今日聴くべきクラシック – NHK-FM《古楽の楽しみ》 – モンテヴェルディの音楽-(3) 嵐の中で聴いてみよう“おじいちゃんの知恵” http://amzn.to/oc10de

倫理的な森という名称の喫茶店がありました。中学の時に友達の家に遊びに行く行き帰りの途中で、見つけた本屋に寄ったりビルの中を冒険したりしていた時に見かけた喫茶店。その哲学的な響きに興味を引かれていました。モンテヴェルディの超大作《倫理的・宗教的な森》の原題は“Selva morale e spirituale”で、元来の意味は「イタリア語による道徳的内容の曲やラテン語の宗教合唱曲の集成」といった意味らしい。“Selva”という単語には“森”という意味合いもあるから邦題をつけた人が誰で、どういういきさつがあったかは知らないけれども妙訳を見いだしたものだと面白く思っています。《聖母マリアの夕べの祈り》が極められた最高の宗教作品であるのに対して、鬱蒼としています。《聖母マリアの夕べの祈り》の残骸や素材、断片の様なものがいろいろと見いだされる曲集である意味とらえどころが無い。モンテヴェルディが最晩年にまとめたものだから、ぶつぶつ老人の戯言の様な趣でいろいろな人が立ち寄り、言葉を交わしたり物事にふけったりして立ち去っていく喫茶店にはぴったりなのです。

台風6号はとってものろのろした歩みで、熊本が強風圏から抜けるのはお昼前になる予報。老作曲家のつぶやきの様な《倫理的・宗教的な森》からの数曲を、嵐の中で聴いてみよう。

Frontcover-47

Selva Morale http://amzn.to/oc10de

古楽の楽しみ -モンテヴェルディの音楽-(3)

案内:礒山雅 2011年7月20日、午前6時からNHK-FMで放送
– モンテヴェルディの音楽 -(3)

「“倫理的・宗教的な森”から グロリア」モンテヴェルディ作曲 (12分26秒)

(合唱、演奏)レザール・フロリサン
(指揮)ウィリアム・クリスティ
Harmonia mundi(仏)HMC 901250

「“倫理的・宗教的な森”から 詩編 第112編
“主をおそれるものはさいわいである”」モンテヴェルディ作曲 (7分49秒)

(合唱、演奏)ムジカ・フィアタ
(指揮)ローランド・ウィルソン
Sony Classical SRCR 9512

「詩編 第111編“主よ、私はあなたに感謝します”」 モンテヴェルディ作曲 (6分34秒)

(ソプラノ)モニク・ザネッティ
(合唱、演奏)レザール・フロリサン
(指揮)ウィリアム・クリスティ

「モテット“私たちはあなたを崇拝します、キリストよ”」 モンテヴェルディ作曲 (3分40秒)

(合唱、器楽)レザール・フロリサン
(指揮)ウィリアム・クリスティ
Harmonia mundi(仏)HMC 901250

「“倫理的・宗教的な森”から サルヴェ・レジナ」 モンテヴェルディ作曲 (5分50秒)

(カウンターテナー)デーヴィッド・コーディア
(テノール)ウィルフリート・ヨッヘンス
(バス)ハリー・ファン・デル・カンプ
(器楽)ムジカ・フィアタ
(指揮)ローランド・ウィルソン
Sony Classical SRCR 9512

「聖母マリアのリタニア」 モンテヴェルディ作曲 (10分11秒)

(合唱、器楽)レ・イスティトゥツィオーネ・アルモニケ・ヴェローナ
(指揮)マルコ・ロンギーニ
<Nuova Era 7118>

こちらの記事もどうぞ

  • 【蓄音器の音】聴きませんか – 第277回蓄音器でレコードを楽しむコンサート 第1部クラシック「生誕200年の作曲家 フランツ・リスト名曲集」資料2011年5月22日 【蓄音器の音】聴きませんか – 第277回蓄音器でレコードを楽しむコンサート 第1部クラシック「生誕200年の作曲家 フランツ・リスト名曲集」資料 ショパンとは1つ違い。文筆に才たけていたシューマンも同じ。そして今から200年前の1811年に産まれたのがフランツ・リストでした。この3人がそれぞれ二十歳になってパリでめぐり逢うことになります。この、今から200年前に産まれる作曲家たちはクラシック音楽に新しい息吹を吹き込むロマンティックな音楽を作曲していくだけではなくて、現在、私達がクラシック音楽を劇場やコンサートで接するス […] Posted in blog
  • 雨にはならないと思うけれどもすっきりしない、どんよりとした熊本の1日。2011年4月7日 雨にはならないと思うけれどもすっきりしない、どんよりとした熊本の1日。 冬に逆戻り・・・って程ではなかったですね。でも日本全国的に早朝は5度から6度は昨日よりも寒くなったのでは無いでしょうか。熊本は明るくなってからも雲に覆われています。朝の7時、随分高くなってから太陽が顔を覗かせました。この数時間ぐらいだったようで洗濯物はこの後どうか心配。 曇ったままですけれども昼前には随分暖かくなりました。 […] Posted in blog
  • 葉桜越しの宵月2011年5月16日 葉桜越しの宵月 阿蘇山の噴火と聞いて、多くの人が関心を向けてしまったほど近頃自然災害に過敏になっていませんか。被災地支援には過剰と思える行動をしている熊本だけど、阿蘇の活動には冷静すぎるのかも知れません。『2年ぶりの噴火』に久し振りだな、と言う程度かも知れません。『降灰の確認』は少し軽快してもいいかもしれないと思えます。灯台もと暗しにならないと良いのだけれど。大きなカルデラの底にある熊本です […] Posted in blog
  • 被災地に哀悼の灯火。午後4時8分、普賢岳に黙祷。2011年6月4日 被災地に哀悼の灯火。午後4時8分、普賢岳に黙祷。 真っ赤な夕映えの真ん中で太陽の陽が、哀悼の灯火の様に見えます。午後4時8分、被災地にサイレンが響いて多くの人が黙祷しました。東関東大震災の津波の恐怖は、島国日本にはまた起こらないとは言えない大災害です。そして火山列島でもある日本は火砕流も恐怖に変わりありません。雲仙・普賢岳の土石流災害から20年。昨日の6月3日は、長崎で追悼式典が行われました。 報道カメラマンが録ら […] Posted in blog
  • 入試問題のネット投稿で、使われた携帯電話の契約者が東北地方在住の受験生だと、京都府警が特定。2011年3月2日 入試問題のネット投稿で、使われた携帯電話の契約者が東北地方在住の受験生だと、京都府警が特定。 <速報>入試投稿、携帯契約者は東北在住 入試問題のネット投稿で、使われた携帯電話の契約者が東北地方に在住していることが、京都府警への取材で分かった。  (2011/03/02 19:35:39) aicezuki_さんの質問一覧_-_Yahoo!知恵袋_(20110302).pdf View this on Posterous […] Posted in blog
  • Bloggerはメンテナンスのためにデータを一時避難。復元中で随時、元に戻ると言うことです。2011年5月14日 Bloggerはメンテナンスのためにデータを一時避難。復元中で随時、元に戻ると言うことです。 Bloggerのメンテナンスは、後処理の方が大事になっているようです。きっと、ユーザーからの問い合わせもメンテナンス中よりも多いだろうし対応に手間取っているのではないかしら。Bloggerの Status […] Posted in blog