《バロックの森》ルイ15世時代の音楽⑥ ヴァイオリンはダンスのための楽器

天使がヴァイオリンらしきものを携えている古い絵画や彫像が、幾らもあります。『らしきもの』とされているように、よくよく観ると違うよう。そもそもヴァイオリンは、いつ頃どういう経緯で誕生したのでしょう。結論を先に答えるならば根拠不明。音楽史の上でヴァイオリンの名手にして、今でも演奏される機会の多い重要な作曲家はコレルリ。ヴァイオリン音楽を芸術音楽として最初に記録されます。もしもヴァイオリン音楽を発展させるヴィヴァルディの存在がなかったとしたら、現在の認識以上に誰もが知った作曲家の名前になっていた事でしょう。

楽器を手にしている絵画としては女神が抱いているハープが最も古いもの。総ての楽器の発展の源にはハープがあります。これも現代のようなメカニックを持ったハープではなく、竪琴。もとは猟のための弓を遊び半分だったのか、魔除けのマジナイかかき鳴らしていた行為が音楽の根本だというのが音楽史のお勉強には出てきます。

さてヴァイオリンですが、1,500年半ばに唐突に登場します。ほぼ現代のヴァイオリンの構造をしている事は驚きですけれども、その形状や大きさは多様性を極めていました。バロック・ヴァイオリンと言われる古い楽器を観ていると昆虫を観ているような錯覚を感じます。バッタに似ていませんか。葉っぱに擬態できるナナフシに似ています。

ヴァイオリン音楽を芸術音楽として…と冒頭に言いましたけれども、ヴァイオリンはそもそも民衆の間で誕生した楽器でした。その為に教会などで使用されるようになるまで空白の期間があります。とすれば弓からヴァイオリンが着想されたのではなくて、鋤とか鍬とか農具に何か弦状のものを張って慣らしていたのが起こりではないかとは、わたしの勝手な考えですがどうでしょう。無謀でしょうか?

フィドルというヴァイオリンによく似た楽器があります。踊る時にあごで挟んで演奏したものですが、ギターやヴィオールだと抱えたり膝で挟んで演奏したりで踊るには向きません。小型にしたら肩にのせられるんじゃないか?そういう発想があったのでは?

バロックの森 -ルイ15世時代の音楽-(6)

関根敏子(番組案内:2011年1月22日土曜日、午前6時からNHK-FMで放送)
– ルイ15世時代の音楽 -(6)

「バイオリン・ソナタ集 第3巻の ソナタ 第7番 イ短調から
抜粋」ルクレール作曲
・第1楽章 (3分51秒)
・第3楽章 (3分53秒)
・第4楽章 (3分18秒)


(バイオリン)ジョン・ホロウェイ
(チェロ)ヤープ・テル・リンデン
(クラヴサン)ラルス・ウルリク・モルテンセン
<ECM NEW SERIES 476 6280> 放送で使用されたCD Sonatas

 

「2つのバイオリンのためのソナタ集 第2巻の
ソナタ 第1番 ロ短調から 第3楽章」ルクレール作曲 (4分16秒)


(バイオリン)パウル・エレーラ、戸田薫
<Enzo recordings EZCD-10009-10> 放送で使用されたCD ルクレール 二つのヴァイオリンのためのソナタ集 第2巻

 

「フルート・ソナタ集 第3巻から ソナタ 第2番 ロ短調」 ブラヴェ作曲 (7分48秒)


(フラウト・トラヴェルソ)フランク・トインス
(クラヴサン)エヴァルト・デメイエール
<Accent ACC23154> 放送で使用されたCD Blavet: Flute Music

 

「バイオリン・ソナタ集“ハーモニクス”作品4の
ソナタ 第1番 ロ短調から 抜粋」モンドンヴィル作曲
・第1楽章 (2分22秒)
・第2楽章 (2分27秒)
・第4楽章 (2分44秒)


(バイオリン)ヤープ・シュレーデル
(ヴィオール)フィリップ・フーロン
(クラヴサン)ロレンツォ・ギエルミ
<Mandala MAN4843> 放送で使用されたCD Baroque Violin in France

 

「フルート協奏曲 ニ長調」 ノード作曲 (10分24秒)


(演奏)カペラ・サヴァリア
(フラウト・トラヴェルソ、指揮)パール・ネーメト
<Hungaroton classic HCD31600> 放送で使用されたCD 6 Flutes Concertos

 

 

 

 

 

こちらの記事もどうぞ

  • エドモン・クレーマンのレコード2014年7月26日 エドモン・クレーマンのレコード クレーマンの『マノンの夢』ほど、旧盤レコード・コンサートで感動を誘うものは無い。ファーラーも、メルバも、カルーソーも、タマニョも聴き尽くしたあとで、このレコードを聴かせると場内は殆ど夢見るような空気に籠められ、静かな、浄化された一種不思議な感動に誘い込まれるのである。 「あゝ、クレーマンの『夢』は矢張り一番良かった」 そういう囁きを私は幾度となく聴いて居る。これは実に不思議 […] Posted in blog
  • 葉桜越しの宵月2011年5月16日 葉桜越しの宵月 阿蘇山の噴火と聞いて、多くの人が関心を向けてしまったほど近頃自然災害に過敏になっていませんか。被災地支援には過剰と思える行動をしている熊本だけど、阿蘇の活動には冷静すぎるのかも知れません。『2年ぶりの噴火』に久し振りだな、と言う程度かも知れません。『降灰の確認』は少し軽快してもいいかもしれないと思えます。灯台もと暗しにならないと良いのだけれど。大きなカルデラの底にある熊本です […] Posted in blog
  • 《福島氏推薦5つ星名盤》が半額以下!★米LONDON CSA2243 – ゴールドベルク(Vn)、ルプー(p) – モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタNo.27,30,32,40,41 2枚組BOX – 試聴あり2012年4月5日 《福島氏推薦5つ星名盤》が半額以下!★米LONDON CSA2243 – ゴールドベルク(Vn)、ルプー(p) – モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタNo.27,30,32,40,41 2枚組BOX – 試聴あり ヴァイオリンとピアノの2つの楽器だけで、こうも美しい音楽が奏でられるとは神秘的でもある。3月26日の夜に、金星と木犀が月を挟んで等間隔の美で魅了させてくれた様に幾億とある星の瞬きにも勝る様です。楽器が弾けるなら自分もトライしてみたいと思わせるのも、この演奏が持っている独特の個性ではないでしょうか。 売約あり。 【室内楽曲】ストアサイトで通販中 […] Posted in blog
  • 蛇の目ごしにものを見ている男たち2014年1月22日 蛇の目ごしにものを見ている男たち ある盗賊団の頭が死んだ。残された子分は頭が溜め込んでいたはずの大金を探すが見つからない。とうとう、新しい頭を立てて押し込み働きをするようになった。そこに、鬼の平蔵が待っていた。「俺のやり方は行き過ぎだと上から避難されるだろう。どうお裁きを受けることになるかわからないけど、今の江戸じゃ俺がしないで誰がやれる仕事だ」は名言 […] Posted in blog, Review
  • ショパンの別れの曲は、出逢いを待ち焦がれている思いを込めて2010年10月31日 ショパンの別れの曲は、出逢いを待ち焦がれている思いを込めて 日本でだけ、“別れの曲”の題名で親しまれている練習曲 作品10第3。1934年のフランス映画「 Le Chanson de L'adieu […] Posted in 未分類
  • あらためまして。はじめまして。3月、新しいスタートです。2011年3月1日 あらためまして。はじめまして。3月、新しいスタートです。 熊本交通センターから最も近いデパートとして、2月23日。岩田屋伊勢丹から岩田屋、そして、くまもと阪神百貨店として繁華街の中心にある鶴屋デパートに対してきましたが、2003年2月から続いていた阪急阪神百貨店からの協力態勢の契約が満了。更新されなかった為、店名を『県民百貨店』に改めての中身はお馴染みの再スタート。 See and download the full […] Posted in blog