音楽カレンダー:11月6日、ロシアの作曲家、チャイコフスキー没(1840〜1893)

11月6日、ロシアの作曲家、チャイコフスキー没(1840〜1893)

  
Download now or listen on posterous

Allegro_con_grazia.flac (31263 KB)

音楽は、「交響曲第6番ロ短調作品74《悲愴》から 第2楽章 Allegro con grazia 」です。

チャイコフスキーは1891年に変ホ長調の交響曲(自身で『人生』と言うタイトルをつけていた)を途中まで書きすすめていましたが、突然にピアノ協奏曲第3番に描き直します。しかしこの「人生」というテーマを曲に書きたいという思いは彼の中で引き継がれていたようで、それが形となったのが《悲愴交響曲》。

作曲は1893年2月17日に第3楽章から着手。この高揚感満点の楽章は最初から第3楽章だったのでしょうか?

ともかくも半年後の8月25日にはオーケレストレーションまで一気に完成し、同年の10月16日(グレゴリオ暦では10月28日)に作曲者自身の指揮によりペテルブルクで初演された。あまりに独創的な終楽章もあってか初演では当惑する聴衆もいたものの、いつもならば聴衆の反応、批評に寄って書き直したりもするチャイコフスキーも、この曲に対しては自信が揺らぐことはなかったようです。

しかし大成功の初演のわずか9日後にチャイコフスキーはコレラに感染、肺水腫が原因で急死。この曲は彼のミステリアスを演出するのには他にない音楽になっています。

こちらの記事もどうぞ