チャイコフスキー:交響曲No.6《悲愴》 ジャン・マルティノン指揮ウィーン・フィル http://ow.ly/4IcE9

米LONDON盤ですが、プレスはもちろん英DECCA。《悲愴》を代表する名盤の1枚で、英DECCAの SXL 規格盤は超高価で有名な1枚です。この(米)LONDON盤も鮮明、鮮烈、歪み感の無い音質で優秀録音盤。金管の咆哮の凄まじさ、フォルテでのオーケストラの厚味も素晴らしいものです。 http://ow.ly/4IcE9

Cs6052

【交響曲】

  • レーベル:米 LONDON
  • レコード番号:CS – 6052
  • オリジナリティ:英DECCAプレス

曲目: チャイコフスキー:交響曲 No.6「悲愴」

演奏:

  • 指揮: ジャン・マルティノン
  • 管弦楽: ウィーン・フィル

CDは珍しいボロディンの交響曲との組み合わせ チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」、ボロディン:交響曲第2番

 

こちらの記事もどうぞ

  • シャツの音楽① 「EAST – West」。13分の曲を5分間のシングル盤サイズにしてみました。2011年2月28日 シャツの音楽① 「EAST – West」。13分の曲を5分間のシングル盤サイズにしてみました。 夕方5時過ぎから2時間ほどPOSTEROUSがデータベースのメンテナンスに入って、連携しているブログからアクセスできない状態になっていました。今でも管理画面にはメンテナンスの案内が表示されていますので、ユーザー毎に順次行われているのでしょう。さて、わたしのファンだという男友達がお気に入りの『ロックのポスターをあしらったシャツ』姿をいつも届けて下さいます。今日のはポルバタ。有名 […] Posted in blog
  • クリスマスに聴く古楽の嗜み2013年12月23日 クリスマスに聴く古楽の嗜み クリスマスの12日間に嗜むバロック音楽選。バッハのカンタータ第36番「喜びて舞い上がれ」や「天からくだって」によるカノン風変奏曲、コレルリの「クリスマス協奏曲」、グリニーの賛歌「日の出ずるところより」、そのほか様々な作曲家の作品。 […] Posted in blog, Review
  • 《蓄音器の音》聴きませんか – くまもとの風スペシャルにSPレコードと蓄音機を楽しむ会が出演 – 2011/12/162011年12月16日 《蓄音器の音》聴きませんか – くまもとの風スペシャルにSPレコードと蓄音機を楽しむ会が出演 – 2011/12/16 金曜日(2011年12月16日)、午後7時30分からNHK熊本で「くまもとの風スペシャル〜くまもと歌物語音楽祭〜わが心の熊本メロディー〜」に当会、SPレコードと蓄音器を楽しむ会会長が出演します。 […] Posted in blog
  • US DECCA – DXSE 179 – Ricci(vn), The Glory of Cremona2012年2月18日 US DECCA – DXSE 179 – Ricci(vn), The Glory of Cremona   レーベル:米DECCA レコード番号:DXSE 179 オリジナリティ:ゴールド・ラベル、1stラベル   くれもなの栄光   演奏: ルッジェーロ・リッチ(Vn)、 レオン・ボムマース(p)   […] Posted in blog
  • がんばれニッポン! 乱気流 何があっても 僕たちいつも一緒だよ2011年4月18日 がんばれニッポン! 乱気流 何があっても 僕たちいつも一緒だよ 高知と徳島では、竜巻注意報が出ているとか熊本は明るい良い天気なのに、風はあるし時々変な風音がします、上空では気流が荒れているのでしょうか。穏やかな午後に、静かな街としては選挙カーのアピールの声が似合わない。気温も暖かく、空気中の湿度も程良いのですが玄関を開けると風が強くてびっくりしています。鯉のぼりも散り散りに吹き飛ばされるんじゃないかと、真鯉も緋鯉も必死でしがみついています […] Posted in blog
  • 熊本の春分 http://ow.ly/42pB12011年3月21日 熊本の春分 http://ow.ly/42pB1 度々、機会が無いかと思ったのですが熊本は雨の彼岸となりました。春分の日にはいつも良い位置に朝日を見ることが出来る感じで、わたしの家は建っています。そうした自然の変化を考慮に入れて家を建てたのではないのですけれども、偶然のように春分、秋分の太陽の光が真っ直ぐ入ってくるように家は向いているし、幸いというかこれまた不思議に近所の家々に遮られることが少なくお日様を楽しむことが出来ます […] Posted in blog