フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィルによる《グレート》を本会で初めての蓄音器を通して聴いてみましょう

第9回 蓄音器を楽しむ会 無料コンサートのご案内

SP 盤で楽しむ名演、名盤

今年、最後の SP コンサートとなりました。
此の冬は寒さも例年になく厳しいような予報です。皆様方くれぐれも健康に留意されて、一人でも多く蓄音器特有の音を親しんでもらいたいと思っています。

フルトヴェングラーの『ザ・グレート』

さて 22 日の『第9回 蓄音器を楽しむ会 五福公民館無料コンサート』で聴いて貰うのはシューベルトの交響曲第9番ハ長調「ザ・グレート」。

これは、「この曲の最高」の演奏と言い切っていいだろう。アカデミックな聴き方をしようとしても圧倒され「フルトヴェングラー最高の演奏」と納得させられる。LP レコードで絶大な評価を得ている録音ですが SP レコードで聴くことは、まず無いだろうと思っていました。録音は1951年11月。ベルリン、イエス・キリスト教会でのセッション録音。

テープ収録を SP 盤の各面に合わせてマスタリングを作られたものだろうと思われる。音質は良質なのだから、LP で聴く音色と違うところが感じられるのは少ないだろうとは思います。それでも、とても興味深いことです。

7月29日のバイロイト音楽祭の初日に実況録音されたベートーヴェンの「第九」もある。この年は、フルトヴェングラーの最も多忙な一年となった。『戦争が終わった』とドイツの人々も感慨一入でもあった頃でもあり、演奏は「ドイツ的シューベルト」を微塵も残さず拭い去ろうとした、フルトヴェングラーがやりたいたいように純然と楽譜に書かれていることから音楽を創ることに没頭しています。

戦前、戦中、戦後の五大指揮者に数えられるヴィルヘルム・フルトヴェングラーですがナチに気に入られたことで、ウィーン・フィル、ベルリン・フィルを掌握します。それは楽団員には、フルトヴェングラーのために救われた才能も少なくないでしょう。オーケストラもそれは汲みとっていた、戦時中の演奏だったと思います。

国内から何処に行く事も出来ないドイツ国民の為に本物の音楽を聴かせたい。そういう信念で留まり、それが国民からも賞賛されたのでしょう。
民衆がフルトヴェングラーを賞賛したのは、それを感じていた人達も多かっただろうこと。
戦争時のドイツ・グラモフォンの演奏と、戦後EMIでの録音を聴き比べると音楽に対する姿勢には変化が感じられます。(写真は1952年、ベルリンでの撮影)

第9回 蓄音器を楽しむ会 無料コンサートのご案内

第 9 回 蓄音器を楽しむ会 無料コンサートのご案内

  • 日時 : 平成25年12月22日(第4日曜日) 午後 1 時 30 分より
  • 場所 : 熊本中央区細工町2-25 五福公民館 中会議室 ( 2 階 )
第1部 クラシック シューベルト作曲 交響曲第9番ハ長調 D.944
シューベルトの死後10年、1838年ロバート・シューマンによってシューベルトの兄の家で驚きの眼でもって発見された此の交響曲は一般的に「グレート」と呼ばれており、構想の雄大さの中にコンコンと湧き出る汲めども盡きない旋律の泉を想起させる叙情的な名曲です。メンデルスゾーンの指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団による初演以来、名指揮者による数々の演奏の中で今回はフルトヴェングラー指揮ベルリン・フィルによる演奏を、本会で初めての蓄音器を通して聴いてみましょう。ご期待ください。
第2部 持ち寄りコンサート
前回に時間内で聞くことが出来なかったプログラムによる残りの曲の外、くまもとの唄など聴いて楽しみましょう。

※ 今月は第4日曜の開催となりますので、お間違えの無いようにお願いします。

無料コンサートの情報はこちら

こちらの記事もどうぞ

  • 無料コンサート 下半期は、シューベルトの名曲、名演盤と、熊本の歌を特集します。2013年11月17日 無料コンサート 下半期は、シューベルトの名曲、名演盤と、熊本の歌を特集します。 昭和20年後半から30年代にはシューベルトのレコード録音が活発にありました。有名な録音なのにLPレコードの時代に再録音されたためやステレオ録音の名盤があるためにSPレコードでだけで聞くことができる忘れられた演奏家の音盤も少なくありません。その若鮎が跳ねるような音楽に心なごまされていた人達も多かったのではないかしら。 […] Posted in blog, Concert
  • 無料コンサート 蓄音器を楽しむ会(第4回)ご案内2013年7月17日 無料コンサート 蓄音器を楽しむ会(第4回)ご案内 蓄音器を楽しむ会(第4回)コンサートのご案内日時 : 平成25年7月28日(第4日曜日) 午後 1 時 30 分より 場所 : 熊本中央区細工町2丁目 五福公民館 中会議室 ( 2 階 […] Posted in blog, Concert
  • 無料コンサート 蓄音器を楽しむ会(第3回)ご案内2013年6月22日 無料コンサート 蓄音器を楽しむ会(第3回)ご案内 蓄音器を楽しむ会(第3回)コンサートのご案内日時 : 平成25年6月23日(第4日曜日) 午後 1 時 30 分より 場所 : 熊本中央区細工町2丁目 五福公民館 中会議室 ( 2 階 […] Posted in blog, Concert
  • 蓄音器でSPレコードを鑑賞しての感想2013年5月8日 蓄音器でSPレコードを鑑賞しての感想 椿姫の第三幕の前奏曲は素晴らしくて、帰宅後、カラヤンの間奏曲集をすぐに聴く羽目に成りました。聴きたくなってしまったのです!SPで聴く弦の音はなかなか雰囲気のある質感で良い感じでした。 […] Posted in blog, Concert
  • 田園のシンフォニー、田舎の生活と追憶 SPレコードでワルターの《田園》を聴く2015年1月24日 田園のシンフォニー、田舎の生活と追憶 SPレコードでワルターの《田園》を聴く 25日日曜日午後、今年最初の蓄音器コンサートを開催します。 曲はベートーヴェンの田園。 SPレコード時代から田園の名演奏としてスタンダードにまでなった録音です。この曲は欄外に記したように、ロマン派の標題音楽の先駆をなす交響曲と言われてもいます。 でも、文中の核とした通り、自然の描写ではなく自然に接してベートーヴェンの中から沸き上がる感謝の気持から生み出されたものという見方 […] Posted in blog, Concert
  • ベートーヴェンの《田園》の定番を聴く2015年1月11日 ベートーヴェンの《田園》の定番を聴く 私共の SP コンサート振り返ってみますと 1988 年(昭和 63 年)5月から市立熊本博物館で始まり約 25 年間にわたって毎月一回、299 回まで経続けいぞくして行って来ましたが博物館の大改装に伴う閉館(平成 25 年3月)のため、やむを得ず 2013 年(平成25年)4月からは場所を市立五福公民館に移し「蓄音器を楽しむ会」として第一回発足、今回で1年 10 ヶ月( […] Posted in blog