あなたが去ったその後でも、わたしが道に迷った時には耀く光で行くべき道を見失わないように生き続ける勇気を与えて欲しい・・・映画「炎のメモリアル Ladder 49 」 http://ow.ly/3ZeGc

海老天丼の夕食を済ませてから、テレビで映画を観ました。地上波RKK熊本放送で、2005年に日本公開、DVDリリースされたアメリカ作品「炎のメモリアル Ladder 49」( http://amzn.to/hwKHWz )が、パジャマでシネマで放送されていました。「9.11同時多発テロの現場で英雄的な活躍を繰り広げた消防士たち。彼らに、心からのリスペクトを捧げたい。そんな純粋な思いから、1本の傑作映画が誕生した・・・」と云う番組解説を早とちり。9.11が起こるまでの前経過?9.11で活躍した消防師さんの活動を描いている映画と思って観ていました。

炎のメモリアル プレミアム・エディション [DVD] 評価:★★★★

 

身体中に大やけどを負ったものの、死んだ人の皮膚を移植して貰って「かろうじて死は免れたよ」とベッドで主人公の親友が本音を続けます。子供には見舞いに来させたくない。子供たちにとって自分は英雄なので、今の姿を見せたくない。いっそのこと現場で死んでしまっていた方が良かった。

自分の思うように動けない身体で居る事は、どれほどの苦痛でしょう。いらだちだって表現できないのですからね。

消防士の本音、しっかりでていました。出動した後、子供を見守りながら夫の帰りを待つ若妻の胸の内、ジンと受け止める事が出来ました。

あなたが去ったその後でも、わたしが道に迷った時には耀く光で、行くべき道を見失わないように生き続ける勇気を与えて欲しい。」エンディングの主題歌の歌詞は、この映画が消防士のヒューマンドラマの形をとってはいるものの、銃後を護る防衛隊員と家族の映画に移し替えて鑑賞する事も可能なものだと感じさせてくれました。

日本語吹き替え版も、平易な言葉でとても分かり易い出来です。最近何故か日本語吹き替え版でも、いったんシーンのやりとりを反芻して整理しないと先へ進めないような映画が少なくありません。字幕をひたすら追っかけるばかりで、映像の楽しみを半減させてしまっている映画も少なくないと思います。作品として記憶にとどまる映画にはならないと思うけれども、心にしっかり着床しました。

番組解説の「9.11…」無しで充分に観た人の心には残る映画です。むしろ作品にとってはない方が良いんじゃないかしら。でも、それでは注目させにくそうな映画とも居ますね。ともかくも感心するのが群像映画をアメリカは上手く撮るなあ、と云う事です。日本だとプライヴェートにとどまってしまいそう。それに若妻など脇の締め付けは上手くて、涙ぽろぽろ、手に汗握る映画ではなくてもグッと来るものをグィッと押し込んでくれています。評価:★★★★

 

こちらの記事もどうぞ

  • シャツの音楽① 「EAST – West」。13分の曲を5分間のシングル盤サイズにしてみました。2011年2月28日 シャツの音楽① 「EAST – West」。13分の曲を5分間のシングル盤サイズにしてみました。 夕方5時過ぎから2時間ほどPOSTEROUSがデータベースのメンテナンスに入って、連携しているブログからアクセスできない状態になっていました。今でも管理画面にはメンテナンスの案内が表示されていますので、ユーザー毎に順次行われているのでしょう。さて、わたしのファンだという男友達がお気に入りの『ロックのポスターをあしらったシャツ』姿をいつも届けて下さいます。今日のはポルバタ。有名 […] Posted in blog
  • 映像の中のクラシック名曲:海外ドラマ「4,400 生還者たち シーズン3」でイザベルがいきなり弾いていたピアノの名曲の《アレグレット》を聴く。2011年2月17日 映像の中のクラシック名曲:海外ドラマ「4,400 生還者たち シーズン3」でイザベルがいきなり弾いていたピアノの名曲の《アレグレット》を聴く。 短い奏句と和音を幾つか…それだけでも分かる曲ってそうはない。まず浮かんでくるのは作曲家の顔です。それでもその顔がショパンだったら、たとえ1分間聴く事が出来たとしてもワルツや夜想曲といった作品群までは分かっても作品何番だったかまでは、わたしには難しい。確認の為に音を聴きだしたならば、尚更に迷路に追い込まれてしまいます。 […] Posted in blog
  • 映像の中のクラシック名曲「総理の密使〜核密約42年目の真実」で、ワーグナー作曲トリスタンとイゾルデの《愛の死》が冒頭で使われていました。 #tbs2011年2月21日 映像の中のクラシック名曲「総理の密使〜核密約42年目の真実」で、ワーグナー作曲トリスタンとイゾルデの《愛の死》が冒頭で使われていました。 #tbs 沖縄はアジア最大の核爆弾の保管庫だった。『沖縄が戻ってきて、ようやく日本の戦後は終わる。」・・・是正はそれから初めても遅い事はないと言う事が、戦後の大人たちの優先目的だったようですね。色んなところで『日本の戦後が終わる』為に頑張った人たちが居たのは、その人だけではなく、その人の後ろに同じ思いの大人たちがたくさんいたからじゃないかしら?荒廃した街を見回して、幼い子供たちに日本に […] Posted in blog
  • 名盤カレンダー2011年1月29日 名盤カレンダー 既に卓越した名人芸で半世紀の人気を誇ったフリッツ・クライスラー。機械式録音から、電気録音まで、自分の演奏をレコード盤として残せて、それを永遠に後世の人が愛して聴くことを思えば、楽譜が出版されて忘れないで演奏されることに望みを託したそれまでの音楽家よりも恵まれていると感じていたのでしょう。クライスラーの作曲の腕は、「愛の喜び」や「美しきロスマリン」が結婚式やお祝いパーティでは良 […] Posted in blog
  • Movie Blog 雪が踊っている。2011年2月15日 Movie Blog 雪が踊っている。 おはようございます。炊きたての御飯に金山寺納豆、と卵御飯、アサリの味噌汁で朝ご飯を済ませました。時折雨が降ってそうでしたけれども、午前7時。今は曇り空の熊本。気温は低いけど厳しい寒さではありません、空気中に湿度が充分詰まっているようです。さて、土曜日に雪が降り出したところをムービーにとっておいたので、まずはそのままアップします。 […] Posted in blog
  • ヴェルディのデスマスクと、音楽は100年前に録音された「プロヴァンスの海と空」 [1912]2011年1月11日 ヴェルディのデスマスクと、音楽は100年前に録音された「プロヴァンスの海と空」 [1912] 髭が生えている男の人は、わたしには個人格を認識できない。ヨハン・シュトラウスのようにしっかりとかっこよく髭を整えていて似合っている友人が居ます。夏に出逢った時は白い涼しげなスーツに帽子といった出で立ちでした。まさにヴェルディの「プロヴァンスの海と空」が漂うような男性です。もみあげや顎髭もしっかり黒々というのは魅惑を感じるのですけれども、唇の下に剃り残しか無精髭かなと思えると整 […] Posted in blog