SPレコードを聴く ホロヴィッツのショパン① 英アビーロードスタジオ録音盤

壊れかけのラジオ、ならぬ、壊れかけの大ピアニストと言われたホロヴィッツ。バブルの上り坂だったでしょうか、ピアニストの演奏会としてチケット料金は高すぎたかも知れません。ホロヴィッツのマネージメントがどういう要求だったのかは分かりませんけれども、ホロヴィッツ自身のピアノを演奏会場で使用する条件をクリアするために日本招聘側のコストも大きかったことは確かでしょう。

演奏会までの段取りがどうだったのか。老ピアニストの体調がどうだったのか。物珍しい日本の風がどうだったのか。演奏前にインタビューやらプレスやらと、煩わせるものも多かったでしょうね。例え演奏会が夢のごとし上首尾だっても、チケット料金の話題は小さくなかったんじゃないかしら。

日本での最初の演奏会(1983年)は芳しくなかったけれども、しかし、その後のモスクワの演奏会(1986年)の素晴らしさは DEUTSCHE GRAMMOPHON からリリースされたライヴCDに聴く通り。もしかして屈辱をぬぐい去るために気合いも入ったんでしょうけど、素敵な1枚を残してくれたことには感謝を贈ります。ただ気になるのは再び行った日本での演奏会は、高いチケット料金も報いるものになったのだけれども・・・どうだろう。『ひび割れた骨董』をまだ言う人が今だ居るのは、ニュースだけを記憶しているだけで演奏を聴いてはいないのではないのかな。

ホロヴィッツはまだレコードが発売されていない頃からの録音があります。ライヴ演奏が本領を発揮できるピアニストで、時にホロヴィッツ版とも思える演奏もありました。ショパンはそれを喜んでいると思います。「練習曲第8番」は正規盤として3回リリースされています。うち3回目はステレオ、ライヴ録音。それ以前は2度SPレコードになっています。

音源は、1932年11月15日 英アビーロードスタジオでの録音です。

 

 

ホロヴィッツ演奏のショパン:練習曲第8番のレコード録音歴

Etude in F major, Op.10 No.8

·             January or February 1926(?): M. Welte & Söhne Studios, Freiburg, Germany (Piano Roll) – Intercord: INT 860.864

·             1926(?): Paris Opera, France (Studio) [Silent Movie] – Pirate Recording (Video)

·             March 4, 1930: Liederkranz Hall, New York City, New York (Studio) – Naxos Historical: 8.110696 

·             November 15, 1932: Abbey Road Studio No.3, London, England (Studio) – EMI References: CDHC 63538

·             April 7, 1965: Carnegie Hall, New York City, New York (Studio) – Unreleased

·             April 14, 1965: Unknown Location (Studio) – Unreleased

·             May 9, 1965: Carnegie Hall, New York City, New York (Live)

o            Edited Release: Sony Classical: S3K 53461

o            Unedited Release: Sony Classical Legacy: SK 93023/0930232001

·             March 20, 1983: Academy of Music, Philadelphia, Pennsylvania (Live) – Pirate Recording

·             April 16, 1983: Orchestra Hall, Chicago, Illinois (Live) – Pirate Recording

·             April 24, 1983: Symphony Hall(?), Boston, Massachusetts (Live) – Pirate Recording

·             May 15, 1983: Metropolitan Opera House, New York City, New York (Live) – Pirate Recording

·             May 22, 1983: Ambassador College, Pasadena, California (Live) – Pirate Recording

·              May 26, 1983: Ambassador College, Pasadena, California (Live) – Pirate Recording

·             June 11, 1983: NHK Hall, Tokyo, Japan (Live) – TV Broadcast (Video)

·             June 16, 1983: NHK Hall, Tokyo, Japan (Live) – Pirate Recording

 

 

 

こちらの記事もどうぞ

  • 謹賀新年。陽が沈んだら元旦って使ったらイケ無いそうです。さて、今年最初の音楽始め「ウィーン・フィル、ニューイヤーコンサート」指揮はウェルザー=メスト。待ってました。2011年1月1日 謹賀新年。陽が沈んだら元旦って使ったらイケ無いそうです。さて、今年最初の音楽始め「ウィーン・フィル、ニューイヤーコンサート」指揮はウェルザー=メスト。待ってました。 小澤征爾さんの後を受けて、フランツ・ウェルザー=メストさんがいよいよウィーン・フィルの指揮台に立ってくれることになりました。ニューイヤーコンサートも思えばこの数年、ウィーン・フィルとの所縁はあるものの面白いと思わせるぐらいの顔合わせで、往年の指揮者が入れ替わり立ち替わり。長いウィーン・フィルのニューイヤーコンサートを楽しんできたファンにとっては、息抜き、中継ぎ感はあったと思い […] Posted in 未分類
  • 12月23日の名曲アルバム きよしこの夜 Silent Night グルーバー作曲2010年12月23日 12月23日の名曲アルバム きよしこの夜 Silent Night グルーバー作曲 ザルツブルクの北にある町、オーベルンドルフ ( Oberstdorf )。1818年のクリスマス前夜、この場所で「きよしこの夜」は生まれた。教会の司祭モールは親友グルーバーと皆で歌えるクリスマス曲を考えていた。夜が更けグルーバーがギターを鳴らすとモールはそれに歌詞をつけて歌った。翌日完成した曲を子どもたちと歌い、「きよしこの夜」が誕生したのである。 via […] Posted in 未分類
  • 熊本は雷天気です。落雷で被害があったようです。サイレンが鳴り続けていました。※雷の音をナマロクしてみました。2010年12月30日 熊本は雷天気です。落雷で被害があったようです。サイレンが鳴り続けていました。※雷の音をナマロクしてみました。 遠くからゴロゴロと聞こえてきたので、雷鳴が録れるかPCMレコーダーを回して取ってみました。録音レベルは予想が出来なかったので標準の設定です。少し大きな音で再生しないとわかりづらいかも知れません。でも歪み感はなく録れています。録音を止めてすぐに稲妻が落ちてくるのが見えました。夏に稲妻が走っていた辺りと同じなので、雷の道になっているのかも知れません。 […] Posted in 未分類
  • 12月7日の名言:諸君!脱帽したまえ天才だ・・・Yulianna Avdeeva さんの日本デビュー演奏が本格的冬を迎えた日本の寒い夜を熱くした!!2010年12月5日 12月7日の名言:諸君!脱帽したまえ天才だ・・・Yulianna Avdeeva さんの日本デビュー演奏が本格的冬を迎えた日本の寒い夜を熱くした!! 諸君、脱帽したまえ天才が現れた!・・・ショパンを以て、シューマンに言わしめた称賛の言葉です。このシューマンの一文でポーランドから大都会ウィーン、音楽の都パリに出てきたばかりの青年ショパンは華々しく紹介されました。シューマンは続けます。「ショパンは大編成のオーケストラを率いてはいないが、居並ぶ楽器を駆使し、あるときはベートーヴェンのような豪胆さを、そしてシューベルトのような優し […] Posted in 未分類
  • 冬が来たら… If Winter Comes [1922]2010年12月15日 冬が来たら… If Winter Comes [1922] 冬本番を思わせる阿蘇方面の朝焼けです。撮影は午前7時半。昨日は11月の陽気だったという熊本市内。今日から本格的に冬に向かって寒くなる予報が出ていました。曇り気味の空ではありますが、朝のうちはまだそう厳しくなりそうにないのですけれども、窓の外の木の枝は軽くスィング。北風小僧を手招きしているようですし、台所仕事の水は冬の気配を感じました。 […] Posted in 未分類
  • サスペンス・ドラマの中のモーツァルト「魔笛」序曲2010年11月12日 サスペンス・ドラマの中のモーツァルト「魔笛」序曲 森村誠一の棟居刑事 愛犬が暴く不倫四重奏!のちょうど中程、殺人事件の鍵を握る大物が男色家だったと主人公が気がつく場面。犯行の行われたホテルのパーティー会場で流れていた音楽が、モーツァルトの歌劇「魔笛」序曲。タイトルの「不倫四重奏」とあるように事件と人間関係が重奏になっているドラマに、オペラ「魔笛」の序曲はふさわしくって意図しての選曲であったのか不思議な思いがしています。 […] Posted in 未分類