《バロックの森》最終回は番組の歴史のエッセンス。エアチェックしておけば素敵な想い出になる。バロック音楽CD購入の手引きと言える名録音盤揃い。

朝のすがすがしい一時を、バロック音楽と共にお過ごし下さい・・・と、NHK-FMで毎朝午前6時から放送してきた『バロックの森』が4年間を持って役目を終えます。今朝の日曜日の『リクエスト・ア・ラ・カルト』が最終回の放送になります。前任された男性アナウンサーは土曜日と日曜日を担当されていて、季節折々の話題も盛り込まれた番組運びが、わたしは大好きでした。リクエスト曲はそこそこに、お話だけは聞き逃さないようにしていたじきも2年間続いていました。後任された松川梨香さんの朝の番組らしい声は気持ち良いのですが、リクエスト曲の紹介程度のお話しで残念。リクエストもはがきではなくメールになったり、ホームページからできるようになって紹介できるほど無かったのかも知れませんね。

51lvs-r-l

 

バロックの森 <終> -リクエスト・ア・ラ・カルト-

2011年3月27日、午前6時 NHK-FMで放送 案内:松川梨香
– リクエスト・ア・ラ・カルト –

Wpcs-21069

「ソナタ イ長調 K.208」 ドメニコ・スカルラッティ作曲
(4分05秒)
「ソナタ ヘ長調 K.38」 ドメニコ・スカルラッティ作曲
(2分35秒)
(チェンバロ)スコット・ロス
<ワーナー WPCS-21069> ※モーツァルトのケッヘル番号のようですが、カークパトリック番号。スカルラッティはチェンバロのためだけに500曲以上を生涯に作曲しました。しかもその聴衆は1人の若い女性ただ1人のためでした。その女性が満足する音楽だけを書き綴っていたのですから幸せな作曲家だったことでしょう。スコット・ロスはその500曲以上を1人で録音してしまおうとした演奏家。この先週はスコット・ロス入門にも適しています。1枚で複数の異なるチェンバロの音色が楽しめます。日本編集盤CD: スカルラッティ:ソナタ選集

 

「幻想曲とフーガ ト短調 BWV542」 バッハ作曲
(12分30秒)
(オルガン)アンドレ・イゾアール
<Calliope CAL 9708> ※録音:1975年。旧品番:CAL-9708 / CAL-5708。現行品番は CAL-7708  これはイゾワールの録音したバッハのアルバムの中でもひときわの名盤。重厚で鉛色と思われていたバッハ観から解き放ち、節度ある色彩の美しさが飛翔するファンタジー豊かなバッハを世界に問うた、極めて重要なものである。このアルバムはもう30年以上も前の録音になるが、CALLIOPEの驚異的に優秀なアナログ録音とあいまって、いまだ新鮮です。輸入盤CD: Bach: 4 Toccatas & Fugues

 

51aggqhtzel

「ブランデンブルク協奏曲 第2番 ヘ長調 BWV1047」
バッハ作曲
(11分10秒)
(演奏)ベルリン古楽アカデミー
<Harmonia mundi(仏)  HMC 901634.35> ※輸入盤フランス盤CD: J.S. バッハ:ブランデンブルク協奏曲(全曲) (Brandenburg Concertos) (Brandenburgische Konzerte) (2CD) [Import CD]

 

Pocl5226

「ブランデンブルク協奏曲 第4番 ト長調 BWV1049」
バッハ作曲
(14分50秒)
(演奏)エンシェント・ミュージック室内管弦楽団
(チェンバロ、指揮)クリストファー・ホグウッド
<ポリグラム POCL-5226> ※規格番号を変更して2003年に再発売されています。バッハの初稿での演奏です。CD: バッハ:ブランデンブルク協奏曲第3番&第4番&第5番&第6番

via nhk.or.jp

こちらの記事もどうぞ

  • バロックの森 -ヴィヴァルディの音楽-(1)2010年9月20日 バロックの森 -ヴィヴァルディの音楽-(1) ヴィヴァルディって何もの!!って思う向きには、今週の「バロックの森」のプログラムはもってこいです。月曜日から土曜日までの6日間で、ヴィヴァルディ検定(あったらの話しですけど、そのうち可能性もありそう)の初級クラスはマスターできます。20曲ほどが放送されますけれども、それぞれに使用されるCDも吟味されています。海外盤や、日本盤は廃盤になっているアイテムもありますけれども知られた […] Posted in 未分類
  • 原音に忠実に再現◉今なお色褪せぬフランチェスカッティの滴るような美音をワルターが大らかで慈愛に満ちた伴奏している2トラ38テープが発見された2014年11月30日 原音に忠実に再現◉今なお色褪せぬフランチェスカッティの滴るような美音をワルターが大らかで慈愛に満ちた伴奏している2トラ38テープが発見された ワルターの2トラック、38センチのオープンリール・テープ復刻に、フランチェスカッティとのモーツァルトが加わります。ワルターの大らかで慈愛に満ちた伴奏、フランチェスカッティのしたたるような美音、今なお色あせぬ名演です。その演奏をいつもどおり原音に忠実に再現しています。 […] Posted in Review
  • 彼のアプローチは新鮮 – バッハの協奏曲を探求しているマレイ・ペライアの演奏で聴く2015年1月31日 彼のアプローチは新鮮 – バッハの協奏曲を探求しているマレイ・ペライアの演奏で聴く マレイ・ペライアは長い演奏活動の中でバッハの《鍵盤のための協奏曲》の演奏は度々と重ねて深い理解の成果を録音している。それから10年経過しているけれども、これらの協奏曲を聞くことは、ペライアの豊かな経験を聴くことに等しく、その彼のアプローチには新鮮さがあります。 […] Posted in Free Music, Piano, Review
  • 名盤カレンダー☁1月19日 チャイコフスキー:交響曲第5番2011年1月20日 名盤カレンダー☁1月19日 チャイコフスキー:交響曲第5番 畏怖を漂わせる音楽家は少ない。「鬼面人を驚かす」と評されたエフゲニー・ムラヴィンスキーが、指揮者では頂点に置いて良い存在でしょう。トスカニーニや、カラヤンが発散している輝きのようなものとは別の強じんなエネルギーを感じさせていました。カラヤンが残したレコードからも、トスカニーニの録音からも聴けば指揮者の姿が浮かび上がってきます。ムラヴィンスキーの指揮姿は、カラヤンやトスカニーニ […] Posted in blog
  • [バロックの森]最愛王ルイ15世の時代の音楽③2011年1月19日 [バロックの森]最愛王ルイ15世の時代の音楽③ 宗教曲の月曜日、オーケストラの音楽の火曜日。そして、水曜日の今朝は劇音楽、歌劇の音楽に焦点を当てた「バロックの森 ルイ15世の時代の音楽」です。年代を追って音楽の全容を学ぶのは楽しい事ですけれども、ルイ15世の時代のフランスバロック音楽は多様を極めていました。劇音楽と言っても現代的な歌劇から、歌って踊るミュージカルやボードヴィル・・・歌詞のついたバレエ音楽と言った方が分かり易 […] Posted in blog
  • 《バロックの森》ルイ15世時代の音楽⑥ ヴァイオリンはダンスのための楽器2011年1月22日 《バロックの森》ルイ15世時代の音楽⑥ ヴァイオリンはダンスのための楽器 天使がヴァイオリンらしきものを携えている古い絵画や彫像が、幾らもあります。『らしきもの』とされているように、よくよく観ると違うよう。そもそもヴァイオリンは、いつ頃どういう経緯で誕生したのでしょう。結論を先に答えるならば根拠不明。音楽史の上でヴァイオリンの名手にして、今でも演奏される機会の多い重要な作曲家はコレルリ。ヴァイオリン音楽を芸術音楽として最初に記録されます。もしもヴァ […] Posted in blog