Untitled

チャイコフスキーの7曲のシンフォニー。《悲愴》を作曲後に着手したが破棄された楽譜をシンフォニーに復元した《交響曲第7番》を数えれば8曲の交響作品がある中で4番、5番、6番が三姉妹のような関係で固い絆で揺るぎない。この3曲のまとまりの良く、極めて知名度が高いのがムラヴィンスキーのレコーディング。

民族性の極めて個性的な演奏ほどダイナミックに音楽の真の姿に肉薄してる

ムラヴィンスキーが録音した「チャイコフスキー:交響曲第4-6番」の3曲はぜひ揃えておきたくなるクラシック好きのマスト・アイテム。
「1度買っていますよね、このお客さん。」ってケースが良くある代表的なレコード。
リリースは3枚それぞれだったので、3枚を揃えるのは難しい。発売された当時から評判がよかったので、発売枚数は多くてめぐり逢う確率は少なくないものだけれども今でもカタログから消えないほどなので、チューリップ・ラベルからブルーリングまでと盤のプレスが様々。

やはり3枚とも同じクオリティのプレスで揃えておきたいというのが、コレクターの心境なのでしょう。まずは SHM-CD 「チャイコフスキー:交響曲第4-6番」でしっかり聴いて、日本盤のLP、そしてオリジナル盤へとグレードアップしていくコレクターのメインストリートまっしぐらが一番でしょう。有名度:★★★★★

via amadeusclassics.otemo-yan.net

こちらの記事もどうぞ

  • 【案内】メーラー、FTPサーバーの緊急メンテナンスについて2011年3月22日 【案内】メーラー、FTPサーバーの緊急メンテナンスについて 晴れてはいるのに何故かぼやっとした空模様だな。と朝から感じていましたら、熊本は今年最初の黄砂を午前11時に観測しました。花粉警報も出ているのに、数日微風は耐えなく。花粉症は他の病気も引き起こすことがあるので気をつけたいものです。花粉症だからって根拠の無い予防策をとったり、花粉症だろうっと油断していると大変です。さて、サイト、画像、音声を置いているサーバーサービスからメンテナン […] Posted in blog
  • 音質は優秀、英EMI “SAX”セミ・サークル・ラベル エリザベート・シュワルツコップ、フェイヴァリット・シーン・アンド・アリア2011年9月28日 音質は優秀、英EMI “SAX”セミ・サークル・ラベル エリザベート・シュワルツコップ、フェイヴァリット・シーン・アンド・アリア ☞通販中 9月28日現在在庫あり 【声楽曲】 2011年9月16日から通販開始 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/ レーベル:英 EMI レコード番号:SAX 5286 オリジナリティ:セミ・サークル・ラベル、1stラベル 曲目:フェイヴァリット・シーン・アンド・アリア […] Posted in blog
  • ライオンに向けて充実のMacOSXアップデート iTunes 10.2.2 、 SAFARI 5.0.5 へ2011年4月20日 ライオンに向けて充実のMacOSXアップデート iTunes 10.2.2 、 SAFARI 5.0.5 へ 夏のライオンが目の前だ・・・夕べはアップデートをして、あれっ、わたしの耳の感度の調子かな?と思いましたけれども、今朝、今、iTunesを聴いていて音圧が上がった様に印象を持ちました。パフォーマンスが上がったというか無駄を省いて、オーディオのスペックが上がった感じです。変にイコライジング効果を使用してワイドな音場に聴こえる様にしているのではなくて、素の音、素朴な音。mp3の貧弱 […] Posted in blog
  • [ソフトウェア・アップデート]iDVD 7.1.1 へのアップデート。2011年1月21日 [ソフトウェア・アップデート]iDVD 7.1.1 へのアップデート。 再起動を求められるアップデートではなかったので音楽を聴きながらのアップデート状況の見守りでした。iPhotoからiDVDへのデータの相互性が強化されたという事らしいですね。と言うものの、iLife11になってから起動確認をしただけでiDVDはまだ使っていないので、アップデートの前後の効果は報告する経験はございません。 […] Posted in blog
  • 説明の必要の無い超人気盤 在庫有り カルロス・クライバー指揮ウィーン・フィル ベートーヴェン:交響曲No.5《運命》 ブルーリング・ラベル2011年5月9日 説明の必要の無い超人気盤 在庫有り カルロス・クライバー指揮ウィーン・フィル ベートーヴェン:交響曲No.5《運命》 ブルーリング・ラベル 流麗で艶やかなウィーン・フィルが、きびきびと演奏している。弦楽奏者がしゃかりきになって弓で弦をこする、松ヤニの飛沫の匂い。録音は超一流。ジャケットのデザインを観れば分かることですが、デジタル録音ではなくてアナログ録音の究極美のレコード芸術と言える完成度で、ベートーヴェンの誰もが知っている《運命交響曲》だけに、レコードの歴史上でも大きな足跡となったのでしょう。 […] Posted in blog
  • ぬりえ2010年11月12日 ぬりえ ぬりえ 幸せのクローバーを見つけた、モモ。 Posted in 未分類