古楽の楽しみ – コレギウム・ムジクムの創設 現代西欧音楽のスタート地点

バッハが市政にまで口を挟むような人でなく、バッハを監督していた上司が酒飲みでぐうたらでなかったらバロック音楽は遠くむかしに忘れ去られていたでしょう。
バッハが素晴らしい存在で、音楽も一点の濁りもなかったから今、音楽の手本となっていて影響を受けた作曲家の研究に及ぶことになったわけです。

西洋クラシックは、元来教会と宮中の限定された所有物でしたからドイツとフランスでそれぞれ発展をしていきます。フランソワ・クープランはフランス、ベルサイユの花型であり、テレマンはドイツに君臨しました。バッハ、ヘンデルといったクラシック音楽の中心に居た存在です。

そうした二人の研究が進む中でヴェックマンが浮かび上がってきます。彼はオルガンの音楽と合唱曲を多く残したぐらいですが音楽団体「コレギウム・ムジクム」を創設、バロック音楽初期の礎の存在です。

ウェックマンのソナタ

「4声のソナタ 第9番」

ウェックマン作曲
(6分08秒)
(演奏)ラ・フェニーチェ

「純白の公妃」

ウェックマン作曲
(1分59秒)
(ソプラノ)グレタ・ド・レイヘール
(演奏)リチェルカーレ・コンソート
<RICERCAR RIC 282>

クープランの組曲

「ヴィオール組曲 第1番 ホ短調」

フランソア・クープラン作曲
(24分39秒)
(ヴィオール)ミッコ・ペルコラ
(クラヴサン)アーポ・ハッキネン
<NAXOS 8.570944>

テレマンの組曲

「ドン・キホーテ組曲」

テレマン作曲
(16分24秒)
(演奏)エウローパ・ガランテ
(バイオリン、指揮)ファビオ・ビオンディ
<agogique AGO005>

こちらの記事もどうぞ

  • バロックの森 ― バッハ一族の音楽(1)・・・バッハ、はじめました。2010年10月11日 バロックの森 ― バッハ一族の音楽(1)・・・バッハ、はじめました。 バッハが活躍した時代には300人のバッハ姓の音楽家が居ました。バッハはドイツ語で“小川”を意味しますから粉ひきの仕事とゆかりがあります。名前から後々にバッハを姓として名乗るようになったのでしょう。当時の音楽家として最高権威に就いたので数多くいるバッハ一族の中でも“J.S.バッハ”として格段特別に置かれているわけです。 […] Posted in blog, Radio and Television, Review
  • アメリカのオリジナリティ メイン・ストリームを聴く2013年8月8日 アメリカのオリジナリティ メイン・ストリームを聴く オーケストラの水準を高めたのは、マーラーがニューヨーク・フィルの指揮者としての役割は大きかった。アメリカのオーケストラのレパートリーに、マーラーが重要なのは歴史の源になっていることなのです。アメリカのクラシック音楽を聴くときに、このミュージカルからの流れを視点にして聞いてみよう。 […] Posted in blog, Radio and Television, Review
  • 協奏曲の魅力(2)2015年2月2日 協奏曲の魅力(2) 古楽器の演奏で協奏曲の魅力を楽しむ4日間。二回目でようやく私たちが普通にヴァイオリン協奏曲と感じるヴィヴァルディが登場する。『ラ・ストラヴァガンツァ』の意味は奇妙、狂態・・・ソリストが名人芸を披露するのは、俺たちは添え物かよってアンサンブルに振り分けられた演奏者はがっぱりしたでしょうね。でも、それが大衆には分かりやすい音楽スタイルとして刺激になったのでしょう。だから、その後、 […] Posted in Radio and Television
  • クリスマスに聴く古楽の嗜み2013年12月23日 クリスマスに聴く古楽の嗜み クリスマスの12日間に嗜むバロック音楽選。バッハのカンタータ第36番「喜びて舞い上がれ」や「天からくだって」によるカノン風変奏曲、コレルリの「クリスマス協奏曲」、グリニーの賛歌「日の出ずるところより」、そのほか様々な作曲家の作品。 […] Posted in blog, Review
  • 古楽の楽しみ ― 音楽はイギリスから海を渡ってドイツにやって来た2013年11月27日 古楽の楽しみ ― 音楽はイギリスから海を渡ってドイツにやって来た バッハも手本にした音楽。ファッシュの作品は残されているものが少ないですが、その音楽スタイルはバロック時代の曲であることを意識させないモーツァルトよりも新しさを感じられるものです。不覚にもイギリスは音楽後進国となったわけですが、ダウランドを生み出した英国の誇りは揺らぎません。 […] Posted in Radio and Television, Review
  • 古楽の愉しみ ホルンの魅力2013年8月8日 古楽の愉しみ ホルンの魅力 中世、狩りをするときに馬上で角笛を吹いて、後方との連絡をした。この角笛がホルンの起こりです。管楽器の中でベルと呼ばれるラッパが後方を向いている唯一の存在です。このベルに握りこぶしを入れて出す強弱と、唇で出す音程は一様でないふくよかさが演奏者の個性でホルンという楽器に魅了される大きなポイントです。 […] Posted in blog, Review