協奏曲の魅力(4)

バロック音楽に親しみすぎると学校の試験でバツを貰ってしまう。
少なくとも教科書に書いてある説明とのズレを疑問に感じるでしょう。小学校や中学校の音楽の教科書に書かれている音楽用語は、そもそもモーツァルト、ハイドン、ベートーヴェンになって整ってきた作曲形式に基づいているからです。

歴史の古いオペラは「作品」という程度の意味合いで、音楽全般を指すものとして出てきます。その頃は主体は歌に有り、楽器はそれを補うものでした、その楽器が工夫され充分なものとなると『ソナタ』が登場します。これは器楽だけで演奏される音楽ということでピアノ・ソナタとか、ソナタ形式とか言うのを包括しています。

複数の音をハモっちゃおうと面白いというので『コンチェルト』の魅力みりょくが人々を楽しませるようになります。


17世紀前半のイタリアで活躍したリュート、テオルボの名手カプスベルガーとピッチニーニによるリュート作品集。現代の名手ユングヘーネルが見事に再現しています。

「ガリアルダ 第2番/ガリアルダ 第7番」 カプスベルガー作曲 (2分16秒)

(リュート)コンラート・ユングヘーネル <ACCENT ACC 10016>

ここから三曲が今週のテーマ。その第4回、18世紀のドイツのコンチェルトの3曲。最初はテレマンの1730年の曲集から。
テレマンの名前は知っているけれど、しっかりと聞くにはどこから手を付けていいのかわからない。そういう向きに最適なのが《パリ四重奏曲集》をフライブルク・バロック・コンソートがハルモニア・ムンディ・フランスにレコーディングした演奏は定番です。

「パリ四重奏曲」とも呼ばれるこの曲集は、当時ハンブルクで絶大な人気を誇っていたテレマンをパリの人々が呼び寄せた際の作品です。
テレマンならではの美しいメロディとしっかりした構成が特徴。ドイツの若い団体フライブルク・バロック・コンソートがフレッシュな演奏を繰り広げています。

「“パリ四重奏曲集”から 協奏曲 第2番 ニ長調」 テレマン作曲 (10分33秒)

(合奏)フライブルク・バロック・コンソート <HARMONIA MUNDI(仏)HMC 901787>

豊かな即興と暖かい響き。作品の多彩な魅力を見事に再現。

ロンドンにおいて劇場作品を上演する時に、良くしたのが劇音楽の幕間にオルガン協奏曲を演奏しました。自らオルガンを弾いたのは当然で、第二楽章にはアド・リビトゥム(いわゆるアドリブ)の指示が与えられている。即興するのも特徴です。
ヘンデルは、特に即興演奏の名手として知られ、かの J.S. バッハと互角の腕前を誇ったオルガン奏者だった。舞台裏の準備に合わせて自由闊達に腕前を披露していたことは容易に推測できます。

オルガン協奏曲集は、合奏協奏曲集と並ぶヘンデルの代表的協奏曲集です。当時イギリスで一般的であったポジティヴ・オルガンは、弦楽器との合奏に適しており、名オルガニスト=ヘンデルは、自らオルガンを弾きながらこれらの曲を披露したのでした。
現代におけるバロック音楽演奏の第一人者コープマンの演奏は、豊かな即興と喜びに満ち、この曲集の多彩な魅力を見事に再現しています。

「オルガン協奏曲 ニ短調 作品7 第4」 ヘンデル作曲 (16分15秒)

(オルガン、指揮)トン・コープマン、(合奏)アムステルダム・バロック管弦楽団 <ERATO WPCS 10817/8>

当時のイギリスは、ドイツの教会のような大きなオルガンは普及しておらず、専ら小型のポシティフ・オルガンが愛好されていたようで、そうしたこともヘンデルがオルガン音楽にあまり興味を示さなくなった原因の一つではないか。しかし、ヘンデルは全くオルガンを忘れてしまったわけではなく、自分のオペラやオラトリオ等の上演では大劇場の備え付けのパイプ・オルガンを思う存分弾くことが出来ました。

カール・フィリップ・エマヌエル・バッハは大バッハの二男。ヴァイオリンやフルートの協奏曲は高音域中心ですが、チェロ協奏曲には中低音の魅力が有ります。

2014年はカール・フィリップ・エマヌエル・バッハ・イヤーでした。彼は音楽一族として知られるヨハン・セバスティアン・バッハの息子として生まれ、フルート好きのフリードリヒ大王にチェンバロ奏者として仕えたバッハ・ファミリーの中で父ヨハン・セバスティアン・バッハの名前を後世に残す働きをしました。
さらに作曲家としてはバロック音楽と古典派音楽の橋渡し役となり、作風にはバロック音楽の装飾性を廃して明晰な形式を目指した「ギャラント様式」や、より強い感情表出を目指した「シュトゥルム・ウント・ドラング」が反映していました。
また体系的で理論的な教則本『正しいクラヴィーア奏法への試論 』を著すなど、音楽理論家としても有名でした。彼の作風や理論は、後輩のハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンなどに大きな影響を与えています。

「チェロ協奏曲 イ長調 Wq.172」 カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ作曲 (19分17秒)

(チェロ)アネル・ビルスマ、(合奏)エイジ・オブ・エンライトゥンメント管弦楽団、(指揮)グスタフ・レオンハルト <WANER CLASSICS 2564 63492-7>

こちらの記事もどうぞ

  • 古楽の楽しみ -18世紀中頃に活躍したイタリアの作曲家-(3)オペラの改革を偽名でトライ http://amzn.to/oee22E2011年7月31日 古楽の楽しみ -18世紀中頃に活躍したイタリアの作曲家-(3)オペラの改革を偽名でトライ http://amzn.to/oee22E 昭和の世には音楽学校の生徒は、流行歌を歌うことは禁止されていて吹き込みをするなんて以ての外。藤山一郎さんは小さい弟、妹たちのために流行歌手に成る事を選択。ミス・コロンビアと名乗った松原操なども、レコード会社との専属で作詞、作曲家たちが違うレコード会社の歌手に惚れてあえて歌って貰いたいと別名で提供した策もありました。が、藤山一郎さんほどの歌声は隠しようがなかったでしょう。 […] Posted in blog, Radio and Television
  • 協奏曲の魅力(2)2015年2月2日 協奏曲の魅力(2) 古楽器の演奏で協奏曲の魅力を楽しむ4日間。二回目でようやく私たちが普通にヴァイオリン協奏曲と感じるヴィヴァルディが登場する。『ラ・ストラヴァガンツァ』の意味は奇妙、狂態・・・ソリストが名人芸を披露するのは、俺たちは添え物かよってアンサンブルに振り分けられた演奏者はがっぱりしたでしょうね。でも、それが大衆には分かりやすい音楽スタイルとして刺激になったのでしょう。だから、その後、 […] Posted in Radio and Television
  • 協奏曲の魅力(3)2015年2月4日 協奏曲の魅力(3) 《ブランデンブルク協奏曲》第4番は、ヴァイオリンと二本のリコーダーによる独奏が聴ける楽曲ですが、ヴァイオリン独奏が目立った感があります。バッハはこの作品を『チェンバロ協奏曲 第6番 […] Posted in Radio and Television
  • 古楽の楽しみ ― 音楽はイギリスから海を渡ってドイツにやって来た2013年11月27日 古楽の楽しみ ― 音楽はイギリスから海を渡ってドイツにやって来た バッハも手本にした音楽。ファッシュの作品は残されているものが少ないですが、その音楽スタイルはバロック時代の曲であることを意識させないモーツァルトよりも新しさを感じられるものです。不覚にもイギリスは音楽後進国となったわけですが、ダウランドを生み出した英国の誇りは揺らぎません。 […] Posted in Radio and Television, Review
  • 古楽の楽しみ – コレギウム・ムジクムの創設 現代西欧音楽のスタート地点2013年11月26日 古楽の楽しみ – コレギウム・ムジクムの創設 現代西欧音楽のスタート地点 バッハが市政にまで口を挟むような人でなく、バッハを監督していた上司が酒飲みでぐうたらでなかったらバロック音楽は遠くむかしに忘れ去られていたでしょう。 バッハが素晴らしい存在で、音楽も一点の濁りもなかったから今、音楽の手本となっていて影響を受けた作曲家の研究に及ぶことになったわけです。西洋クラシックは、元来教会と宮中の限定された所有物でしたからドイツとフランスでそれぞれ発展 […] Posted in Radio and Television, Review
  • バロックの森 ― バッハ一族の音楽(1)・・・バッハ、はじめました。2010年10月11日 バロックの森 ― バッハ一族の音楽(1)・・・バッハ、はじめました。 バッハが活躍した時代には300人のバッハ姓の音楽家が居ました。バッハはドイツ語で“小川”を意味しますから粉ひきの仕事とゆかりがあります。名前から後々にバッハを姓として名乗るようになったのでしょう。当時の音楽家として最高権威に就いたので数多くいるバッハ一族の中でも“J.S.バッハ”として格段特別に置かれているわけです。 […] Posted in blog, Radio and Television, Review