バロックの森 ― バッハ一族の音楽(1)・・・バッハ、はじめました。

小川から大河へ ― わが町の楽師さんから、国を代表する大作曲家に

今、ドイツにどれくらいの「バッハ」さんが居るのかは知りませんけれども、バッハが活躍した時代には300人のバッハ姓の音楽家が居ました。音楽家の中で宮廷に使えたのはそのうちどのくらいの割合かはともかく、子どもたちが総て音楽家として各地の王侯のもとで活躍しバッハ自身も、トーマス教会のカントルと・・・当時の音楽家として最高権威と言っても良い地位に就いたので数多くいるバッハ一族の中でも、“J.S.バッハ”として格段特別に置かれているわけです。

img20090716225544104

バロックの森の10月第3週は、『バッハ一族の音楽』がテーマです。まずはヨハンとハインリヒの姉弟。弟ハインリヒの子供の、ヨハン・クリストフ(弟)、ヨハン・ミヒャエル(兄)の曲を聴いた最後に大バッハの、カンタータ第26番“ああ、いかに儚く、ああ、いかに虚しき”を聴きます。

だんだんとバッハ本人に繋がるというバッハ一族の本流をなぞる4人です。バッハの系譜は、1685年生まれのバッハから130年前に産まれたヴェイト・バッハという名前の粉ひき職人までたどることが出来ます。バッハという名前はドイツ語で“小川”を意味しますから粉ひきの仕事とゆかりがあります。この人物が“バッハ”姓を名乗っていたかは不明。当時は苗字よりも名前の方で呼ばれていたのですから、後々に“バッハ”を姓として名乗るようになったのでしょう。

そして、彼の息子ヨハネス(或いはハンスという名前)が粉ひきの仕事をしながら音楽の才覚を現します。この人物のところで最初の音楽家の一族の最初に当たるヨハンとハインリヒの兄弟が育つことになるのです。この兄弟が以後、ショパンが活躍した時代まで続くバッハ一族の音楽をはじめたのです。

バロックの森 曲目

「モテット“われらの命はひとつの影”」 ヨハン・バッハ作曲 (7分26秒) 

(合唱)コレギウム・ヴォカーレ (演奏)

ロチェルカール・コンソート (指揮)

フィリップ・ヘレヴェヘ

Ricercar RIC 17001

「コラール前奏曲“われを憐れみたまえ、おお神なる主よ”」 ハインリヒ・バッハ作曲 (2分52秒)

(オルガン)フランツ・ハーゼルベック

<Hanssler 98.986>※現役盤不明

「前奏曲とフーガ 変ホ長調」 ヨハン・クリストフ・バッハ作曲 (5分13秒)

(オルガン)ウィルヘルム・クルムバッハ

<ワーナー WPCS-20000>※現役盤不明

「モテット“我は汝を離さず”」ヨハン・クリストフ・バッハ作曲 (3分31秒)

(合唱、オルガン)カントゥス・ケルン

(指揮)コンラート・ユングヘーネル

BMG BVCD-35008 >※試聴有

「コラール前奏曲“いと高き神にのみ栄光あれ”」 ヨハン・ミヒャエル・バッハ作曲 (3分00秒)

(オルガン)ウィルヘルム・クルムバッハ

<ワーナー WPCS-20000>※現役盤不明

「モテット“汝の持つものを守れ”」 ヨハン・ミヒャエル・バッハ作曲 (4分47秒)

(合唱、オルガン)カントゥス・ケルン

(指揮)コンラート・ユングヘーネル

BMG BVCD-35008 >※試聴有

「カンタータ第26番 “ああいかにはかなく、ああいかにむなしき”BWV26」 ヨハン・セバスティアン・バッハ作曲 (15分22秒)

(ソプラノ)ジョアン・ラン

(カウンターテナー)ウィリアム・タワーズ

(テノール)ポール・アグニュー

(バス)ピーター・ハーヴィー

(合唱)モンテヴェルディ合唱団

(管弦楽)イングリッシュ・バロック・ソロイスツ

(指揮)ジョン・エリオット・ガーディナー

Soli Deo Gloria SDG115 ライブ録音 2000年 イギリス

こちらの記事もどうぞ

  • 古楽の楽しみ – コレギウム・ムジクムの創設 現代西欧音楽のスタート地点2013年11月26日 古楽の楽しみ – コレギウム・ムジクムの創設 現代西欧音楽のスタート地点 バッハが市政にまで口を挟むような人でなく、バッハを監督していた上司が酒飲みでぐうたらでなかったらバロック音楽は遠くむかしに忘れ去られていたでしょう。 バッハが素晴らしい存在で、音楽も一点の濁りもなかったから今、音楽の手本となっていて影響を受けた作曲家の研究に及ぶことになったわけです。 西洋クラシックは、元来教会と宮中の限定された所有物でしたからドイツとフランスでそれぞれ発展 […] Posted in Radio and Television, Review
  • 古楽の楽しみ ― 音楽はイギリスから海を渡ってドイツにやって来た2013年11月27日 古楽の楽しみ ― 音楽はイギリスから海を渡ってドイツにやって来た バッハも手本にした音楽。ファッシュの作品は残されているものが少ないですが、その音楽スタイルはバロック時代の曲であることを意識させないモーツァルトよりも新しさを感じられるものです。不覚にもイギリスは音楽後進国となったわけですが、ダウランドを生み出した英国の誇りは揺らぎません。 […] Posted in Radio and Television, Review
  • 協奏曲の魅力(2)2015年2月2日 協奏曲の魅力(2) 古楽器の演奏で協奏曲の魅力を楽しむ4日間。二回目でようやく私たちが普通にヴァイオリン協奏曲と感じるヴィヴァルディが登場する。『ラ・ストラヴァガンツァ』の意味は奇妙、狂態・・・ソリストが名人芸を披露するのは、俺たちは添え物かよってアンサンブルに振り分けられた演奏者はがっぱりしたでしょうね。でも、それが大衆には分かりやすい音楽スタイルとして刺激になったのでしょう。だから、その後、 […] Posted in Radio and Television
  • 協奏曲の魅力(4)2015年2月5日 協奏曲の魅力(4) 鎌倉幕府の開闢は1192年と答えて、◯をもらうか、△をもらって注釈されるか。教科書が改められるのはやがてでしょうから、これから日本史を学ぶ子どもたちは1185年の開闢だと覚えていくことになる。 音楽の授業では、古楽器演奏やバロック音楽時代の研究が活発で音楽学校ではもはやシビヤなところだろう。 […] Posted in Radio and Television
  • クリスマスに聴く古楽の嗜み2013年12月23日 クリスマスに聴く古楽の嗜み クリスマスの12日間に嗜むバロック音楽選。バッハのカンタータ第36番「喜びて舞い上がれ」や「天からくだって」によるカノン風変奏曲、コレルリの「クリスマス協奏曲」、グリニーの賛歌「日の出ずるところより」、そのほか様々な作曲家の作品。 […] Posted in blog, Review
  • 古楽の愉しみ ホルンの魅力2013年8月8日 古楽の愉しみ ホルンの魅力 中世、狩りをするときに馬上で角笛を吹いて、後方との連絡をした。この角笛がホルンの起こりです。管楽器の中でベルと呼ばれるラッパが後方を向いている唯一の存在です。このベルに握りこぶしを入れて出す強弱と、唇で出す音程は一様でないふくよかさが演奏者の個性でホルンという楽器に魅了される大きなポイントです。 […] Posted in blog, Review