《バロックの森》ルイ15世時代の音楽⑤ マレの音楽はロック以上にロックしている。

楽器の博物館。或いは、古い楽器を鑑賞する機会があると長時間居ても飽きない。楽器の成り立ちと言っても笛の類は、土偶時代からって・・・こちらの方よりも、興味津々なのは弦楽器のはじまり。弦楽器のファミリーは現代ではヴァイオリンを中心に考えがちだけれども、チェロが最初のお父さん。それよりも大きいコントラバスとの中間の楽器でヴィオールという弦楽器が最初のはじまり。ジャズ・ファンだったらウッドベースをイメージして貰うと分かり易いです。

大きいと言ってもヴィオールにもサイズは様々に存在します。ヴィオールはヴィオラの語源になっているもので、弓で弾く楽器を総してヴィオールと呼びます。バロックの演奏会でもヴィオラ・ダ・ガンバと言って膝の間に挟んで弾く大きなヴァイオリンを観る事がありますけれども、ヴァイオリンの形よりも肩が細くなで肩で、ギターのようです。ヴィオールのための曲をたくさん作曲したマラン・マレの肖像画がヴィオールを弾く姿としても有名ですが、ビートルズのポール・マッカートニーに似ていませんか。初めてマラン・マレの独奏ヴィオールのための曲を聴いた時には、クラシック音楽の概念が消え去りました。ロックよりもアヴァンギャルドで面白いです。

今朝のバロックの森「ルイ15世時代の音楽」第5回目は、ヴィオールとチェロのための音楽です。

 

バロックの森 -ルイ15世時代の音楽-(5)

番組案内:関根敏子 2011年1月21日金曜日、午前6時からNHK-FMで放送。
– ルイ15世時代の音楽 -(5)

「ヴィオール曲集の組曲 第2番から」 ドレ作曲
・楽しみ ・父マレーへのトンボー (9分27秒)


(ヴィオール)ヴィーラント・クイケン
ジギスヴァルト・クイケン
(クラヴサン)ロベール・コーネン
<Accent ACC 67808D> 放送で使用されたCDは海外盤、フランス・ディアパソンで称賛された録音です Late French Viol Music

 

  1. 「ヴィオール曲集から“フォルクレー”」 アントアーヌ・フォルクレー作曲 (3分26秒)
  2. 「“コンセールによるクラヴサン曲集”から“フォルクレー”」 ラモー作曲 (4分50秒)

(ヴィオール)マリアンヌ・ミュレール
エミリー・オードゥアン
(クラヴサン)ヴィオレーヌ・コシャール
<Zig-Zag Territoires ZZT080302> 放送で使用されたCDは海外盤 Tombeau Pour Mr De Ste Colombe

 

「ヴィオール曲集から」 アントアーヌ・フォルクレー作曲
・シルヴァ ・サラバンド・ドボンヌ ・サンシ (13分55秒)


(演奏)シャリヴァリ・アグレアーブル・シンフォニー
<Signum SIGCD008> 放送で使用されたCDは海外盤で2002年の発売。カタログ落ちはしていないようなので廃盤ではなさそうです。増版待ちか製造中止か微妙なところ。 Forqueray: Jupiter mp3アルバムの試聴、ダウンロードはできます Jupiter

 

  1. 「チェロ・ソナタ集 第3巻から ソナタ 第2番 ニ短調」 バリエール作曲 (8分34秒)
  2. 「チェロ・ソナタ集 第4巻の ソナタ 第4番 ト長調から  第3楽章“アレグロ・プレスティシモ”」バリエール作曲 (3分04秒)


(チェロ)デーヴィッド・シンプソン
アントアーヌ・ラドレット
(チェロ“通奏低音”)エレナ・アンドレイエフ
(クラヴサン)ノエル・スピード
<Solstice SOCD70> 放送で使用されたCDは海外盤 Barriere;7 Cello Sonatas

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの記事もどうぞ

  • 《バロックの森》ルイ15世時代の音楽⑥ ヴァイオリンはダンスのための楽器2011年1月22日 《バロックの森》ルイ15世時代の音楽⑥ ヴァイオリンはダンスのための楽器 天使がヴァイオリンらしきものを携えている古い絵画や彫像が、幾らもあります。『らしきもの』とされているように、よくよく観ると違うよう。そもそもヴァイオリンは、いつ頃どういう経緯で誕生したのでしょう。結論を先に答えるならば根拠不明。音楽史の上でヴァイオリンの名手にして、今でも演奏される機会の多い重要な作曲家はコレルリ。ヴァイオリン音楽を芸術音楽として最初に記録されます。もしもヴァ […] Posted in blog
  • 協奏曲の魅力(4)2015年2月5日 協奏曲の魅力(4) 鎌倉幕府の開闢は1192年と答えて、◯をもらうか、△をもらって注釈されるか。教科書が改められるのはやがてでしょうから、これから日本史を学ぶ子どもたちは1185年の開闢だと覚えていくことになる。 音楽の授業では、古楽器演奏やバロック音楽時代の研究が活発で音楽学校ではもはやシビヤなところだろう。 […] Posted in Radio and Television
  • [バロックの森]ルイ15世時代の音楽④ 聴き所は、ニケのダジャンクールの録音。2011年1月20日 [バロックの森]ルイ15世時代の音楽④ 聴き所は、ニケのダジャンクールの録音。 響板がオリジナルであれば、製作当時のチェンバロです。・・・と言うイタリア紀行番組が先日NHKのBSで放送されていました。メカニックが当時そのままならオリジナルだと思えていたので、確かにそうだと発見になりました。チェンバロには螺鈿細工のものやら、意匠が凝らされているモデルが多いので気持ちはついつい造りの方に向いてしまいます。意匠と言えば白鍵に黒鍵がピアノ。チェンバロは黒鍵に白鍵 […] Posted in blog
  • [バロックの森]最愛王ルイ15世の時代の音楽③2011年1月19日 [バロックの森]最愛王ルイ15世の時代の音楽③ 宗教曲の月曜日、オーケストラの音楽の火曜日。そして、水曜日の今朝は劇音楽、歌劇の音楽に焦点を当てた「バロックの森 ルイ15世の時代の音楽」です。年代を追って音楽の全容を学ぶのは楽しい事ですけれども、ルイ15世の時代のフランスバロック音楽は多様を極めていました。劇音楽と言っても現代的な歌劇から、歌って踊るミュージカルやボードヴィル・・・歌詞のついたバレエ音楽と言った方が分かり易 […] Posted in blog
  • 音楽の熟成を遊び楽しむエレーヌ・グリモーのインターネット生中継、チクルスのラストは午前0時半スタート http://jp.medici.tv/2011年11月6日 音楽の熟成を遊び楽しむエレーヌ・グリモーのインターネット生中継、チクルスのラストは午前0時半スタート http://jp.medici.tv/ エレーヌ・グリモー嬢のインターネット生放送のチクルス。最終日の3日目は、日本時間で日曜日の夜から月曜日に日付が変わったらすぐ、午前12時30分からのオン・エアです。残る3時間少々。 モーツァルトのウィーンでのコンチェルト、バッハの鍵盤楽器の為の協奏曲、それにシルヴェストロフのユニークな室内オーケストラとピアノ風の音の協奏曲? […] Posted in blog
  • 古楽のたのしみ バッハの音楽(1)奏者には厳しく聴く者にはこの上ない穏やかな時間をもたらすバッハ珠玉の《トリオ・ソナタ》 – NHK-FM 2011-09-122011年9月12日 古楽のたのしみ バッハの音楽(1)奏者には厳しく聴く者にはこの上ない穏やかな時間をもたらすバッハ珠玉の《トリオ・ソナタ》 – NHK-FM 2011-09-12 秋本番。熊本の午後いっぱいは、まだまだ気持ちがだらけるように気温が高かった日曜日。デスクワークも遅々と進まなかったものの、夕方過ぎて涼しく過ごしやすくなりました。もう、朝6時だというのに外はやや白々とし始めようとしています。カラスが遠くで朝の挨拶を交わしているけれども、秋の虫が賑やか。今夜は中秋の名月。 古楽の楽しみ -バッハの音楽-(1) […] Posted in blog