ライオンへの道のり – MacOSX 10.6.7 アップデート ・・・アップルは震災を憂慮しないでアップデートにゴー!?

昨日のうちにアップデートはあっていたようだけれども「デイリーかじぃ http://paper.li/phantzm 」に乗ったおかげで、紙面を読んでいて知った次第です。Facebookを見ていたら、昨日アップデートして1回上手くいかなかったという不安の種を感じる書き込みがあったけれども、動作中のアプリケーションをすべて終了。デスクトップ上にある一時ファイルを整理してからアップデートに臨みました。

(2011-03-22_17

セキュリティ・アップデートも同時に行われるのかと思ったけれども、わたしの環境には「MacOSX 10.6.7」のアップデートだけ必要のようでした。

(2011-03-22_14

一昔前だったらCD-ROM1枚分の313.2MBのアップデート。昨日は21日だから、当時だったら雑誌の附録になるのを待って2月は先にならないと入手できないペースですね。当時はそういった流通も頭に入れてのアップデートだったのかしら。Windowsは毎月のようにサービスパックがCD-ROMにあったけれども、大抵ドライバ対応でしたね。

7月にはMacOSXの最新バージョン「ライオン」が登場するとアナウンスされています。昔だったらこんな直にアップデートされたら、現在のバージョンをアップデートするかスキップして最新バージョンか、ちょっと考えるところ。今回のアップデートは安定化へのバグフィックスといった感じで、アピールポイントはないけれども大切なもの。

(2011-03-22_14

アップデートは順調で、支障なく完了しました。

Microsoft Internet Explorer 日本語版の新バージョンは、震災を憂慮して更新時期を遅らせるとアナウンス(MS、「Internet Explorer 9 日本語版」の提供を延期)されていますがアップルは震災を気にしなかったって事かしら?それともMacOSXアップデートの 313.2MB よりも Microsoft Internet Explorer はファイルサイズが大きいのでしょうか?それとも大きな改編を要じるからなのか?

あ・・・アップル・ユーザーよりも数が多いからですね。確かにアップルユーザーの20倍のアクセスは通信にかける負担は大きいね。それに上手くいかなかった時のサポートへのヘルプも大きいことでしょうからね。

 

こちらの記事もどうぞ

  • Cause & Effect [Analog]2014年1月2日 Cause & Effect [Analog] ボーカロイドで音楽をクリエイトできる現代。YouTube […] Posted in Products, Review
  • 協奏曲の魅力(2)2015年2月2日 協奏曲の魅力(2) 古楽器の演奏で協奏曲の魅力を楽しむ4日間。二回目でようやく私たちが普通にヴァイオリン協奏曲と感じるヴィヴァルディが登場する。『ラ・ストラヴァガンツァ』の意味は奇妙、狂態・・・ソリストが名人芸を披露するのは、俺たちは添え物かよってアンサンブルに振り分けられた演奏者はがっぱりしたでしょうね。でも、それが大衆には分かりやすい音楽スタイルとして刺激になったのでしょう。だから、その後、 […] Posted in Radio and Television
  • 冬が来たら… If Winter Comes [1922]2010年12月15日 冬が来たら… If Winter Comes [1922] 冬本番を思わせる阿蘇方面の朝焼けです。撮影は午前7時半。昨日は11月の陽気だったという熊本市内。今日から本格的に冬に向かって寒くなる予報が出ていました。曇り気味の空ではありますが、朝のうちはまだそう厳しくなりそうにないのですけれども、窓の外の木の枝は軽くスィング。北風小僧を手招きしているようですし、台所仕事の水は冬の気配を感じました。 […] Posted in 未分類
  • 【半額!】良プレス盤☆独DEUTSCHE GRAMMOPHON 2530 548 フリードリッヒ・グルダ(pf)、アバド指揮ウィーン・フィル / モーツァルト:ピアノ協奏曲No.20、21 ブルーリングラベル http://ow.ly/5VVV72012年3月26日 【半額!】良プレス盤☆独DEUTSCHE GRAMMOPHON 2530 548 フリードリッヒ・グルダ(pf)、アバド指揮ウィーン・フィル / モーツァルト:ピアノ協奏曲No.20、21 ブルーリングラベル http://ow.ly/5VVV7 例えば、例えば。英DECCAのオリジナル盤「SXL」の規格盤は、「SDD」の廉価規格盤もあるのですが午前中に「SXL」盤をプレスして、午後に「SDD」盤をプレスしていた時期があると英DECCAレコードのプレス工場で働いていた工員が語っていたと言います。現在の日本に当てはめれば3,000円のCDと1,000円のCDが同じに生産されているといった感じ。 […] Posted in blog
  • 《春のセール》クラシックの名盤、優秀盤をアナログ・オリジナルLPで楽しみませんか。 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/2012年3月10日 《春のセール》クラシックの名盤、優秀盤をアナログ・オリジナルLPで楽しみませんか。 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/ 2月に紹介のレコード以外ではありますが、現在在庫価格を刷新中です。今回、春に聴きたいレコードからピックアップしています。3月10日現在、29枚がお買い得価格。多くが半額以下、最大8割引となります。 合計価格が5,001円以上で、送料無料。   交響曲 […] Posted in blog
  • Decca Legends. Legendary Performances. Rating ★★★★★2011年7月4日 Decca Legends. Legendary Performances. Rating ★★★★★ 録音のDECCAはデッカツリーというブームに幾つものマイクを吊り下げて優秀録音を目指して、そのシステムは一貫しているのにエンジニアの個性が良く出ています。その録音エンジニアは割り振られたプロダクションの録音するだけでなくてマスタリングから、カッティング、最終のプレスまでエンジニアが責任を持った貫徹。録音責任者としてだけではなくプロデューサーとしての役割を持っていました。 […] Posted in blog