ライオンに向けて充実のMacOSXアップデート iTunes 10.2.2 、 SAFARI 5.0.5 へ

夏のライオンが目の前だ・・・夕べはアップデートをして、あれっ、わたしの耳の感度の調子かな?と思いましたけれども、今朝、今、iTunesを聴いていて音圧が上がった様に印象を持ちました。パフォーマンスが上がったというか無駄を省いて、オーディオのスペックが上がった感じです。変にイコライジング効果を使用してワイドな音場に聴こえる様にしているのではなくて、素の音、素朴な音。mp3の貧弱さは貧弱さとして聴こえてきます。

(2011-04-19_22

iTunesをイヤホンで聴いている場合は、迫力がマイナスした様に聴こえるかも知れません。物は試し、オーディオ装置のスピーカーで聴いてみましょう。「詰まった音」というのか、楽器間の見通しがすっきりしています。

(2011-04-19_23

はたしてこれが、iTunesのアップデートだけでの音なのかは分からない。と言うのも、iTunesを起動した時に Perian のバージョンアップも促されたからです。Perian がオーディオに関係してくるかは分からないけれども、余分な動作が削減されていけばパフォーマンスにかかる負担が減るので情報量の速度は良いはず。

(2011-04-19_23

同時に SAFARI も、5.0.5 にアップです。こちらは再起動も要求しているのでアップデートの詳細は不明ながらプログラム内部が整理されたと思われます。前回のアップデート後、少々SAFARIが重く感じられる時があって前のiMacでバージョンアップしたらSAFARIが思う様に動作しなくなった時の不安を思い出させました。思い返せばその際の不具合はキャッシュを解放すれば問題無かったことだとは思うのですが、クッキーやらパスワードやら、忘れられては困ることもあって無理して使い続けていました。

(2011-04-19_23

実際SAFARIの前バージョンは、アップデートの際にパスワードや、ブックマークを失ってしまうことがありました。スノーレパードになってからは、そうした大切なところが安定しているのが嬉しい結果と成りました。

今回のアップデートは拍子抜けするほど早く完了してしまいました。ですが、夏のライオン登場がワクワクしてきました。マックが久し振りに良い音を更に突き詰めてくれそうですから。

 

こちらの記事もどうぞ

  • All in2013年3月17日 All in 『ねぇ、最近おすすめで音も良い盤はどれ?』と問われればまず聴かせちゃう。 ジャンルはブルース・ロックとなっているけど、ロックの王道、ジャズ・ヴォーカル好きも気に入ってもらえるでしょう。 クラシック中心でもぶったまげる歌の良さ。現代の歌曲アルバムとして聴くのもいいだろう。 テイラー・スウィフトはちょっと子供っぽい。ノラ・ジョーンズは地味っぽい。もっとダイナミックで色っぽさがほし […] Posted in blog, Review
  • 古楽のたのしみ バッハの音楽(1)奏者には厳しく聴く者にはこの上ない穏やかな時間をもたらすバッハ珠玉の《トリオ・ソナタ》 – NHK-FM 2011-09-122011年9月12日 古楽のたのしみ バッハの音楽(1)奏者には厳しく聴く者にはこの上ない穏やかな時間をもたらすバッハ珠玉の《トリオ・ソナタ》 – NHK-FM 2011-09-12 秋本番。熊本の午後いっぱいは、まだまだ気持ちがだらけるように気温が高かった日曜日。デスクワークも遅々と進まなかったものの、夕方過ぎて涼しく過ごしやすくなりました。もう、朝6時だというのに外はやや白々とし始めようとしています。カラスが遠くで朝の挨拶を交わしているけれども、秋の虫が賑やか。今夜は中秋の名月。 古楽の楽しみ -バッハの音楽-(1) […] Posted in blog
  • ティーブレイクミュージック 美しき夕暮れ2010年9月30日 ティーブレイクミュージック 美しき夕暮れ 美しき夕暮れ ドビュッシー作曲 フランス歌曲の夕べには、フォーレの「月の光」と共にかならず演奏されるフランス歌曲の名曲。ドビュッシーは、はじめの頃は歌曲ばかりを作曲しています。そしてその歌詞はどれも甘く、誘惑に満ちたものばかりです。Beau SoirLousque au soleil couchant les rivières sont roses,Et qu'un […] Posted in 未分類
  • うぐいす・・・ですよね?2011年2月15日 うぐいす・・・ですよね? うぐいす・・・ですよね? 今年初めての出逢いです。 玄関を開けたら、大慌てで向かいの樹に飛んでいきました。 ホーホケキョ・・・とはまだ鳴けないようです。 ぎゃぎぎゅぎぇぎょっ、って木の枝に すがりつくようで、哀れでした。 知っていたなら、そっと扉を開けたのに まだまだ、畏れるものがたくさんあるのでしょうね。 […] Posted in blog
  • 【55%OFF】(独)DG SLPEM-136 226☆チューリップ・ラベル☆フリッチャイ指揮ベルリン・フィル / モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジークほか http://ow.ly/5VMzU2012年3月6日 【55%OFF】(独)DG SLPEM-136 226☆チューリップ・ラベル☆フリッチャイ指揮ベルリン・フィル / モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジークほか http://ow.ly/5VMzU 価格を改定しました。4,200円(税込み)を1,890円(税込み)に55%OFFに価格を下げました。ご注文合計5,251円(税込み)以上で、送料無料になります。 《通販中》価格改定55%OFF 【管弦楽曲】 通販中 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e513965.html レーベル:独 […] Posted in blog
  • Music by Franz Waxman2013年9月20日 Music by Franz Waxman ワックスマンの音楽は音楽の内容と映画上の物語を繋ぐことに焦点を置いている。アメリカのスタイルに馴染もうと一生懸命なイメージが、映画『裏窓』に登場するピアニストに重なるのはわたしだけでしょうか。レベッカの音楽でも感じられることですがワックスマンの音楽は、共通する思いはあってもバーナードハーマンとは対照的です。 […] Posted in blog, Review