♪月の光に花も草も

明治38年に「女学唱歌』の第一巻に、『秋漁』という題名でブラームスの《眠りの精》は最初に紹介されました。この時は歌われることが然程(さほど)無かったようですね。
大正14年に堀内敬三の日本語詩で紹介されてから親しまれるようになりました。SPレコードで広く聴かれるようになったのでしょう。

堀内 敬三:詩、ブラームス,ドイツ民謡。竹久夢二:絵。小鳩くるみ:歌。

” Sandmännchen ” aus ” Volkskinderlieder “

眠りの精
月の光に 花も草も
夢を追いつつ うなじたれぬ
声をばひそめて 枝はさやぐ
眠れ眠れ 眠れ我が児よ
小鳥たのしき 歌をやめて
小さき臥床を したいゆきぬ
野辺には虫の音 独り告ぐる
眠れ眠れ 眠れ我が児よ
眠らぬ児らを もとめつつぞ
眠りの精は 訪い来ん
あやしきその手の 見えぬひまに
眠れ眠れ 眠れ我が児よ

「眠りの精(砂の精)」は、ブラームスの編曲による「14の子どものための民謡集」の4番目の曲です。20歳の頃の作曲で、その動機は母親思いだった作曲家が記憶に遺すための作品だったかもしれません。

1858年頃から書きためられた曲をまとめた「14の子どものための民謡集」は、ブラームスと親しい関係にあったシューマンの死後に、ブラームスがその子供達のために贈るために作曲しました。メロディ作りには苦労していたブラームスですが民謡の旋律を借りても、その音楽にはオリジナル曲と言っても相応しいブラームスらしい美しさがあります。

ドイツでは、詩人フリートリッヒ・シュペー作詞による「ベツレヘムに生まれたもう」としてクリスマスキャロルの定番となってもいます。

砂の人
ちなみに、砂の精とは、夜に子供達の目に砂をかけて眠らせてしまう妖精のこと。夜遅くまで眠らないでいる子供がいると、大きな袋に砂を詰め、それを背負った人がやって来て目を開いている子どもたちに砂を振りかけるという。

ドイツの作曲家フンパーディンク( Engelbert Humperdinck / 1854-1921 )のメルヘンオペラ「ヘンゼルとグレーテル」の中にも登場します。
この物語では、日が沈みかけた森の中でイチゴを積み終えたヘンゼルとグレーテルに魔法の砂をかけて二人を眠らせてしまいます。子供向けのイベントや、リサイタルに単独で歌われる機会の多い、ドイツ・オペラの有名なシーンの1つに数えられます。

こちらの記事もどうぞ

  • チェロを演奏する楽しみを決定づけた、カザルスの大発見。2013年6月3日 チェロを演奏する楽しみを決定づけた、カザルスの大発見。 人類の大いなる遺産といえる名盤。 太陽にも大地にもたとえられるのは、平和だなぁと感じさせる。音楽は古いけど、それが斬新にも感じられるのだから面白い。楽器とマイクがかなり迫った録音だったろうと感じさせる、野太い音です。小鳥がピースピースと鳴いています。といった国連会議場や、ホワイトハウスを聞いて認識しているカザルスの音と比べたら随分生気に満ちています。 […] Posted in blog, Products, Review
  • 香川選手が骨折 決勝は絶望に NHKニュース 2011年1月27日 0時31分2011年1月27日 香川選手が骨折 決勝は絶望に NHKニュース 2011年1月27日 0時31分 サッカーのアジアカップに参加している日本代表のミッドフィールダー、香川真司選手が、25日に行われた韓国との準決勝で右足の小指の根もとを骨折したことが分かり、決勝には出場できない見通しとなりました。 […] Posted in blog
  • 【蓄音器の音】実際に聴きませんか – 第278回 蓄音器でレコードを楽しむコンサート おことわりと予定変更のご案内2011年6月14日 【蓄音器の音】実際に聴きませんか – 第278回 蓄音器でレコードを楽しむコンサート おことわりと予定変更のご案内 今月予定しておりました「沖縄からの歌」は、講師の事情により来月(7月)例会に順延いたします。ご了承下さい。変わりのプログラムは「ベートーヴェン作曲 交響曲第5番《運命》」と「持ち寄りコンサート」になります。“戦前の昭和14年 クラシックファンの度肝を抜いたトスカニーニ指揮 NBC交響楽団の壮絶な演奏を米国ビクター盤(CAMDEN N.J […] Posted in blog
  • どこを切っても名曲には魅力がある ― ベートーヴェンの交響曲第7番の第4楽章2015年11月6日 どこを切っても名曲には魅力がある ― ベートーヴェンの交響曲第7番の第4楽章 フランツ・リストが「リズムの神格化」と表し、ワーグナーは「舞踏の権化」と評した。どの楽章も、その本質がリズム作法による展開で支配している。ちょっと聞き、スキップするようなダンサブルな旋律だ。つい、シュトラウスのワルツかなと迷いそう。 おそらくは何かに似ているフレーズの有るところというので、この度は第4楽章の冒頭が出題されたのでしょうけれども、どこを切っても名曲には魅力が有る […] Posted in blog
  • バロックの森 -ドイツのクリスマス音楽-(2)❇CDレビューと評価2010年12月7日 バロックの森 -ドイツのクリスマス音楽-(2)❇CDレビューと評価 今こそ声あげ、 よろこんで歌え。 みどりごイエスは 貧しいまぶねに 朝日のように 明るくかがやく。 アルファ、オメガ、永遠の主。 いと高き神の み子をほめ歌え。 恵みあふれる 幼子主イエスは 嘆き悲しむ われらをなぐさめ 主のみ国を 示される。 まことに大きな み父の恵みよ。 罪にまみれた われらをあわれみ み子を遣わし 永遠の国へ 導かれる、神の愛。 […] Posted in 未分類
  • US COLUMBIA MS-5600 – 6 Eye label – SVIATOSLAV RICHTER / Moussorgsky : Pictures at an Exhibition2012年1月8日 US COLUMBIA MS-5600 – 6 Eye label – SVIATOSLAV RICHTER / Moussorgsky : Pictures at an Exhibition 盤の表面を針が滑る音が心地良い。それにピアノの音はCDと比べて、そこにあっrっゆ感じられる。デジタルで無い音とは不思議なものです。1分間に78回転、33回転3分の1という周回速度には、人の心に何かを感じさせる秘密があるのかもしれません。 […] Posted in blog