朝焼けと気ままにクラシック

☀おはようございます。今日の熊本は良いお天気になりそうです。日中の最高気温は26度の予報。早朝の最低気温が13度でしたから、陽がのぼる直前が一番寒いところですね。

朝焼けです。夕焼けではありません^^

しばらくの絶好のタイミングに出逢ったようです。綺麗な朝焼けになりました。撮れた写真を確認している間に空は真っ白に変わりました。

 

朝焼けで、夕焼けではありません^^

 

昨日は朝の4時に「おやすみなさい」をして、起きたら窓の外は夕焼け。

 

「え」

 

朝焼け?今何時?・・・・って,テレビをつけたら「龍馬伝」が始まったところでした。

午後6時。結局14時間は布団の中にいたようです。

 

 

 

 

月曜の朝の「気ままにクラシック」は評判がよくて、放送された曲を全曲聴きたいって・・・でも、現役盤がないものが多いです。

早速、今日の放送分をチェックしてみました。

「“四季”から“秋”第1楽章」      ヴィヴァルディ作曲

(4分49秒)

(管弦楽)イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団

(指揮)ズービン・メータ

<グラモフォン F35G 50387>

NHKの放送リストは古いCDの番号。現役盤はこちら→ ヴィヴァルディ:協奏曲集「四季」

史上最大のクラシックショートでも呼びたい録音。スターン、ズッカーマン、ミンツ、パールマンといった美音で知られた名ヴァイオリニスト4人が「春」、「夏」、「秋」、「冬」の4曲のソロパートを受け持った豪華版。

今だと女流ヴァイオリニストを揃えて、宣伝も大々的に行われるんでしょうね。

レコード愛好家(ヴァイオリンのレコードは高くって、4大名手の音色を1枚で楽しめることもあって)には良く楽しまれている録音ですけど、ヴィヴァルディの四季としては今ひとつ注目されにくい1枚。初心者向けのクラシック入門といった類の本に選ばれていることは滅多に観たこと無いけど、選者も知らないで居るってことはないでしょうね?

 

 

 

「歌劇“魔笛”から“夜の女王のアリア”若者よ恐れるな」

モーツァルト作曲

(4分50秒)

(ソプラノ)ジョーン・サザーランド

(管弦楽)スイス・ロマンド管弦楽団

(指揮)リチャード・ボニング

<LONDON POCL-2996>

こちらも古いCD番号。現役盤はこちら→ オペラ・アリア集

余計なことかも知れないけれども、アマゾンのカスタマーレビューに「鈴を転がしたような涼やかな声」とあるけれども、CDジャーナルのデータベースにある「超絶技巧と小鳥のさえずりのような」サザーランドはチャーミングで強じんな声が売り。

再生装置によっては「鈴を転がしたような」歌声に聴こえるのかしら?

 

 

「交響曲 第4番 第1楽章」         ブラームス作曲

(13分24秒)

(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

(指揮)レナード・バーンスタイン

<グラモフォン UCCG-9016>

1981年のブラームスは、カラヤンが最後に録音したブラームスと双璧。どちらか一方では成立しない・・・というか,両盤を交互に聴くと面白いよ。試聴できます→ブラームス:交響曲第4番

 

 

「アヴェ・マリア」            バッハ/グノー作曲

(3分32秒)

(ソプラノ)幸田浩子

(演奏)新イタリア合奏団

<DENON COZQ-358>

番組のパーソナリティ、幸田浩子さんのCD。カッチーニ、バッハ、マスネ、マスカーニの4曲の「アヴェ・マリア」が聴ける好盤です。試聴できます→カリヨン~幸田浩子 愛と祈りを歌う(DVD付)

 

 

「“四季”から“10月 秋の歌”」   チャイコフスキー作曲

(3分32秒)

(ピアノ)イワン・クランスキー

<Kontrapunkt 32087>※海外盤

 

▽“名曲温泉”コーナー

「“ブラジル風バッハ”第5番」     ヴィラ・ローボス作曲

(4分30秒)

(ソプラノ)キリ・テ・カナワ

(管弦楽)イギリス室内管弦楽団

(指揮)ジェフリー・テイト

<LONDON F35L-50094>

フェロモンぷんぷんが魅惑の音楽。これも、この番号では廃盤と返事が返ってきます。

さりとて現役盤も生産中止の状態です。残念。稀少盤→フェロモン・クラシック

 

「“ノクターン”第20番」  ショパン作曲、ミルシテイン編曲

(4分30秒)

(バイオリン)五嶋みどり

(ピアノ)ロバート・マクドナルド

<SONY SRCR-2629>

カーネギー・ホール・リサイタル※試聴できます・・・それだけにさせてね。この演奏家についてコメント頂いても返事はしません。

 

 

 

 

▽“私の日本一景”コーナー

「ピアノ協奏曲 第1番 第1楽章」        リスト作曲

(5分01秒)

(ピアノ)マルタ・アルゲリッチ

(管弦楽)ロンドン交響楽団

(指揮)クラウディオ・アバド

<グラモフォン POCG-4079>

これはSHM-CD「ショパン&リスト:ピアノ協奏曲第1番」がお薦め。来年はリスト生誕200年。私は先月から集中的にリストのピアノ作品全曲にトライ中です。100枚近いので来年までには聴き終えられそうにはないけどね^^

 

 

「ハレルヤ・コーラス」             ヘンデル作曲

(3分57秒)

(合唱)ウィーン少年合唱団

(指揮)ウーヴェ・クリスチャン・ハラー

<PHILIPS PHCP-10549>

 

ウィーン少年合唱団の最上の1枚。日本のウィーン少年合唱団ファンには宝物の1枚。「野ばら/ウィーン少年合唱団ベスト

こちらの記事もどうぞ

  • バロックの森 -ヴィヴァルディの音楽-(1)2010年9月20日 バロックの森 -ヴィヴァルディの音楽-(1) ヴィヴァルディって何もの!!って思う向きには、今週の「バロックの森」のプログラムはもってこいです。月曜日から土曜日までの6日間で、ヴィヴァルディ検定(あったらの話しですけど、そのうち可能性もありそう)の初級クラスはマスターできます。20曲ほどが放送されますけれども、それぞれに使用されるCDも吟味されています。海外盤や、日本盤は廃盤になっているアイテムもありますけれども知られた […] Posted in 未分類
  • バロックの森 -バッハの“フーガの技法”-2010年9月18日 バロックの森 -バッハの“フーガの技法”- 金曜日のバロックの森のカンタータのあとで放送された《フーガの技法》の中核にあるのが、今朝の放送の《コントラプンクトゥス》。バッハの作曲技術の集大成で、音楽の凝縮度が高い音楽です。1940年頃から作曲に着手されました。1942年には最初の12曲が完成されていましたから、40年代後半には出版のめどが立っていたようです。自筆譜として残されている一冊の津刷りの初めの半分は浄書されたも […] Posted in 未分類
  • バロックの森 -グラウプナーの作品-2010年9月16日 バロックの森 -グラウプナーの作品- 忘却されていた音楽家の1人、グラウプナーの作品4曲がNHK-FM「バロックの森」で紹介されました。音楽史上においてはバッハがトーマス教会のカントルになる事を、とても強く推薦したことで名前が出てきます。クラシック音楽のとても大切なところでのキーパーソンになっていることだけでも素敵な名前の残し方をしたものだと思います。でも、何故? そんなにグラウプナーって影響力の強い存在の音楽家 […] Posted in 未分類
  • バロックの森 -ドイツのクリスマス音楽-(2)❇CDレビューと評価2010年12月7日 バロックの森 -ドイツのクリスマス音楽-(2)❇CDレビューと評価 今こそ声あげ、 よろこんで歌え。 みどりごイエスは 貧しいまぶねに 朝日のように 明るくかがやく。 アルファ、オメガ、永遠の主。 いと高き神の み子をほめ歌え。 恵みあふれる 幼子主イエスは 嘆き悲しむ われらをなぐさめ 主のみ国を 示される。 まことに大きな み父の恵みよ。 罪にまみれた われらをあわれみ み子を遣わし 永遠の国へ 導かれる、神の愛。 […] Posted in 未分類
  • ぬりえ2010年11月10日 ぬりえ 塗り絵で楽しんで下さい。ミンキーモモを知らない世代も多くなったと思いますけれども、自由なイメージで色をつけて欲しいな。現代っ子は、すぐに検索してオリジナルに忠実に色づけしちゃった方が良いと思うのかも知れないけれども、ネットには時々色を変えたカラーリングが存在しますよ。塗り絵は女の子のファッション感覚を育みます。本来はどういう色だという事よりも、自分に似合う色あわせを試してみよ […] Posted in 未分類
  • ぬりえ2010年11月12日 ぬりえ 可愛い表情のミンキーモモが、今日のぬりえです。アニメの印象とは随分違いますね。ぬりえの原画を描いた絵描きさんのイメージはどういうキャラクターのつもりで書いたのかしらね。今日のは細かい線があるから、小さいお子さんには難易度高いかしら。 - from […] Posted in 未分類