劇的変化に富む音楽を均衡を重視した無駄のない響きで聴かせたペトレンコ、楽劇《神々の黄昏》〜演出家の狙っていたことの最大の理解者は彼かもしれない

ワーグナー生誕200年を記念して製作された、フランク・カストルフ演出。

バイロイト音楽祭 2015。最終夜は楽劇「神々のたそがれ」。「ニーベルングの指環」4部作のうち4時間半におよぶ最長の大作。その劇的変化に富む音楽をお届けする。あれだけ騒いでいた「石油問題」のテーマは何処へやら、ノートゥングを帯刀していないジークフリートは手持ち無沙汰だ。散漫で雑駁な演出もキリル・ペトレンコの音楽の素晴らしさに救済された。

ワーグナーが粋を尽くした精緻かつ壮大な音楽を、些かも粗暴に陥らせず、曖昧混沌たる音にもせず、かくも明晰に瑞々しく、しかも表情豊かに響かせる指揮者は、決して多くないだろう。たっぷりした豊潤な音でありながら、引き締まって無駄のない響きである。もっとも、ペトレンコは、いかなる瞬間にもオーケストラの均衡を重視しており、そのため音楽を過度に咆哮させたり、忘我的な興奮に陥らせたりすることを避けているようである。その辺りは現代っ子なのであろう。演出家の狙っていたことの最大の理解者は彼かもしれない。

近年のワーグナーの音楽では、わたしはダニエル・バレンボイムを聴いた受けた官能的な高潮は忘れられないし、大人の音楽として、どっぷりと陶酔に陥れてしまっても良いとは思う。ともあれ、このカストルフ演出を気にせずに音楽だけのFM放送に身を委ねよう。

今年で、ペトレンコは『ニーベルングの指環』チクルスの指揮を卒業、彼の他の演目、また、来年の指揮者の出来栄えに期待している。最後に、音楽を耳にするだけでは悔しいことがだまり役の演技である。『ニーベルングの指環』では熊が狂言回しとして登場します。それが音だけでは伝わらないことだけは残念。

「前夜祭と3日間の舞台祝祭劇“ニーベルングの指環”から第三夜 楽劇“神々のたそがれ”」 ワーグナー作曲

  1. (第1幕:1時間53分26秒)
  2. (第2幕:1時間05分14秒)
  3. (第3幕:1時間13分38)
  • ジークフリート…(テノール)シュテファン・フィンケ
  • グンター…(バリトン)アレハンドロ・マルコ・ブールメスター
  • アルベリヒ…(バス・バリトン)アルベルト・ドーメン
  • ハーゲン…(バス)ステファン・ミリング
  • ブリュンヒルデ…(ソプラノ)キャサリン・フォスター
  • グートルーネ…(ソプラノ)アリソン・オークス
  • ワルトラウテ…(メゾ・ソプラノ)クラウディア・マーンケ
  • 第一のノルン…(メゾ・ソプラノ)アンナ・ラプコフスカヤ
  • 第二のノルン…(メゾ・ソプラノ)クラウディア・マーンケ
  • 第三のノルン…(ソプラノ)クリスティアーネ・コール
  • ウォークリンデ…(ソプラノ)ミレルラ・ハーゲン
  • ウェルグンデ…(ソプラノ)ユリア・ルティグリアーノ
  • フロースヒルデ…(メゾ・ソプラノ)アンナ・ラプコフスカヤ
  • (合唱)バイロイト祝祭合唱団
  • (合唱指揮)エバハルト・フリードリヒ
  • (管弦楽)バイロイト祝祭管弦楽団
  • (指揮)キリル・ペトレンコ

~ドイツ・バイロイト祝祭劇場で収録~
(2015年8月1日)

NHK-FM でオンエア、2015年12月27日、日曜日、午後9時~午前1時45分

こちらの記事もどうぞ