<速報>ロアッソ熊本、横浜FCを下す – 2対1で勝ったロアッソの通算成績は4勝3分け1敗で勝ち点15に。  (2011/05/28 17:54:02)

喉の渇く季節になりました。水分の取りすぎはだめだと言われていた時代から、それは逆効果で充分な水分を取らないといけないと近年では言われて人々の行動は一般化してしまいました。食べ物や環境の影響もあるのでしょうね。油っぽい食べ物は増えたし、冷暖房の整った街中で暮らしていると炎天下には対応しきれなくなっていく。スポーツ観戦でもドリンクは良く売れるのでしょうね。でも、ちょっと待って。幾らスポーツ飲料だと言っても糖分の摂取は抑えられません。どうですか?トマトを持って出かけませんか?

<速報>ロアッソ、横浜FCを下す
ロアッソ熊本は、神奈川・ニッパツ三ツ沢球技場で、横浜FCと対戦し、2対1で勝った。ロアッソの通算成績は4勝3分け1敗で、勝ち点15に。  (2011/05/28 17:54:02)

熊本の桃太郎トマトが一袋50円でした。3個入りで、熟していてジュース用寸前。これに少しの塩をアルミホイルにでも包んで出かけます。ジュースを買うよりも自然で、甘味は天然。塩分の補給にも成ります。

これは、わたしが小さい頃に母が工夫していたアイデアの一つ。塩だけ持っているだけでも、露店でトマトを売っていたり、八百屋さんで買うことも出来ました。

 

ロアッソが勝ったのは、きっと桃太郎トマトのパワーだね。

 

■ トマトの語源

一言に「トマト」といっても、奥が深い。

トマトは原産国南米ペルーから世界各地にわたり、その土地の天候や環境に合わせて品種改良が重ねられて、現在では8,000種類以上の品種が存在すると言われています。今後も人々の嗜好に合わせて更に増えそうです。

トマトの語源は、中米・メキシコに栄えたアステカ文明の言葉であるアステカ語のZitomatoに由来すると言われています。
英名はTomato、仏名はTomate、独名はTomaten、中国名(漢字名)は蕃茄と書きます。

日本では、この中国名(漢字名)に習って「蕃茄(ばんか)」「唐柿(からがき)」と呼ばれていました。「蕃茄」とは、蕃(中国)の茄子(トマトはナス科なので)という意味ですね。

 

こちらの記事もどうぞ

  • 音の探究者たちへ。《新》長岡鉄男の外盤A級セレクション2013年8月7日 音の探究者たちへ。《新》長岡鉄男の外盤A級セレクション A級の音はA級のソースから!オーディオ・マニア必読の画期的レコードガイド。説明無用のガイド本が、新装されて登場。中古本でも必死に探していたオーディオ・ファイルは少なくない。今、それが叶ったのもA級の名録音盤がSACD、アナログ共に購入しやすい嬉しい状況になったこともある。中古盤やオークションを渡り歩く時間を少なく出来て音楽を聞く時間がもてる。こうしたガイド本が登場することで、 […] Posted in blog, Review
  • 一体何が今日の家庭をこれほどに変え、魅力あるものにしているのか – ジョージ・ハリスンの『SAVOY TRUFFLE』の日2011年10月5日 一体何が今日の家庭をこれほどに変え、魅力あるものにしているのか – ジョージ・ハリスンの『SAVOY TRUFFLE』の日 発売されたのは1968年11月22日。先日亡くなったリチャード・ハミルトン(Richard Hamilton、1922年2月24日 - 2011年9月13日)のポップ・アートのひとつ、ダブル・ジャケットの両面共が真っ白なので『ホワイト・アルバム』と通称されています。 […] Posted in blog
  • モーリッツ・ローゼンタールのレコード2014年9月10日 モーリッツ・ローゼンタールのレコード 特にこのローゼンタールのような系譜に属するピアニストの演奏は「プロのピアニストとして身を立てていくのだ」と決意した人以外は、なるべく多くの演奏や作品を聴くべきと思います。このようなピアニストの演奏を聴くだけでも、ピアノを楽しむ人にとっては何らかのプラスがあるでしょう。 […] Posted in blog, Concert, Piano
  • エマ・カルヴェのレコード2014年7月26日 エマ・カルヴェのレコード カルヴェがカルメンの最上の演出者であったことは日本でもよく知られている事実である。1902年にロンドンでグラモフォーンに6面吹き込んだが、これが彼女の最初のレコードのように考えられている。カルヴェの声の特徵は、メルバの声は独特の美しさに輝き、彼女の個性がどのレコードにも現れて居たものと全く異なり。そのレコードには生々しい程の感情が再生されている。そして、その曲にふさわしい雰囲 […] Posted in blog
  • チューリップラベル美盤!! 名曲名盤300の第1位に上げられているフルニエのドヴォコン http://ow.ly/4A3Bh2011年4月15日 チューリップラベル美盤!! 名曲名盤300の第1位に上げられているフルニエのドヴォコン http://ow.ly/4A3Bh 春の訪れを喜ぶ様なチェロの協奏曲。もちろん秋の静かな宵にしみじみ心に染みる時もありますが、エルガーのチェロ協奏曲が秋にはふさわしいしみじみさではないでしょうか。米コロンビアのセルの録音は乾燥していると言われる評価が少なくなくて、セルの音楽自体が固く乾いた音楽だと思い込んでいませんか。そうした向きにはベルリン・フィルのセルを聴いて思いを新たにして頂きたい。 […] Posted in blog
  • 【訃報】作曲家の宇野誠一郎さんが死去していたことが発表されました – 昭和の記憶がまた1つ消えました。2011年5月11日 【訃報】作曲家の宇野誠一郎さんが死去していたことが発表されました – 昭和の記憶がまた1つ消えました。 宇野誠一郎さんが亡くなっていました。「一休さん」に「ムーミン」。「小さなバイキングビッケ」まで。わたしの音楽的感性は宇野誠一郎さんのメロディが根底にある。と断言して良い。過言ではありません。クラシックの作曲家などまだ良く知らない小学生の頃。好きな作曲家の名前にあげていました。「あぁ、人形劇の音楽の人か」と返事が帰って来ていたけれども、母も宇野誠一郎という名前はしっかりお気に入 […] Posted in blog