心躍る 踊る音楽

「バレエ音楽“くるみ割り人形”から“花のワルツ”」(6分55秒)
チャイコフスキー作曲
(管弦楽)
フィラデルフィア管弦楽団
(指揮)
ユージン・オーマンディ

<30DC554>

「スラブ舞曲 作品72から 第2番」(4分50秒)
ドボルザーク作曲
(管弦楽)
クリーブランド管弦楽団
(指揮)
ジョージ・セル

<SRCR9861>

「喜歌劇“天国と地獄”序曲から」(2分30秒)
オッフェンバック作曲
(管弦楽)
スイス・ロマンド管弦楽団
(指揮)
エルネスト・アンセルメ

<KICC9079/80>

「バレエ音楽“春の祭典”第2部から“いけにえの踊り”」(4分30秒)
ストラヴィンスキー作曲
(管弦楽)
パリ音楽院管弦楽団
(指揮)
ピエール・モントゥー

<KICC8620>

「ワルツ“金と銀”」(7分22秒)
レハール作曲
(管弦楽)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)
ウィリー・ボスコフスキー

<POCL-5057>

こちらの記事もどうぞ

  • 今日は一日“戦後歌謡”三昧 – 2011年4月29日、NHK-FM2011年4月30日 今日は一日“戦後歌謡”三昧 – 2011年4月29日、NHK-FM 祝日にNHK-FMで放送されている「今日は一日○○三昧」。4月29日は“戦後歌謡”でした。リクエストで選曲されているから、キャンディーズの“あなたに夢中”がオンエアされたときには済し崩しにキャンディーズ特集になるのではないかと思いました。でも、14曲が紹介された三橋美智也さんの特集となったのは聴き手の趣向が違っていたという事でし […] Posted in blog
  • 最後のカストラート 曲は、アヴェ・マリア [1904]2010年12月27日 最後のカストラート 曲は、アヴェ・マリア [1904] 男声ソプラノと日本語表記すると、女声ソプラノを女性ソプラノと誤変換されていることもあるのでソプラニスタとか言う言葉がいつの間にか出来ていたように思います。前からあった言葉ではなかったと思うけど、どうでしょう? […] Posted in 未分類
  • フルート・アンサンブルの名曲《葦笛の踊り》〜甘いアーモンドの精が吹くおもちゃの笛2013年12月12日 フルート・アンサンブルの名曲《葦笛の踊り》〜甘いアーモンドの精が吹くおもちゃの笛 ゲストに小池郁江さんを迎えてのフルートが魅力的な選曲が次々。フルートの曲から出題されるかしら。そう思いながら聞いていた。そのきらクラDON。答えはチャイコフスキーの《くるみ割り人形》から《葦笛の踊り》。同組曲中の《中国の踊り》、《金平糖の踊り》と似ていますね。フルーティストたちを魅惑する短くて愛らしい名曲ですね。 […] Posted in blog, Radio and Television
  • [バロックの森]最愛王・ルイ15世時代の音楽 ①2011年1月17日 [バロックの森]最愛王・ルイ15世時代の音楽 ① 今週の「バロックの森 NHK-FM 2011年1月17日、月曜日 午前6時放送」は、最愛王と言われたルイ15世の音楽の一週間。昨年の11月の最終週にも関根敏子さんのご案内で聞きましたね。そのつづきというもので、ともかくもバロック音楽が最も華やかだった時代。フランスでの流行は、イタリア、ドイツ、イギリスに大きく影響しました。 - ルイ15世時代の音楽 -(1) […] Posted in blog
  • フラット盤、チューリップラベル カール・リヒター指揮ベルリン・フィル、ハイドン:交響曲No.94《驚愕》、No.101《時計》2011年9月28日 フラット盤、チューリップラベル カール・リヒター指揮ベルリン・フィル、ハイドン:交響曲No.94《驚愕》、No.101《時計》 ☞通販中 9月28日現在在庫あり 【交響曲】 2011年9月16日から通販開始 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/ レーベル: 独 DEUTSCHE GRAMMOPHON レコード番号: SLPM 138 782 オリジナリティ: チューリップ・ラベル、フラット盤   曲目 […] Posted in blog
  • [今日のお薦めクラシック番組]今日は一日“古楽”三昧 2011年2月11日(祝・金) 午後0時15分〜6時50分 http://amzn.to/fnaa7d2011年2月11日 [今日のお薦めクラシック番組]今日は一日“古楽”三昧 2011年2月11日(祝・金) 午後0時15分〜6時50分 http://amzn.to/fnaa7d バロック音楽ってヨーロッパだけのクラシック音楽だって思っていませんか?曲名は知らなくても《ブラジル風バッハ第5番》のアリアは好きな音楽ではありませんか?モーツァルトのオペラや、ロッシーニのオペラはイタリア語で歌われていてもスペインを舞台にしていたりします。そう、スペインから南米にバロック音楽も一緒に伝わっていったのです。ポテトが南米からヨーロッパに伝えられましたけれども、南米 […] Posted in blog