原音に忠実に再現◉今なお色褪せぬフランチェスカッティの滴るような美音をワルターが大らかで慈愛に満ちた伴奏している2トラ38テープが発見された

アナログレコードは話題に登りますが、オープンリールテープや8トラ・カセットで発売されていたことを、ご記憶でしょうか。あ、そういえばと記憶の奥を手繰り寄せている往年の音楽好きもいらっしゃるでしょう。
レコードと違ってテープでの録音は、聴かなくなったり他の録音に再利用してしまった体験も有るでしょう。ミュージック・カセットの最後は再利用されるのが宿命だったでしょう。

MS6063

ステレオ初期時代、ワルターのオープンリールテープはある程度のカタログが揃っていましたが、それらはほとんどすべては普及型の4トラック、19センチのものでした。
その中で唯一のセミ・プロ仕様の2トラック、38センチで、まれにオークション等に出ると争奪戦になる希少品があります。しかし、希少性もさることながら、より安定感のある2トラック・テープの音は格別で、その情報量の豊かさは破格です。板起こしと比べると安定した音が魅力。レコード盤の内周歪や盤面の傷の影響がなく、アナログ盤への関心が増している今、改めてオープンリールで発売された音源も注目されています。
[tabs class=”yourcustomclass”] [tab title=”【曲目】” active=”active”]モーツァルト:
1.ヴァイオリン協奏曲第3番 ト長調 K.216
2.ヴァイオリン協奏曲第4番 ニ長調 K.218[/tab] [tab title=”【演奏】”]ジノ・フランチェスカッティ(ヴァイオリン)
ブルーノ・ワルター(指揮)、コロンビア交響楽団[/tab] [tab title=”【録音】”]1958年12月10、12、15、17日
カリフォルニア、アメリカン・リージョン・ホール(ステレオ)[/tab] [tab title=”使用音源”][使用音源:Private archive(2トラック、38センチ、オープンリール・テープ)][/tab] [/tabs] [notification type=”alert-info” close=”false” ]ワルターの2トラック、38センチのオープンリール・テープ復刻に、フランチェスカッティとのモーツァルトが加わります。ワルターの大らかで慈愛に満ちた伴奏、フランチェスカッティのしたたるような美音、今なお色あせぬ名演です。その演奏をいつもどおり原音に忠実に再現しています。
解説書にはブルーノ・ワルター自身の原稿「レコード音楽について考えること」を掲載しています。これはワルターの生涯最後の執筆と言われているもので、古い雑誌やLPのジャケットに掲載されていましたが、今回は新訳で収録しています。
~平林直哉~
(キングインターナショナル)[/notification] [table width =”100%” style =”” responsive =”false”] [table_head] [th_column]CD[/th_column] [th_column]CD[/th_column] [/table_head] [table_body] [table_row] [row_column][/row_column] [row_column]
[/row_column] [/table_row] [/table_body] [/table]

こちらの記事もどうぞ

  • DE DEUTSCHE GRAMMOPHON 2530 548 – GULDA, ABBADO, VPO – MOZART : PIANO CONCERTOS NR.20, 212012年12月23日 DE DEUTSCHE GRAMMOPHON 2530 548 – GULDA, ABBADO, VPO – MOZART : PIANO CONCERTOS NR.20, 21 DEUTSCHE GRAMMOPHON 2530 548 GULDA, ABBADO, VPO MOZART : PIANO CONCERTOS NR.20, 21 数多いモーツァルトのピアノ協奏曲の中でも人気。弦の音が柔らかく美しく、ピアノの響きが透明でまろやか。ブルーリング・ラベル コンディション:NM,NM 通販価格 […] Posted in blog, Products, Review
  • 《SPレコードを聴く》Mozart’s Opera: The Magic Flute Overture [1928]2010年10月21日 《SPレコードを聴く》Mozart’s Opera: The Magic Flute Overture [1928] 謎の多い《魔笛》。モーツァルトが晩年に書き上げた歌劇《魔笛》は,題材はおとぎ話のようでドイツ・メルヒェン・オペラの第1番に味わうには特別にふさわしい音楽の玉手箱です。でも、お話しには謎めいたところが多すぎる。 […] Posted in 未分類
  • 英 DECCA SXL-6405 ブリテン・コンダクツ・イングリッシュ・ミュージック2013年4月17日 英 DECCA SXL-6405 ブリテン・コンダクツ・イングリッシュ・ミュージック 1969年録音。ジャケットの写真は、この録音がなされたワイナリーのものでしょう。(後に火事で焼失)ブリテンのシンフォニーは2楽章、3楽章が美しくイギリス的な悲哀に満ちてイギリス音楽が好きな方には堪らないでしょう。録音は、この当時の英DECCAらしい厚みの有る芯のしっかりした優秀録音。「ロジャー=ド=カヴァリー」を初めて聴く方は少しビックリされるでしょう。まさか、あのメロディー […] Posted in Orchestral, Review
  • アナログレコード通販★ボベスコ、ハイデルベルク室内管 ヴィヴァルディ : 四季 銀文字ブルーラベル2014年1月18日 アナログレコード通販★ボベスコ、ハイデルベルク室内管 ヴィヴァルディ : 四季 銀文字ブルーラベル 女が蛹から蝶に育つ時間を共有できる幸せ 情熱の薔薇の君、ボベスコの柔らかく美しい魅力をタップリと堪能 ヴァイオリンの妖精が優しい音色で奏でる『四季』は愛の語らいに良い小道具。夜明けのコーヒー二人で飲もうと、あの人が言った・・・・カバーで笑顔のボベスコは変わらない。レコードが奏でる音楽も変わらない。この『四季』は香りならラベンダーかミント、シュガーたっぷりのハーブティ、真っ白な […] Posted in Products, Review, LP Store Nagatani
  • 彼のアプローチは新鮮 – バッハの協奏曲を探求しているマレイ・ペライアの演奏で聴く2015年1月31日 彼のアプローチは新鮮 – バッハの協奏曲を探求しているマレイ・ペライアの演奏で聴く マレイ・ペライアは長い演奏活動の中でバッハの《鍵盤のための協奏曲》の演奏は度々と重ねて深い理解の成果を録音している。それから10年経過しているけれども、これらの協奏曲を聞くことは、ペライアの豊かな経験を聴くことに等しく、その彼のアプローチには新鮮さがあります。 […] Posted in Free Music, Piano, Review
  • ワンダ・ウィウコミルスカの放送音源を入手2013年8月17日 ワンダ・ウィウコミルスカの放送音源を入手 どちらも同じヴァイオリニストであるとは、聞けばすぐに分かるぐらい。40年近い開きはあるので1991年のコンチェルトでは多少張りにかけるヴァイオリンの響きでしたが、そのヴァイオリンの歌い方は同じでした。これだけ性格の出ているヴァイオリニストは特別でしょう。プログラムの中間のリサイタルの音はとても良くて、60年も前の録音だとは驚きです。そして、レコードとライヴがこれほど相違がない […] Posted in blog, Review