関屋敏子「ホフマンの舟歌」 – SP時代の日本のオペラ歌手

歌い方は今聴いても、日本のオペラ歌手としてはトップレベルだと言えるほどだと思います。SP盤としてのマイナス・ポイントは差し引かなければいけませんけれどもね。関屋敏子さんが録音していた頃は、まだ統制も厳しくはなかったと思いますが”録音盤の割り当て”というものがありました。

 

今のように録音を録り直したり、編集したり出来ません。練習では上手くいっても、録音中に咳き込んだりしてしまったらもう原盤は使用できませんから緊張を強いられたことでしょう。「ホフマンの舟唄」でも終わりの方で伴奏が音を外してしまっていますが、やむを得ないものだったと思います。

藤山一郎さんを初めとして、戦前の多くの歌手は音楽学校出身者。声が良いのは当然ですが、関屋敏子さんは中でも抜け出た才能だと思います。お母さんのお父さん、すなわち母方のおじいさんがアメリカ人とフランス人のハーフ。つまりは関屋敏子さんはクォーターか、そのまた半分というところでしょうか。歌が優れていただけでなく、作曲したオペラも現在伝わっているものだけでも4作品。38歳で亡くなっていますし、歌手としての活躍も世界レベル、ミラノ・スカラ座でのプリマドンナとして歌ったり、オペラ映画に出演したり、自作のオペラの上演をしたりと充分すぎます。「天才音楽少女」は日本に再臨したモーツァルトの魂だったのかも知れません。

自作の歌曲『野いばら』の楽譜の裏表紙に、遺書を残していました。辞世の言葉としてはお葬式での、遺族挨拶の変わりにこれ以上の内容はないでしょう。映像や録音盤が残すことが出来たことは、歌手としてはこの上ない喜びでしょう。でも、LP時代は復刻されていたのにCD時代になってデジタル化されたのも他の歌手より早くてSP時代の1人の歌手で纏めたCDとしては、いち早くリリースされたのですが現在では廃盤となっている様は哀しいことです。

関屋敏子は、三十八歳で今散りましても、桜の花のようにかぐわしい名は永久消える事のない今日只今だと悟りました。そして敏子の名誉を永久に保管していただき、百万年も万々年も世とともに人の心の清さを知らしむる御手本になりますよう、大日本芸術の品格を守らして下さいませ。

関屋敏子, 遺書

こちらの記事もどうぞ

  • 音の探究者たちへ。《新》長岡鉄男の外盤A級セレクション2013年8月7日 音の探究者たちへ。《新》長岡鉄男の外盤A級セレクション A級の音はA級のソースから!オーディオ・マニア必読の画期的レコードガイド。説明無用のガイド本が、新装されて登場。中古本でも必死に探していたオーディオ・ファイルは少なくない。今、それが叶ったのもA級の名録音盤がSACD、アナログ共に購入しやすい嬉しい状況になったこともある。中古盤やオークションを渡り歩く時間を少なく出来て音楽を聞く時間がもてる。こうしたガイド本が登場することで、 […] Posted in blog, Review
  • 古楽の楽しみ – 音楽の原点、麗しのアマリリ2013年11月25日 古楽の楽しみ – 音楽の原点、麗しのアマリリ 麗しのアマリリ わが甘き憧れの女よ […] Posted in Review
  • [バロックの森]最愛王ルイ15世の時代の音楽③2011年1月19日 [バロックの森]最愛王ルイ15世の時代の音楽③ 宗教曲の月曜日、オーケストラの音楽の火曜日。そして、水曜日の今朝は劇音楽、歌劇の音楽に焦点を当てた「バロックの森 ルイ15世の時代の音楽」です。年代を追って音楽の全容を学ぶのは楽しい事ですけれども、ルイ15世の時代のフランスバロック音楽は多様を極めていました。劇音楽と言っても現代的な歌劇から、歌って踊るミュージカルやボードヴィル・・・歌詞のついたバレエ音楽と言った方が分かり易 […] Posted in blog
  • Rise Up – 早く起きた朝は2011年4月11日 Rise Up – 早く起きた朝は 早起きは三文の得。朝日を撮影する機会も得られるし、3分間の深呼吸は夜の気持ちをリセットできます。撮影のタイミングを待っても、白い雲に覆われていると残念。それに今日も黄砂の予報が出ていました。朝日が夕焼けの黄金の海のようです。 写真は CX4( http://ow.ly/42pB1 […] Posted in blog
  • 《売約中》米RCA LM-2836 ハイフェッツ(Vn)、カペル(p)、ウォーレンシュタイン指揮ロサンゼルス・フィル、ブラームス:ヴァイオリン・ソナタNo.3、シンディング:組曲、ラヴェル:ツィガーヌ2012年1月10日 《売約中》米RCA LM-2836 ハイフェッツ(Vn)、カペル(p)、ウォーレンシュタイン指揮ロサンゼルス・フィル、ブラームス:ヴァイオリン・ソナタNo.3、シンディング:組曲、ラヴェル:ツィガーヌ 【室内楽曲】このレコードは売約中になっています http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e577643.html レーベル:米 RCA レコード番号:LM-2836 オリジナリティ:ホワイト・ドッグ・ラベル(1stラベル) モノラル スタンパー 1S/2S 曲目: ブラームス:ヴァイオリン・ソナタNo.3 […] Posted in blog
  • KABときめき試写会 スカイライン – 征服 –2011年6月14日 KABときめき試写会 スカイライン – 征服 – 早朝、青白い光と不気味な音で目を覚ましたジャロッド(エリック・バルフォー)とエレイン(スコッティ・トンプソン)は、窓の外に広がる異様な光景に言葉を失った。数えきれない程の謎の巨大飛行物体が地上の人々を次々と吸い上げていたのだ… 6月14日火曜日、午後6時30分からシネプレックス熊本で、KABときめき試写会。 via […] Posted in blog