耳のごちそう★マリア・カラス(s) / プッチーニ:オペラ・アリア集 ブルーゴールドラベル http://amzn.to/iT8Uem

カラス・ファンにマストの1枚でしょう。

[row] [column lg=”6″ md=”12″ sm=”12″ xs=”12″ ] [notification type=”alert-info” close=”false” ]スタンパー 3N-4N のブルー・ゴールド・ラベル。絶頂期の声で酔えるプッチーニの名アリア集。カラス・ファンにマストの1枚でしょう。モノラル後期ですのでカラスの強じんな声が良く録られ、まだ不安のあったステレオ録音でなかったことは書が一気に書き下ろされた時の筆の勢いを楽しむ様な趣がします。
盤は古いモノラル盤ですが、ステレオ・カートリッジで再生して聴いても気になる様なノイズはありません。モノラル・カートリッジで聴けるなら、まさに耳のごちそうです。 http://amzn.to/iT8Uem[/notification] CDは カラス/プッチーニ・アリア集 試聴できます。


[/column] [column lg=”6″ md=”12″ sm=”12″ xs=”12″ ] [panel style=”panel-info”] [panel-header]2011年10月から通販開始 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e547111.html
[/panel-header] [panel-content]

【声楽曲】

レーベル
英 EMI
レコード番号
33CX-1204
曲目
プッチーニ:オペラ・アリア集
演奏
ソプラノ:マリア・カラス

ブルー・ゴールド・ラベル、1stラベル、モノラル、スタンパー3N-4N

録音時の1954年といえば、カラスの声がまさに絶頂の極みにあった時期。プッチーニの名アリアが次から次へと聴けるこのアルバムがこの時期に収録されたことは、ファンにとって何とも幸せなことでした。 声の強さ、美しさ、そしてなによりも超絶的な表現力の幅広さによって、今なお「カラスの後にカラスなし」を改めて感じさせてくれます。
1950年代、プッチーニのマノン・レスコー、蝶々夫人、ラ・ボエーム、聖女アンジェリカ、ジャンニ・スキッキ、トゥーランドットからの名アリアを歌った1枚で、まさに耳のごちそうです。モノラル後期ですのでカラスの強じんな声が良く録られ、「ある晴れた日に」のせつなさには胸がいたくなるものがあります。

《EX》ジャケットは、正面右上に少し茶色のシミ。背表紙が茶色に薄く変色しています。
《NM》盤は古いモノラル盤ですがステレオ・カートリッジでかけて聴いても、気になる様なノイズはありません。

[/panel-content] [panel-footer] 価格 12,000 円
[/panel-footer] [/panel] [well type=”well-lg”]
アナログ・オリジナル盤について、詳しくはこちらをご覧下さい via amadeusclassics.otemo-yan.net
[/well] [/column] [/row]