うぐいす・・・ですよね?

うぐいす・・・ですよね?

今年初めての出逢いです。

玄関を開けたら、大慌てで向かいの樹に飛んでいきました。

ホーホケキョ・・・とはまだ鳴けないようです。

ぎゃぎぎゅぎぇぎょっ、って木の枝に

すがりつくようで、哀れでした。

知っていたなら、そっと扉を開けたのに

まだまだ、畏れるものがたくさんあるのでしょうね。

高い高い樹のとっぺん先に留まって、声をこらしてわたしの様子を伺っているようでした。

その後ろをエサを咥えて、すり抜けていったカラスにも気がつかないようでした。

 

こちらの記事もどうぞ

  • 最初期の録音☆米EVEREST SDBR 3201☆ホワイトラベル☆マニタス・デ・プラタ/ギターの芸術2012年2月28日 最初期の録音☆米EVEREST SDBR 3201☆ホワイトラベル☆マニタス・デ・プラタ/ギターの芸術 通販中 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e597162.html 【ジャズ、フラメンコ】 レーベル:米EVEREST レコード番号:SDBR 3201 ラベル:ホワイト・ラベル タイトル:ギターの芸術 演奏:マニタス・デ・プラタ(g,vo) 盤コンディション:NM ジャケットコンディション:NM- […] Posted in blog
  • トムとジェリーはどちらが上手?2010年10月14日 トムとジェリーはどちらが上手? 弥次さん喜多さん。或いは、八っつあん熊さんといったニュアンスがあるのでしょうか、トムとジェリーと言えばサイモンとガーファンクルが学生時代に名乗っていたコンビ名。そして猫とネズミのトムとジェリーのアニメーション。1932年のアニメーション「トムとジェリー」は、サックス・セールスマンの青年コンビの漫画映画です。ケガをしている飼い犬はスヌーピーに似ているし、ミッキーマウスを思わせる […] Posted in 未分類
  • US RCA LSC-2314 HEIFETZ, MUNCH, BOSTON SYMPHONY – MENDELSSOHN and PROKOFIEFF : Violin Concertos http://amzn.to/rlSCoV2011年9月13日 US RCA LSC-2314 HEIFETZ, MUNCH, BOSTON SYMPHONY – MENDELSSOHN and PROKOFIEFF : Violin Concertos http://amzn.to/rlSCoV   【協奏曲】US RCA LSC-2314 HEIFETZ, MUNCH, BOSTON SYMPHONY - MENDELSSOHN and PROKOFIEFF : Violin Concertos http://flic.kr/p/akTxsH レーベル: 米 RCA レコード番号: LSC-2314 オリジナリティ: […] Posted in blog
  • 第295回 蓄音器でレコードを楽しむコンサートのご案内2012年11月6日 第295回 蓄音器でレコードを楽しむコンサートのご案内 第四番は強壮な第三番と闘争的な第五番との間の休養(リクリエーション)である。シューマンが「恰(あたか)も二人の北国の巨人の間に立っている清麗なギリシャ乙女」だといったのは当を得ている。録音も余り多くない。トスカニーニの指揮、良くあるNBCではなく、BBCのオーケストラとのレコードを聞きます。 […] Posted in blog
  • スリムで美しい★ワルター、モーツァルト:後期六大交響曲 2EYEラベル、初発BOX2010年12月1日 スリムで美しい★ワルター、モーツァルト:後期六大交響曲 2EYEラベル、初発BOX 世代に関係なく話題にすぐ入れるのが嬉しいクラシック音楽。ロックはお気に入りのレコード、CDのジャケットを見せて貰っているだけで年代が把握できる感じがします。ジャズもそういったところが若干あるかな。マイルス・デイヴィスが好きだと話しがあったところで、好きなアルバムのタイトルをあげて貰うと世代で別れるものです。どのアルバムから聴くようになったと言うことなく、その人の実年齢が愛好す […] Posted in 未分類
  • 雨の月曜日 バレンタインの教訓:USBは繋ぎっぱなしにしないこと2011年2月14日 雨の月曜日 バレンタインの教訓:USBは繋ぎっぱなしにしないこと 以前使っていたカメラはiMacとUSB接続すると、ランプが点滅していたからiPhotoに取り込んだら接続を解除する習慣がついていました。雨の月曜日、夕暮れ直前の空を撮ろうと1枚試しシャッターを切ったところで電源がシャットオフしてしまいました。 デジタルカメラはUSB接続中は、電源は供給されると思っていたから驚き。 […] Posted in blog