室内楽の宝庫ウェストミンスターの名盤☆イエルク・デムス(pf)、バリリSQ、シューマン:ピアノ五重奏曲、ピアノ四重奏曲 ブルーラベル、ミゾ有り http://ow.ly/4JtYA

LPレコードも出始めの頃はSPレコードのカッティングの様に録音された通りのバランスで盤に刻んでいました。ご多分に漏れなかったのがこの米WESTMINSTER盤。最初は WL 規格で出したものを RIAA カーヴで切り直したレコードの1stで、WL 規格の盤よりもこちらの方がよりバランスの良い再生が出来ます。(但し、イコライザーでの調整が出来る方は別)。演奏は、この曲のベストにあげられるものの一つでバリリ弦楽四重奏団の甘い音と歌心が、シューマンのロマンティシズムを感じさせます。室内楽の宝庫ウェストミンスターの誇る名盤の1枚と言えるでしょう。 http://ow.ly/4JtYA

室内楽の宝庫ウェストミンスターの名盤☆イエルク・デムス(ピアノ)、バリリSQ、シューマン:ピアノ五重奏曲、ピアノ四重奏曲 ブルーラベル、ミゾ有り

イエルク・デムス(pf)、バリリ四重奏団 / シューマン:ピアノ五重奏曲、ピアノ四重奏曲

アナログ・オリジナル盤について、詳しくはこちらをご覧下さい amadeusclassics.otemo-yan.net

通販レコード 新着盤として2011年5月19日掲載 2011年6月5日現在在庫有り

【室内楽曲】

  • レーベル:米 WESTMINSTER
  • レコード番号:XWN – 18575
  • オリジナリティ:ブルー・ラベル、ミゾ有り

曲目:シューマン:ピアノ五重奏曲、ピアノ四重奏曲

演奏:

  • ピアノ:イェルク・デムス
  • 弦楽合奏:バリリ四重奏団

試聴感とレコード盤、ジャケットのコンディション: 

  • 最初は WL 規格で出したものを RIAA カーヴで切り直したレコードの1stで、WL 規格の盤よりもこちらの方がよりバランスの良い再生が出来ます。(但し、イコライザーでの調整が出来る方は別)。演奏は、この曲のベストにあげられるものの一つでバリリ弦楽四重奏団の甘い音と歌心が、シューマンのロマンティシズムを感じさせます。室内楽の宝庫ウェストミンスターの誇る名盤の1枚と言えるでしょう。
  • 盤は優秀。普通の音量で聴く限り小さいチリ音が時々聞こえるぐらいで、良い状態で鑑賞できます。
  • ジャケットは正面コーティングで綺麗ですが、右上に小さいシールが貼ってあります。

ⓇNM ⒿNM-

価格 ¥9,000(¥9,450 税込み、送料無料)

  • お問い合わせはこのエントリーに、コメントして下さい。稀少なオリジナル盤を紹介しているアマデウスクラシックス( http://amadeusclassics.otemo-yan.net/ )で扱っているレコードは 一点物ですから、オーダーは先着順に応じさせて下さい。
  • オーダーはアマデウスクラシックスのオーダー専用メールアドレスでのみ受け付けています。「レコードの評価基準と、ご注文の方法について( http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e275873.html )」をお読みの上ご注文をお願いいたします。
  • SOLDOUT、売約済と成っているレコードでも扱っているレコードは 一点物ですから同じコンディションのレコードは再びご用意は出来ませんが、御希望の場合は探しますのでご連絡下さい。
アナログ・オリジナル盤について、詳しくはこちらをご覧下さい via amadeusclassics.otemo-yan.net

※このふたつの室内楽作品の幻想性には心を奪われる。奥泉光の小説『シューマンの指』を読むときにぴったりのCD: シューマン:ピアノ五重奏曲、ピアノ四重奏曲

 

こちらの記事もどうぞ

  • 気ままにクラシックで放送されたCDをご紹介しています。2011年1月24日 気ままにクラシックで放送されたCDをご紹介しています。 気ままにクラシック パーソナリティ:笑福亭笑瓶、幸田浩子 2011年1月24日月曜日、午前7時20分放送。 「歌劇“フィガロの結婚”序曲」 モーツァルト作曲(3分55秒) (管弦楽)シンフォニア・ヴァルソヴィア (指揮)エマニュエル・クリヴィヌ <DENON COCO-70366> モーツァルト:オペラ序曲集より使用。 […] Posted in blog
  • アナログの良さは衝撃的でした2012年12月29日 アナログの良さは衝撃的でした シェリングのヴァイオリンの音は美しく、誇張することのない素晴らしい演奏でした。音質も素晴らしく、デジタルで育った30代の私にはアナログの良さは衝撃的でした。 最近トーレンスtd124を購入し、レコードの素晴らしさ音ではなく音楽に毎日感動しております。 […] Posted in blog
  • バロックの森 -ドイツのクリスマス音楽-(3)❇CDレビューと評価2010年12月8日 バロックの森 -ドイツのクリスマス音楽-(3)❇CDレビューと評価 本来は12月の日曜日に、1曲ずつ聴くカンタータをオラトリオという形にバッハが1つにしたのが「クリスマス・オラトリオ」です。さて、この連作カンタータの第3曲でいよいよイエス・キリストの誕生の奇跡が歌われます。クラシック音楽は、進行との結びつきが深くてバッハはクリスマス・オラトリオに自身の信仰を反映しています。特に第3部の道行きシーンでの音楽は、実際にキリストの誕生に立ち会う場に […] Posted in 未分類
  • SOLDOUT★2EYEラベル★(米)COLUMBIA MS-6869 ワルター指揮コロンビア響 / モーツァルト:交響曲No.40、ハイドン:交響曲No.88 – http://ow.ly/5VNpI2012年3月11日 SOLDOUT★2EYEラベル★(米)COLUMBIA MS-6869 ワルター指揮コロンビア響 / モーツァルト:交響曲No.40、ハイドン:交響曲No.88 – http://ow.ly/5VNpI 《通販レコード》 このレコードはSOLDOUTしました。2012年3月13日火曜日着で発送。 【交響曲】 通販中 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e513972.html レーベル:米 COLUMBIA レコード番号:MS - 6869 オリジナリティ:2EYEラベル 曲目: […] Posted in blog
  • 晴れたり曇ったり。熊本の選手には有利な天気かも。2011年4月23日 晴れたり曇ったり。熊本の選手には有利な天気かも。 曇っているかと思えば、明るい陽射しが差し込んできたり。家の南側は風が止まっているのに、北側の窓の外の樹の枝は揺れています。行楽日和ではあるかも知れない、汗をかく心配はなさそうです。でも傘は持って出ようか悩まされるところ。スポーツも楽しみやすいお天気かも知れませんね、時々空を仰ぎたくなりそうですけれども。 <速報>ロアッソ、2対1で岐阜下す […] Posted in blog
  • US NONESUTCH HC-73030 SERGIU LUCA / J.S.Bach : The Sonatas and Partitas for Unaccompanied Violin BWV 1001-10062012年1月9日 US NONESUTCH HC-73030 SERGIU LUCA / J.S.Bach : The Sonatas and Partitas for Unaccompanied Violin BWV 1001-1006 史上初のバロック・ヴァイオリンをセルジュ・ルカが演奏して録音された全曲録音盤だと、おそらく思われる。そして確か、日本では抜粋盤が発売されただけだった。この後、クイケンなどが録音し今や古楽器による演奏は珍しいともなんとも無くなっている。正直レイチェル・ポッジャー盤を聞いてからは、このヴァイオリンの聖典・・・《無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ》の楽しみ方が変わりました。ユ […] Posted in blog