第275回 蓄音器でレコードを楽しむコンサートのご案内

3月例会のコンサートは年度の締めくくり、「持ち寄りコンサート」と「リクエストコーナー」です。運営委員は進行役としてお手伝い。会員の皆さんが主役です。正規会員だけではなくて、一般の皆さんも参加は自由ですので聴けないまま手元に眠っているレコード、珍しいからみんなに聴いて欲しいと言ったレコードを持参して下さい。

275i

場所は熊本城裏手の三の丸駐車場前の熊本市立博物館。博物館には駐車スペースがありませんので、熊本城周遊バスを利用して細川刑部邸前で下車して下さい。博物館に自家用車で来られますと、会の進行に迷惑がかかりますので心得て下さい。

コンサートは午後1時半より、午後4時前を二部構成で進行します。午後1時前後に準備に入っていますから、『持ち寄りレコード』はそれに間に合う様にして頂ければ助かります。レコードによってはカビなどを落とす必要がありますので、会が始まってからだと聴く事が出来ない場合もあります。

写真は特別展示室でコンサートを行う時の大型蓄音器です。今月末のコンサートは熊本博物館、2階研修室でのコンサートですから『ヴィクトローラ』蓄音器を使って聴いて頂きます。

こちらの記事もどうぞ

  • 言葉で表現できなくなった時、音楽が始まる2013年4月26日 言葉で表現できなくなった時、音楽が始まる 江戸時代末期と重なるので、ヴィオレッタとアルフレートの関係を吉原の花魁とお金持ちの若旦那。海と陸の美しい田舎がアルフレートの出身ですから、江戸に荷物を運んできて廓通いに夢中になった若旦那、ジョルジュ・ジェルモンはその大旦那かお目付け役の大番頭さんとしたら、日本人としては解りやすい置き換えではないでしょうか。 […] Posted in blog
  • バロックの森 -ケルルの作品- NHK-FM2010年9月14日 バロックの森 -ケルルの作品- NHK-FM 音楽的にはムファットやフローベルガーと共通したところがあって「カノン」で知られるパッヘルベルの音楽には最もケルルの影響が聴かれると言われています。著名な教師でもあったことから、ほとんどの作品が出版されバッハやヘンデルも研究していたほどなのに8人の子どもからは1人として音楽家になっていない理由は不思議な事となっています。 […] Posted in Review
  • 【大至急】【拡散希望】食材が不足しています – でも、ちょっと待って!手放しで支援する前に近所を見回してください。2011年8月11日 【大至急】【拡散希望】食材が不足しています – でも、ちょっと待って!手放しで支援する前に近所を見回してください。 月曜日に起こった熊本下通アーケード街でのデパート地階食品売り場から逃走した万引きの捕り物は、中国籍の25歳の男性が犯人だと言う事です。万引きしたのは発泡酒一本。のどが渇いていたのでしょうね。こういう人たちの熱中症での事故はどう取り扱われるのでしょう。当人は現在逃走中でどこに居るのかわからないので不安でもあります。防犯カメラが録らえていた写真も、公開された写真からは、どうした男 […] Posted in blog
  • ジェルヴィール・レアーシュのレコード2014年7月25日 ジェルヴィール・レアーシュのレコード 1908年から10年にかけて15枚を米ビクターに吹き込んでいるが彼女の名は恐らくオールドファン達の中でも知っている人は少ないかも知れない。まして彼女のレコードを持っていた人は数える外ないだろうと思われる。同じコントラルトでも幅のある深い潤いに満ちた声質と情熱的な一種特有な歌い方は聴く者の心に抵抗し難いものを感じさせる。 […] Posted in blog
  • 夜のクラシック #0012011年3月10日 夜のクラシック #001 電話口で口ずさんだり、鼻歌で歌ってくれて「この曲はクラシック(音楽)」だと思うんですが・・・と、尋ねられることがあります。それはメロディ部分であったりと、ジャズやポップスならともかくもクラシック音楽は序奏部分がとても長くて試聴機などでは肝心な聴きたい部分を聴く事が出来ないことがあります。 […] Posted in blog
  • 古楽の楽しみ -18世紀中頃に活躍したイタリアの作曲家-(3)オペラの改革を偽名でトライ http://amzn.to/oee22E2011年7月31日 古楽の楽しみ -18世紀中頃に活躍したイタリアの作曲家-(3)オペラの改革を偽名でトライ http://amzn.to/oee22E 昭和の世には音楽学校の生徒は、流行歌を歌うことは禁止されていて吹き込みをするなんて以ての外。藤山一郎さんは小さい弟、妹たちのために流行歌手に成る事を選択。ミス・コロンビアと名乗った松原操なども、レコード会社との専属で作詞、作曲家たちが違うレコード会社の歌手に惚れてあえて歌って貰いたいと別名で提供した策もありました。が、藤山一郎さんほどの歌声は隠しようがなかったでしょう。 […] Posted in blog, Radio and Television