巨匠の至芸を味わい尽くせ☆カール・シューリヒト指揮フランクフルト放送交響楽団 / J.S.バッハ:管弦楽組曲 No.2,No.3 レッドラベル http://amzn.to/m7jNON

シューリヒトが晩年に数々の録音を残したコンサート・ホールの中の1枚。チューリヒで1961年録音。先日NHK-FMの《気ままにクラシック》でこのレコードからの一部がオン・エアされたので美しいバッハにうっとりした人が多い事でしょう。“G線上のアリア”は、これ以上にロマンティックな演奏はないと思いませんか?このバッハも古楽器全盛のこの曲の録音の中でも少しも古くさくなく理知的な演奏で、いささかも媚びを売らない格調の高さ超一流の芸術と言えるでしょう。 コンサート・ホールも色んな国のプレスがありますが、その中ではこの仏パテ・マルコーニのプレスが一番音が良いものです。この会社がなければシューリヒトのモーツァルト、ヨハン・シュトラウスなども聴けなかったわけで、それだけでもこの会社は偉い! 但し、コンサート・ホールは超優秀録音のレーベルではないので、念の為。 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e502383.html

Sms2231

通販レコード 2011年7月9日頒布開始 希望受付中☆ 

  • カール・シューリヒト指揮、フランクフルト放送交響楽団
  • クラウス・ポーラー(フルート)
  • J.S.バッハ:管弦楽組曲 No.2,No.3 http://amzn.to/m7jNON

アナログ・オリジナル盤について、詳しくはこちらをご覧下さい http://amadeusclassics.otemo-yan.net/

POSTEROUS_MORE

CDは バッハ:管弦楽組曲第2番&第3 として日本コロムビア盤が出たのは20年前!!このまま生涯聴き逃しちゃいますか?

 

 

☆通販レコード 2011年7月9日頒布開始 希望受付中☆ 

【バロック】 

  • レーベル:仏 CONCERT HALL
  • レコード番号:SMS – 2231
  • オリジナリティ: レッド・ラベル、1stラベル

曲目:J.S.バッハ:管弦楽組曲 No.2,No.3

演奏:
  • 指揮: カール・シューリヒト
  • 管弦楽: フランクフルト放送交響楽団

試聴感とレコード盤、ジャケットのコンディション: 

  • シューリヒトが晩年に数々の録音を残したコンサート・ホールの中の1枚。(この会社がなければシューリヒトのモーツァルト、ヨハン・シュトラウスなども聴けなかったわけで、それだけでもこの会社は偉い!)
  • このバッハも古楽器全盛のこの曲の録音の中でも少しも古くさくなく理知的な演奏で、いささかも媚びを売らない格調の高さ超一流の芸術と言えるでしょう。
  • コンサート・ホールも色んな国のプレスがありますが、その中ではこの仏パテ・マルコーニのプレスが一番音が良いものです。(但し、コンサート・ホールは超優秀録音のレーベルではないので、念の為)
  • 盤はA面で2回、B面で1回のプチ音がありますが、それ以外は全く問題無く大変に良い状態で鑑賞できます。
  • ジャケットは正面コーティング、裏表共に大変綺麗ですが左端に少しつぶれたところがあります。

ⓇNM ⒿNM

価格 ¥12,000(¥12,600 税込み、送料無料) 

頒布御希望の場合はこちらをチェック http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e502383.html

  • お問い合わせはこのエントリーに、コメントして下さい。稀少なオリジナル盤を紹介しているアマデウスクラシックス( http://amadeusclassics.otemo-yan.net/ )で扱っているレコードは 一点物ですから、オーダーは先着順に応じさせて下さい。
  • オーダーはアマデウスクラシックスのオーダー専用メールアドレスでのみ受け付けています。「レコードの評価基準と、ご注文の方法について( http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e275873.html )」をお読みの上ご注文をお願いいたします。
  • SOLDOUT、売約済と成っているレコードでも扱っているレコードは 一点物ですから同じコンディションのレコードは再びご用意は出来ませんが、御希望の場合は探しますのでご連絡下さい。
  • アナログ・オリジナル盤について、詳しくはこちらをご覧下さい via amadeusclassics.otemo-yan.net

    こちらの記事もどうぞ

    • 夏の準備は完了。雲雀が去って蝉が来れば、入道雲を並べて夏の書き割りの出来上がり。2011年4月26日 夏の準備は完了。雲雀が去って蝉が来れば、入道雲を並べて夏の書き割りの出来上がり。 雨が降った翌日だったからでしょう。今週は緑の吐き出す空気が気持ち良い。陽射しは既に夏の装いを完了しているようで、入道雲がもっと出来たら思いっきり照らすからねって、話しかけて来ます。お洗濯も短時間で乾いてしまいそう。陽射しが強いから、薄手のシャツや柄物は色あせさせられないように気をつけましょう。 […] Posted in blog
    • [Review]グラモフォン誌2011年3月号本日発売:サー・トーマス・ビーチャムの没後50年特集号2011年2月8日 [Review]グラモフォン誌2011年3月号本日発売:サー・トーマス・ビーチャムの没後50年特集号 クラシック音楽界の当時は怪物。でも大財閥の御曹司のお遊び的アイデア満載の録音は、ユニークな存在として聴き継がれていって欲しいのがサー・トーマス・ビーチャムのレコード。特定の録音ぐらいだけが日本盤CDになっているくらいなのが日本での「大金持ちが作曲家のスコアをビーチャムの全くの個人的好みで切り刻んでいる」といった評価で片付けられていることを語っているようなものでしょう。 […] Posted in blog
    • SOLDOUT★《決定盤》独DEUTSCHE GRAMMOPHON 2530 550★ブルーリングラベル★ポリーニ(p)、ショパン:24の前奏曲2012年3月4日 SOLDOUT★《決定盤》独DEUTSCHE GRAMMOPHON 2530 550★ブルーリングラベル★ポリーニ(p)、ショパン:24の前奏曲 このレコードはSOLDOUTしました。 【器楽曲】ストアサイトで通販中 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e577068.html レーベル: 独DEUTSCHE GRAMMOPHON レコード番号: DG2530 550 オリジナリティ: ブルーリング・ラベル、チューリップはありません 曲目 […] Posted in blog
    • あ、傘忘れてきた。写真を整理していて思い出して良かった。 – 木草弥や生ひ月の熊本城2011年3月1日 あ、傘忘れてきた。写真を整理していて思い出して良かった。 – 木草弥や生ひ月の熊本城 熊本の三月朔日のお天気は雨。弥生の由来は、草木がいよいよ生い茂る月「木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)」が詰まって「やよひ」となった・・・様にしょぼしょぼとした雨が熊本では多い月。けして冷たい雨ではありません。 今日はいつもより2時間早く家を出たので、繁華街から撮した熊本城もくっきり撮ることが出来ました。天気が良ければもっとはっきりしたことでしょう。 […] Posted in blog
    • 熊本の春分 http://ow.ly/42pB12011年3月21日 熊本の春分 http://ow.ly/42pB1 度々、機会が無いかと思ったのですが熊本は雨の彼岸となりました。春分の日にはいつも良い位置に朝日を見ることが出来る感じで、わたしの家は建っています。そうした自然の変化を考慮に入れて家を建てたのではないのですけれども、偶然のように春分、秋分の太陽の光が真っ直ぐ入ってくるように家は向いているし、幸いというかこれまた不思議に近所の家々に遮られることが少なくお日様を楽しむことが出来ます […] Posted in blog
    • 仏セミサークル盤☆仏PATHÉ MARCONI ミュンシュ指揮パリ管、ベルリオーズ:幻想交響曲2011年10月28日 仏セミサークル盤☆仏PATHÉ MARCONI ミュンシュ指揮パリ管、ベルリオーズ:幻想交響曲 【交響曲】2011年10月23日から通販開始 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e547109.html レーベル: 仏 PATHÉ MARCONI レコード番号: CVB-2037 オリジナリティ: 仏セミ・サークル・ラベル 曲目 ベルリオーズ:幻想交響曲 演奏 […] Posted in blog