カザルス・フェスティバルでの羨望の一枚★カザルス、ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ブルー・ラベル、1stラベル

幻の1枚。と、までは言いませんけれども、伝説の演奏を耳で確かめる事が出来ます。1960年のパブロ・カザルスがプエルトリコで行ったフェスティバルでのライヴ録音盤は、数万円で取引されていたレコードです。弦楽器の録音盤、チェロは特に市場価格はとても高いジャンルです。

それがどうして特価に出来たのだろう。時代の流れは巡りめぐると言うけれども、時に辛い期間がやってきます。何かとても巨大なものが、全体のバランスを取り直そうとしているようですね。今年は指揮者、レナード・バーンスタインが没後30年で、注目が集まっているようです。バーンスタインの名盤や、知られざる録音が目にとまりやすくなっています。これはリバイバルブームと言う事で分かりますが、時同じくして思いがけない出物が登場します。このカザルスのレコードもそうした1枚なのかも知れません。



☆通販レコード 2010年11月19日時点のコンディション☆

[restabs pills=”nav-pills” icon=”true” text=”More”] [restab title=”Products” active=”active”] 【協奏曲】

レーベル:米 EVEREST

レコード番号:LPBR-6083

オリジナリティ:ブルー・ラベル、1stラベル

曲目:

  • ドヴォルザーク:チェロ協奏曲

演奏:

  • チェロ:パブロ・カザルス
  • 指揮: アレクサンダー・シュナイダー
  • 管弦楽:プエルト・リコ・カザルス祝祭管弦楽団
[/restab] [restab title=”Shop Notes”] 試聴感とレコード盤、ジャケットのコンディション:

  • 1960年カザルス・フェスティバルでのライヴ録音。モノラル録音ですが部分的にカザルスのうなり声も聞こえます。カザルス84歳の時の録音ですが、その枯れきった味わいに何とも言えない魅力があります。
  • 盤はチリ音もほとんど無く、大変良い状態で鑑賞できます。
  • ジャケットは四隅もしっかりで綺麗ですが、裏面に少し茶色のシミがあります。尚、数万円で取引されていたレコードで今回の価格は特価です。

ⓇNM ⒿEX++

価格 ¥12,000(¥12,600 税込み、送料無料)
[/restab] [restab title=”Information”]お問い合わせはこのエントリーに、コメントして下さい。稀少なオリジナル盤を紹介しているアマデウスクラシックス( http://amadeusclassics.otemo-yan.net/ )で扱っているレコードは 一点物ですから、同じコンディションのレコードは再びご用意は出来ませんが、御希望の場合は探しますのでご連絡下さい。
[/restab][/restabs]

こちらの記事もどうぞ