世界ふしぎ発見!北欧フィンランド あのムーミンのいる国

[notification type=”alert-info” close=”false” ]ムーミンの劇場映画『南の海で楽しいバカンス』が2015年2月からロードショー。[/notification] 劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス

こちらの記事もどうぞ

  • Music by Franz Waxman2013年9月20日 Music by Franz Waxman ワックスマンの音楽は音楽の内容と映画上の物語を繋ぐことに焦点を置いている。アメリカのスタイルに馴染もうと一生懸命なイメージが、映画『裏窓』に登場するピアニストに重なるのはわたしだけでしょうか。レベッカの音楽でも感じられることですがワックスマンの音楽は、共通する思いはあってもバーナードハーマンとは対照的です。 […] Posted in blog, Review
  • 音色には無限のパレットがあること、子供心に夢を与えてくれた人がこどもの日に・21世紀の音の魔術師、冨田勲さん逝く。2016年5月8日 音色には無限のパレットがあること、子供心に夢を与えてくれた人がこどもの日に・21世紀の音の魔術師、冨田勲さん逝く。 初音ミクをソリストに組み込んだ「イーハトーヴ交響曲」は記憶に新しい。最新作「オホーツク幻想」が発売されたばかりだった。トミタ・サウンドが世界中を驚かせた第一作「月の光」がドビュッシーのピアノ曲をシンセサイザーで演奏した内容で、最後作がラヴェルとはフランス音楽を代表する色彩的な作曲家であることなど不思議な因縁を感じます。 […] Posted in blog, Composer, News
  • ピアノの領域 二台ピアノの愉しみ 2013/10/31 健軍文化ホール2013年10月25日 ピアノの領域 二台ピアノの愉しみ 2013/10/31 健軍文化ホール 一台あればソロをはじめ連弾、室内楽、伴奏を楽しむことが可能な楽器、ピアノを含む音楽作品は一体どのくらいあるのでしょう?2台ピアノによるコンサートは機会が少ないブラームスの交響曲第2番を中心とした意欲的なプログラムです。『ピアノの領域』は有名・無名にかかわらずピアノのために書かれた作品を広くご紹介していくコンサートです。 […] Posted in blog, Piano
  • アナログの良さは衝撃的でした2012年12月29日 アナログの良さは衝撃的でした シェリングのヴァイオリンの音は美しく、誇張することのない素晴らしい演奏でした。音質も素晴らしく、デジタルで育った30代の私にはアナログの良さは衝撃的でした。 最近トーレンスtd124を購入し、レコードの素晴らしさ音ではなく音楽に毎日感動しております。 […] Posted in blog
  • 協奏曲の魅力(1)2015年2月2日 協奏曲の魅力(1) [notification type="alert-info" close="false" […] Posted in Radio and Television
  • ニューイヤーコンサート ウィーン・フィルと蜜月にあるメータの軽やかなシュトラウスを聴く。2015年1月1日 ニューイヤーコンサート ウィーン・フィルと蜜月にあるメータの軽やかなシュトラウスを聴く。 1939年に開始されたウィーン・フィルのニューイヤーコンサート。NHKでは1984年から毎年テレビで衛星生放送を実施しており恒例行事として世界で最も多くの人が同時に試聴するコンサートである。2015年の指揮台に立つのはズービン・メータ。1990年に初めて指揮して以来、1995、98、2007年に続き5回目の登場となる。 […] Posted in blog, Radio and Television