古楽の愉しみ ホルンの魅力

中世、狩りをするときに馬上で角笛を吹いて、後方との連絡をした。この角笛がホルンの起こりです。
管楽器の中でベルと呼ばれるラッパが後方を向いている唯一の存在です。
このベルに握りこぶしを入れて出す強弱と、唇で出す音程は一様でないふくよかさが演奏者の個性でホルンという楽器に魅了される大きなポイントです。

IMG_4360

オーケストラの楽器の中で、一番最初に興味を惹かれる楽器ではないでしょうか。
ヘルマン・バウマンは、わたしが最初に覚えた奏者でした。そして、彼の音をきっかけにオーケストラの楽器を聞き分ける機会となり、オーケストラの違いさえ感じられるようにまで成りました。

「パヴァーヌ 第4番」 バチェラー作曲
(4分16秒)
(リュート)ルッツ・キルヒホーフ
<SONY CLASSICAL SRCR 2451>

 

「エセックス伯のガリアード」 ダウランド作曲
(1分31秒)
(リュート)ルッツ・キルヒホーフ
<SONY CLASSICAL SRCR 2451>

 

「2つのホルンのための協奏曲 ヘ長調 TWV52:F4」
テレマン作曲
(7分33秒)
(ホルン)シュテファン・ドール
(ホルン)ゲオルク・シュレッケンベルガー
(演奏)ベルリン・バロック・ゾリステン
(バイオリン、指揮)ライナー・クスマウル
<東芝EMI TOCE-55346>

 

「歌劇“ジュリアス・シーザー”第1幕 第9場から
アリア“抜け目のないかりゅうどは”」
ヘンデル作曲
(6分48秒)
(カウンターテナー)アンドレアス・ショル
(ホルン)クリスティアン・フリードリヒ・ダルマン
(演奏)ベルリン古楽アカデミー
<HARMONIA MUNDI(仏) HMC 901685>

 

「ブランデンブルク協奏曲 第1番 ヘ長調 BWV1046」
バッハ作曲
(18分18秒)
(ホルン)アンドルー・ジョイ
(ホルン)ラファエル・フォセラー
(演奏)ムジカ・アンティクァ・ケルン
(バイオリン、指揮)ラインハルト・ゲーベル
<ユニバーサル UCCG-3101-2>

 

「ミサ曲 ロ短調 BWV232の“グロリア”から
“主だけが神聖であって”~“聖霊とともに”」
バッハ作曲
(8分11秒)
(バス)スティーヴン・ヴァーコー
(ホルン)マイケル・トンプソン
(合唱)モンテヴェルディ合唱団
(演奏)イングリッシュ・バロック・ソロイスツ
(指揮)ジョン・エリオット・ガーディナー
<ポリドール POCA-2136-7>

こちらの記事もどうぞ

  • ナチュラル・トランペット作品集 – Vivarte シリーズのなかでも目立たないけど忘れがたくなる一枚になるだろう2013年9月29日 ナチュラル・トランペット作品集 – Vivarte シリーズのなかでも目立たないけど忘れがたくなる一枚になるだろう これは非常に素敵なアルバムだった。旅先に連れ出すのが良いだろう。ロマンティックな男女の旅の演出では無しに、気分転換のリフレッシュが出来る。ドライブや通勤途中の渋滞に聴くにも向いているだろう。ただ聞き入って青信号になって出遅れないで欲しい。愛聴盤になった。 使用しているトランペットは『ナチュラルトランペット』という、現代のピストン式トランペットではない。トランペットというと、ど […] Posted in Concert, Products, Review
  • アメリカのオリジナリティ メイン・ストリームを聴く2013年8月8日 アメリカのオリジナリティ メイン・ストリームを聴く オーケストラの水準を高めたのは、マーラーがニューヨーク・フィルの指揮者としての役割は大きかった。アメリカのオーケストラのレパートリーに、マーラーが重要なのは歴史の源になっていることなのです。アメリカのクラシック音楽を聴くときに、このミュージカルからの流れを視点にして聞いてみよう。 […] Posted in blog, Radio and Television, Review
  • クリスマスに聴く古楽の嗜み2013年12月23日 クリスマスに聴く古楽の嗜み クリスマスの12日間に嗜むバロック音楽選。バッハのカンタータ第36番「喜びて舞い上がれ」や「天からくだって」によるカノン風変奏曲、コレルリの「クリスマス協奏曲」、グリニーの賛歌「日の出ずるところより」、そのほか様々な作曲家の作品。 […] Posted in blog, Review
  • 古楽の楽しみ – コレギウム・ムジクムの創設 現代西欧音楽のスタート地点2013年11月26日 古楽の楽しみ – コレギウム・ムジクムの創設 現代西欧音楽のスタート地点 バッハが市政にまで口を挟むような人でなく、バッハを監督していた上司が酒飲みでぐうたらでなかったらバロック音楽は遠くむかしに忘れ去られていたでしょう。 バッハが素晴らしい存在で、音楽も一点の濁りもなかったから今、音楽の手本となっていて影響を受けた作曲家の研究に及ぶことになったわけです。西洋クラシックは、元来教会と宮中の限定された所有物でしたからドイツとフランスでそれぞれ発展 […] Posted in Radio and Television, Review
  • バロックの森 ― バッハ一族の音楽(1)・・・バッハ、はじめました。2010年10月11日 バロックの森 ― バッハ一族の音楽(1)・・・バッハ、はじめました。 バッハが活躍した時代には300人のバッハ姓の音楽家が居ました。バッハはドイツ語で“小川”を意味しますから粉ひきの仕事とゆかりがあります。名前から後々にバッハを姓として名乗るようになったのでしょう。当時の音楽家として最高権威に就いたので数多くいるバッハ一族の中でも“J.S.バッハ”として格段特別に置かれているわけです。 […] Posted in blog, Radio and Television, Review
  • 古楽の楽しみ – 音楽の原点、麗しのアマリリ2013年11月25日 古楽の楽しみ – 音楽の原点、麗しのアマリリ 麗しのアマリリ わが甘き憧れの女よ […] Posted in Review