エマ・カルヴェのレコード

カルヴェというと直ぐカルメンを思い出す程、彼女のカルメンは余りにも有名だ。
カルメンを得意とする歌手も少なくないが、併しカルヴェほど個性と魅力に富んだカルメンはないようである。早い話が例の「ハバネラ」のレコードであるが、あれを色々の人のと掛け比べてみて、沁々と彼女が天性カルメン歌手としての素質の持ち主であることを感じるのである。勿論若さとか、奔放さとか、或いは情熱とか言う個々の点に於いて、カルヴェ以上の魅力を持っている歌手は無いことはない。併しカルヴェ程、押し出しの立派な、又芸の大きなカルメン歌手を求むることは不可能である。

Emma Calvé

カルヴェの吹き込んだレコードはビクター系に18面、パティに14枚(両面)で両者を合わせても50面に達しない。

彼女が最初に吹き込んだレコードは1902年というから、メルバ同様英国グラモフォン(H・M・V)最初のレコードということが出来る。この時のレコードは10インチ6枚(いづれも片面)で、彼女の最も魅力あるカルメンの「ハバネラ」、「セギディーリャ」を含んでいる。この母型は後米国ビクターの創業の時に5,000台の番号で最初の発売となったが、程なく廃盤となってしまって我が国には殆ど来なかったと思われる。この貴重なレコードの一枚「ハバネラ」は東京の細田省五氏が珍蔵されているが、それは茶色のベルリナー・レコードで、中央の孔に真鍮の金具が入っている非常に珍しいものである。「セギディーリャ」の方は寡聞にして存在するを知らない。「ハバネラ」の方は1,907年の12インチ盤が日本に相当輸入されているので、彼女の名唱に接することが出来るが「セギディーリャ」はこれ一枚より無いので、今回の選曲に加えられた次第である。いづれもカルヴェ36歳の時の声で円熟時代のものであることが想像される。

1907年、米ビクターに4面を吹き込み、更に翌年8曲を録音してカルヴェはレコード界より引退してしまった。ダルモーレスとの二重唱「山の彼方に」はこの最後の年に吹き込まれた一枚で、20年以後カタログからカット・アウトされてしまった。従ってレコードも非常に少なく、蒐集家達にとって甚だ貴重なレコードとなっている。カルヴェの二重唱のレコードはこれ一枚よりなく、又このアンサンブルの美しさ、味の良さは到底言葉では言い表し難い。

メルバ、カルーソーの「ボエーム」の二重唱と共に、この時代の最も魅力のある重唱のレコードである。

こちらの記事もどうぞ

  • SUPER MOON in Japan2011年3月19日 SUPER MOON in Japan 「今日は月が最接近するスーパームーン。もやのような雲が晴れました。でも、満月は明日ですよ。」 via facebook.com Posted in blog
  • するりと喉を通るお酒のような2015年10月30日 するりと喉を通るお酒のような Happy […] Posted in blog, Review
  • Grigory Sokolov – The Salzburg Recital ( Analog )2015年2月4日 Grigory Sokolov – The Salzburg Recital ( Analog ) [servicebox icon="glyphicon-shopping-cart" icontype="glyphicon" icon_size="40" iconbg_size="100" iconbg_radius="50" margin_bottom="30" margin_top="30" iconbgcolor="#FFFFFF" […] Posted in blog
  • 世界ふしぎ発見!北欧フィンランド あのムーミンのいる国2015年1月31日 世界ふしぎ発見!北欧フィンランド あのムーミンのいる国 [notification type="alert-info" close="false" ]ムーミンの劇場映画『南の海で楽しいバカンス』が2015年2月からロードショー。[/notification] Posted in blog
  • 田園のシンフォニー、田舎の生活と追憶 SPレコードでワルターの《田園》を聴く2015年1月24日 田園のシンフォニー、田舎の生活と追憶 SPレコードでワルターの《田園》を聴く 25日日曜日午後、今年最初の蓄音器コンサートを開催します。 曲はベートーヴェンの田園。 SPレコード時代から田園の名演奏としてスタンダードにまでなった録音です。この曲は欄外に記したように、ロマン派の標題音楽の先駆をなす交響曲と言われてもいます。 でも、文中の核とした通り、自然の描写ではなく自然に接してベートーヴェンの中から沸き上がる感謝の気持から生み出されたものという見方 […] Posted in blog, Concert
  • ベートーヴェンの《田園》の定番を聴く2015年1月11日 ベートーヴェンの《田園》の定番を聴く 私共の SP コンサート振り返ってみますと 1988 年(昭和 63 年)5月から市立熊本博物館で始まり約 25 年間にわたって毎月一回、299 回まで経続けいぞくして行って来ましたが博物館の大改装に伴う閉館(平成 25 年3月)のため、やむを得ず 2013 年(平成25年)4月からは場所を市立五福公民館に移し「蓄音器を楽しむ会」として第一回発足、今回で1年 10 ヶ月( […] Posted in blog