バッハが悶々とした青年期と決別した大作★マティス、ヘフリガー、リヒター指揮ミュンヘン・バッハ管弦楽団 / バッハ:カンタータBWV21《我が心にうれい多かりき》 http://amzn.to/j7ywzM

ヘンデルの《メサイア》の中で優しい調べで親しまれている「子羊こそふさわしけれ」との関係がありそうで興味深いカンタータ。そういう紹介の方が「バッハ青年期カンタータの中で最も壮大な例であり、同時にその時期への決別ともなったもの」とバッハ研究家のアルフレッド・デュルの言葉を引き合いに出すのよりは興味を持って貰えるのではないかしら。バッハのカンタータを管弦楽曲や協奏曲よりは、あれやこれやと試みがあって面白いから聞いて欲しい。と、しながらも何故に堅苦しい引用で紹介するのだろう。かえってどこから聞いたらいいのかわからないじゃない? http://amzn.to/j7ywzM

2533049

☆通販レコード 2007年11月紹介時の情報 在庫有り☆ 

アナログ・オリジナル盤について、詳しくはこちらをご覧下さい http://amadeusclassics.otemo-yan.net/

カンタータBWV21《我が心にうれい多かりき》は、数多いバッハのカンタータの中でもLPレコード両面に1曲が収まる意欲作。レコードで聴くバッハのカンタータの代表盤でした。CD時代になってセットで買い易くなっているけれども、LPレコード時代に愛聴されていた番号から聴き始めるのもいいかもしれません。

☆通販レコード 2007年11月紹介時の情報 在庫有り☆ 

【バロック】 

  • レーベル:独 ARCHIV
  • レコード番号:2533049
  • オリジナリティ: シルヴァー・ラベル

曲目:J.S.バッハ:カンタータBWV21《我が心にうれい多かりき》

演奏:
  • ソプラノ:エディット・マティス
  • テノール:エルンスト・ヘフリガー
  • バリトン:ディートリヒ・フィッシャー=ディスカウ

 

試聴感とレコード盤、ジャケットのコンディション: 

  • 1969年録音。音質は歪みもなく優秀で、音が荒れることもありません。
  • ジャケットは全体に綺麗ですが、裏表に小さなシミが少しあります。
  • 盤は問題無くNMコンディション。チリ音も極めて小さい方です。

ⓇNM ⒿNM- 

価格 ¥3,800(¥3,990 税込み、送料無料) 

 

  • お問い合わせはこのエントリーに、コメントして下さい。稀少なオリジナル盤を紹介しているアマデウスクラシックス( http://amadeusclassics.otemo-yan.net/ )で扱っているレコードは 一点物ですから、オーダーは先着順に応じさせて下さい。
  • オーダーはアマデウスクラシックスのオーダー専用メールアドレスでのみ受け付けています。「レコードの評価基準と、ご注文の方法について( http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e275873.html )」をお読みの上ご注文をお願いいたします。
  • SOLDOUT、売約済と成っているレコードでも扱っているレコードは 一点物ですから同じコンディションのレコードは再びご用意は出来ませんが、御希望の場合は探しますのでご連絡下さい。
  • アナログ・オリジナル盤について、詳しくはこちらをご覧下さい via amadeusclassics.otemo-yan.net

    こちらの記事もどうぞ