逆光の梅。ぼかしがかかったような花々が面白い味を出しています。

逆光の梅。先の梅の写真の樹とは別のお宅の白梅の樹です。特別なところでもない住宅地なのですが、元々植わっていた木を大切にしている家々ばかりです。やはりそのむかしは、一軒一軒の仕切りであるとか目印だったのではないかしら。熊本の地名では二本木であるとか、三軒町であるとか、昔の姿はどうだったのか分かる町名が多いです。わたしの自宅の近所は同じ苗字のお宅が多いので、『白梅の家の○○さん』とか、『紅梅のある○○さん』という風に分かるようにしていたのでしょうね。

画像処理はしていません。ロゴを加えただけです。写真は CX4( http://ow.ly/42pB1 )のトイカメラモードで撮影。設定も写真サイズをHDにしているだけで標準のままです。梅の花がぼかしが入ったように撮れていました。シャッターを切る時に風が吹いた様子はなかったので、手ぶれでしょうか?微妙なピントの連れが面白い味を出しています。

こちらの記事もどうぞ