がんばれニッポン! 乱気流 何があっても 僕たちいつも一緒だよ

高知と徳島では、竜巻注意報が出ているとか熊本は明るい良い天気なのに、風はあるし時々変な風音がします、上空では気流が荒れているのでしょうか。穏やかな午後に、静かな街としては選挙カーのアピールの声が似合わない。気温も暖かく、空気中の湿度も程良いのですが玄関を開けると風が強くてびっくりしています。鯉のぼりも散り散りに吹き飛ばされるんじゃないかと、真鯉も緋鯉も必死でしがみついています。

こちらの記事もどうぞ

  • お盆前、午後になってようやくプラスティックゴミの収集車が来ました。2011年8月12日 お盆前、午後になってようやくプラスティックゴミの収集車が来ました。 盆休みに入った方も居るでしょう。熊本はこの辺、混乱の多いもので親戚のお盆は7月に済んでしまいました。だから事後報告が多い。そんな時は、一寸気持ち的には失礼してしまったことが気の毒になる。考えてみれば、昨年の三回忌は親戚も呼ばずに、わたしの方からお寺さんに行って済ませてしまったし、初盆の時ももしかしたらと思って支度しておいた料理の分の来客もなかった。結婚式とか何かではないので、 […] Posted in blog
  • タンホイザー・レストラン – NHK-FM特集《バイロイト音楽祭》第1日、歌劇《タンホイザー》放送2011年12月26日 タンホイザー・レストラン – NHK-FM特集《バイロイト音楽祭》第1日、歌劇《タンホイザー》放送 苦虫を噛みつぶしたような表情で、庭の隅から見つめているワーグナーに出会いそうだ。 もとより、総合芸術とオペラを位置づけたワーグナー。台詞と演技と歌唱を一体化させるために、メロディーラインでなくライトモチーフとして台詞のように歌い演じる。 その理想の上演の場としてバイロイト祝祭歌劇場を造り、夏の間だけ、しかも上演される作品はワーグナー自身の歌劇とベートーヴェンの《第9交響 […] Posted in blog
  • 棒付きジャケット初版☆仏PATHÉ MARCONI ティボー(Vn)、コルトー(pf)、カザルス(vc)、ベートーヴェン:クロイツェル・ソナタ、魔笛の主題による変奏曲2011年10月27日 棒付きジャケット初版☆仏PATHÉ MARCONI ティボー(Vn)、コルトー(pf)、カザルス(vc)、ベートーヴェン:クロイツェル・ソナタ、魔笛の主題による変奏曲 【室内楽】 2011年10月23日から通販開始 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e547085.html レーベル: 仏 PATHÉ MARCONI レコード番号: COLH-92 オリジナリティ: 1stラベル 曲目 ベートーヴェン:クロイツェル・ソナタ、「魔笛の主題による変奏曲」 […] Posted in blog
  • 熊本は雷天気です。落雷で被害があったようです。サイレンが鳴り続けていました。※雷の音をナマロクしてみました。2010年12月30日 熊本は雷天気です。落雷で被害があったようです。サイレンが鳴り続けていました。※雷の音をナマロクしてみました。 遠くからゴロゴロと聞こえてきたので、雷鳴が録れるかPCMレコーダーを回して取ってみました。録音レベルは予想が出来なかったので標準の設定です。少し大きな音で再生しないとわかりづらいかも知れません。でも歪み感はなく録れています。録音を止めてすぐに稲妻が落ちてくるのが見えました。夏に稲妻が走っていた辺りと同じなので、雷の道になっているのかも知れません。 […] Posted in 未分類
  • 天気予報ではお天気。でも、まだ360℃薄曇りの朝。2011年2月5日 天気予報ではお天気。でも、まだ360℃薄曇りの朝。 立春だった4日。暖かい1日で、一気に3月の陽気でした。今日も同様に暖かい1日だと言う事です。日がのぼる時間になったら暖房のストーブを切ってもキーボードを叩く指先まで、暖かさがそのまま。「春眠暁を覚えず」の眠気を感じているので、少しでも寝ようと思います。このまま暖かくなると良いんだけれども、せめて週末は良いお天気の2月であって欲しいです。 […] Posted in blog
  • 世界怪談名作集 スペードの女王2011年4月17日 世界怪談名作集 スペードの女王 石の客、モーツァルトとサリエリ、黒死病の時代の饗宴、けちな騎士の4編は、モーツァルトの歌劇「魔笛」や「ドン・ジョヴァンニ」にを思わせるところがあります。この4編を書いたのがロシアの文豪、プーシキン。モーツァルトをサリエリが暗殺したという根拠になった小説で、リムスキー=コルサコフが短いオペラにしています。映画「アマデウス」はこの「モーツァルトとサリエリ」からアイデアを借りている […] Posted in blog