りを思わせる柔らかい音で、どこにも刺激的なところは無く、瑞々しく流石初期の Hi-Fi STEREO ラベルです。 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e502381.html

835007AY
[notification type=”alert-info” close=”false” ] 【バロック,協奏曲】☆アナログレコード/委託レコード

2011年7月25日在庫あり
作曲/曲目
J.S.バッハヴァイオリン協奏曲 No.2、No.1
演奏者
フェリックス・アーヨ(ヴァイオリン、No.2)
ロベルト・ミケルッチ(ヴァイオリン、No.1)
イ・ムジチ合奏団
[/notification]

イ・ムジチの初期の録音だ。今のイ・ムジチとはかなり違う、ゆったりとしたテンポの優雅な演奏だ。アタックもそんなに強くないし、アクセントもきつくない、けれども透明感や明るさは十分に感じられる。うーむ、これは時代の空気ってもんじゃろうか。

( Hi-Fi STEREO ラベル、1st ラベル)

演奏と録音ヴァイオリン、バック共に全く角のとれた、そしてひたすら歌い抜いたあのヴィヴァルディの「四季」を思わせる“イタリアのバッハ”がここにあります。音楽学者からは一言ありそうですが、それはそれは美しい音楽がここにあるのは間違いありません。録音もヴァイオリン、バック共に絹の手触りを思わせる柔らかい音で、どこにも刺激的なところは無く、瑞々しく流石初期の Hi-Fi STEREO ラベルです。

コンディション盤はほぼノー・ノイズ、プチ音も無く大変良い状態で鑑賞できます。ジャケットも四隅もしっかりで、大変綺麗なコンディションです。

コンディション
レコードNM
ジャケット (BOX)NM
価格
通常価格12,000 円
今回価格12,000 円
[notification type=”alert-info” close=”false” ]
アナログ・オリジナル盤について、詳しくはこちらをご覧下さい via amadeusclassics.otemo-yan.net
[/notification]

CDは Violin Concerti とてもレア。今の耳には受け入れられないのか?とことん歌い抜かれたバッハは音楽ではないと判断されているのでしょうか。