熊本市長選挙を済ませてきました。仕掛けた事は形にするのは大切だと思います。

期日前投票をいつもはしているのに、今回は気がついたのが投票日前3日。本当に久し振りに地元の指定投票所にいきました。カメラ片手に撮影しながら向かっていたら、なんということでしょう。投票所を通り過ぎてぐるっと街を一回り。新しいマンションが出来ていたりと、数年で光景が変わっていました。

熊本市長選きょう投票 結果判明は深夜の見通し 2010年11月07日

任期満了に伴う熊本市長選挙は7日投票、即日開票される。2012年4月の政令指定都市移行を見据え、「初代政令市長」を決める節目の選挙。同日深夜には結果が判明する見通し。

立候補しているのは届け出順に、3選を目指す現職の幸山政史氏(45)、新人で元熊本地裁職員の志垣英海氏(43)、新人で薬剤師の重松公子氏(62)=いずれも無所属=の3人。

来年春の九州新幹線鹿児島ルートの全線開業や政令市移行を控え、同市の将来像や福祉政策などを争点に論戦を繰り広げてきた。

投票は午前7時から午後8時まで、150カ所の投票所で。名前の上にスタンプで○印をつける記号式。午後9時半から同市出水の市総合体育館で即日開票される。

10月30日現在の有権者数は58万2184人(男26万8675人、女31万3509人)。

この数年で、熊本市は周辺市町村と合併したりと新しい呼び名に変わって戸惑ってしまっています。任期満了での市長選なのだけれども、それほど投票をやり直す必要を感じません。そんな気持ちが期日前投票に関心を持たせなかったのかも知れない。午後9時半から、開票作業に入るという事ですが投票率は前回よりも低ポイントだという事です。投票場へ向かう人はわたしの地域では多かったようですが、投票場のムードは静かすぎる感じでした。仕掛けた仕事を形にして欲しくって、変わらない事を支持してきたので他の候補者の名前も、「初代政令市長」になるというのも、引用したニュースで初めて気がつきました。申し訳ない。

こちらの記事もどうぞ