原音に忠実に再現◉今なお色褪せぬフランチェスカッティの滴るような美音をワルターが大らかで慈愛に満ちた伴奏している2トラ38テープが発見された

アナログレコードは話題に登りますが、オープンリールテープや8トラ・カセットで発売されていたことを、ご記憶でしょうか。あ、そういえばと記憶の奥を手繰り寄せている往年の音楽好きもいらっしゃるでしょう。
レコードと違ってテープでの録音は、聴かなくなったり他の録音に再利用してしまった体験も有るでしょう。ミュージック・カセットの最後は再利用されるのが宿命だったでしょう。

MS6063

ステレオ初期時代、ワルターのオープンリールテープはある程度のカタログが揃っていましたが、それらはほとんどすべては普及型の4トラック、19センチのものでした。
その中で唯一のセミ・プロ仕様の2トラック、38センチで、まれにオークション等に出ると争奪戦になる希少品があります。しかし、希少性もさることながら、より安定感のある2トラック・テープの音は格別で、その情報量の豊かさは破格です。板起こしと比べると安定した音が魅力。レコード盤の内周歪や盤面の傷の影響がなく、アナログ盤への関心が増している今、改めてオープンリールで発売された音源も注目されています。
[tabs class=”yourcustomclass”] [tab title=”【曲目】” active=”active”]モーツァルト:
1.ヴァイオリン協奏曲第3番 ト長調 K.216
2.ヴァイオリン協奏曲第4番 ニ長調 K.218[/tab] [tab title=”【演奏】”]ジノ・フランチェスカッティ(ヴァイオリン)
ブルーノ・ワルター(指揮)、コロンビア交響楽団[/tab] [tab title=”【録音】”]1958年12月10、12、15、17日
カリフォルニア、アメリカン・リージョン・ホール(ステレオ)[/tab] [tab title=”使用音源”][使用音源:Private archive(2トラック、38センチ、オープンリール・テープ)][/tab] [/tabs] [notification type=”alert-info” close=”false” ]ワルターの2トラック、38センチのオープンリール・テープ復刻に、フランチェスカッティとのモーツァルトが加わります。ワルターの大らかで慈愛に満ちた伴奏、フランチェスカッティのしたたるような美音、今なお色あせぬ名演です。その演奏をいつもどおり原音に忠実に再現しています。
解説書にはブルーノ・ワルター自身の原稿「レコード音楽について考えること」を掲載しています。これはワルターの生涯最後の執筆と言われているもので、古い雑誌やLPのジャケットに掲載されていましたが、今回は新訳で収録しています。
~平林直哉~
(キングインターナショナル)[/notification] [table width =”100%” style =”” responsive =”false”] [table_head] [th_column]CD[/th_column] [th_column]CD[/th_column] [/table_head] [table_body] [table_row] [row_column][/row_column] [row_column]
[/row_column] [/table_row] [/table_body] [/table]

こちらの記事もどうぞ

  • ヴェルディ作曲 歌劇《椿姫》考2013年4月24日 ヴェルディ作曲 歌劇《椿姫》考 彼はピストルを握り、書斎へ入ってドアを閉めた。数分後、書斎の中から大きな音がしたので心配した友人達が中へ入ってみると、そこにはピストルを片手に立ち尽くしたデュマの姿があった。彼はこういったという。「驚くべきことが、起こった。私としたことが、撃ち損じた」と。 […] Posted in blog
  • バロックの森 -バッハの“フーガの技法”-2010年9月18日 バロックの森 -バッハの“フーガの技法”- 金曜日のバロックの森のカンタータのあとで放送された《フーガの技法》の中核にあるのが、今朝の放送の《コントラプンクトゥス》。バッハの作曲技術の集大成で、音楽の凝縮度が高い音楽です。1940年頃から作曲に着手されました。1942年には最初の12曲が完成されていましたから、40年代後半には出版のめどが立っていたようです。自筆譜として残されている一冊の津刷りの初めの半分は浄書されたも […] Posted in 未分類
  • MOVIE Blog 西風の見たもの。2011年4月18日 MOVIE Blog 西風の見たもの。 夏がそこまで来ています。空気に湿り気を感じました。暖かい陽射しの中でも、上品さを感じます。熊本でこの心地よさを楽しめるのはほんのひととき、桜の木々は総て葉桜になってしまったけれども南からの風はめぐみの季節の訪れを告げています。 桜の花の季節が終わったら、おヘソを狙って奴が来る。今夜にでも雷神と龍神が、再会の杯を交わすのでしょう。 […] Posted in blog
  • 無料コンサート 蓄音器を楽しむ会(第4回)ご案内2013年7月17日 無料コンサート 蓄音器を楽しむ会(第4回)ご案内 蓄音器を楽しむ会(第4回)コンサートのご案内 日時 : 平成25年7月28日(第4日曜日) 午後 1 時 30 分より 場所 : 熊本中央区細工町2丁目 五福公民館 中会議室 ( 2 階 […] Posted in blog, Concert
  • 噂を聞いたんです。誰も居ない旧校舎でショパンの“別れの曲”が聴こえてきたって… 12の練習曲 Op.10 第3番 『別れの曲』ホ長調 1829年~1832年作曲、1833年出版2010年10月3日 噂を聞いたんです。誰も居ない旧校舎でショパンの“別れの曲”が聴こえてきたって… 12の練習曲 Op.10 第3番 『別れの曲』ホ長調 1829年~1832年作曲、1833年出版 心霊探偵八雲のアニメーションが、NHK […] Posted in 未分類
  • 白夜幻想 http://ow.ly/42pB12011年5月2日 白夜幻想 http://ow.ly/42pB1 太陽が沈んで、ようやく暗くなりました。夕方6時を過ぎても午後の明るさがそのままで時間が止まってしまったような思いがしました。白夜のようだ。つい言葉が出ました、実際の白夜を知りはしないのですが終日同じ明るさというのは体内リズムを不安定にしそうですね。もしも白夜の国で生活するようになるとしたら時計を常に意識した生活になりそうだ。 […] Posted in blog