ヘルマン・ヤドロウカーのレコード

ヤドロウカーの名が知られるようになったのは旧吹き込み時代に於いても比較的後のことである。これはドイツ・グラモフォン盤が輸入されるに至ってからであって、それ以前は彼の名を口にする者も無かった。当時はテノールといえばカルーソー一人に人気が集まっていて、他の歌手はさまで顧みられなかった。ましてヤドロウカーの如く殆ど紹介らしい紹介をされなかった歌手に於いては無理ならぬ事である。

oper-cavalleria-jadlowker-hermann-as-turiddu

Hermann Jadlowker


ヤドロウカーのレコードはビクターに僅か5枚ある。併しこれは余り売れなかったかして、早くから姿を消してしまった。ここに選ばれた「花の歌」はその中の最も代表的なものであって、今聴き直してみても決して悪くはない。彼はカルーソーの様な一般受けのする甘い声の持ち主ではないが、その発声法は正確で、渋みのある歌い方をする。この頃の歌手は今時の歌手と違って修行が劇しく、長年に渉って鍛錬し抜いているので聴いていて少しも危気なところがない。

さて、この『花の歌』はヤドロウカーの外にもカルーソー、アンソウ、マルティネリー、マッコーマック、ウィリアムス、それにダルモーレスの歌ったレコードがあるが、気品のあるのはヤドロウカーが一番であったと思っている。

こちらの記事もどうぞ

  • SUPER MOON in Japan2011年3月19日 SUPER MOON in Japan 「今日は月が最接近するスーパームーン。もやのような雲が晴れました。でも、満月は明日ですよ。」 via facebook.com Posted in blog
  • するりと喉を通るお酒のような2015年10月30日 するりと喉を通るお酒のような Happy […] Posted in blog, Review
  • Grigory Sokolov – The Salzburg Recital ( Analog )2015年2月4日 Grigory Sokolov – The Salzburg Recital ( Analog ) [servicebox icon="glyphicon-shopping-cart" icontype="glyphicon" icon_size="40" iconbg_size="100" iconbg_radius="50" margin_bottom="30" margin_top="30" iconbgcolor="#FFFFFF" […] Posted in blog
  • 世界ふしぎ発見!北欧フィンランド あのムーミンのいる国2015年1月31日 世界ふしぎ発見!北欧フィンランド あのムーミンのいる国 [notification type="alert-info" close="false" ]ムーミンの劇場映画『南の海で楽しいバカンス』が2015年2月からロードショー。[/notification] Posted in blog
  • 田園のシンフォニー、田舎の生活と追憶 SPレコードでワルターの《田園》を聴く2015年1月24日 田園のシンフォニー、田舎の生活と追憶 SPレコードでワルターの《田園》を聴く 25日日曜日午後、今年最初の蓄音器コンサートを開催します。 曲はベートーヴェンの田園。 SPレコード時代から田園の名演奏としてスタンダードにまでなった録音です。この曲は欄外に記したように、ロマン派の標題音楽の先駆をなす交響曲と言われてもいます。 でも、文中の核とした通り、自然の描写ではなく自然に接してベートーヴェンの中から沸き上がる感謝の気持から生み出されたものという見方 […] Posted in blog, Concert
  • ベートーヴェンの《田園》の定番を聴く2015年1月11日 ベートーヴェンの《田園》の定番を聴く 私共の SP コンサート振り返ってみますと 1988 年(昭和 63 年)5月から市立熊本博物館で始まり約 25 年間にわたって毎月一回、299 回まで経続けいぞくして行って来ましたが博物館の大改装に伴う閉館(平成 25 年3月)のため、やむを得ず 2013 年(平成25年)4月からは場所を市立五福公民館に移し「蓄音器を楽しむ会」として第一回発足、今回で1年 10 ヶ月( […] Posted in blog