むしゃん良か男なぁ カラヤン週間

帝王ヘルベルト・フォン・カラヤンの最初のレコードが発売されたのは1939年。最初の記念すべきレコード録音セッションは前年の12月9日、モーツァルトの歌劇『魔笛』序曲でスタートしました。欧米ではこれが最初のレコードとして発売されたわけだけど、日本では翌年のベルディの歌劇『運命の力』序曲が先の発売となりました。
華々しさを感じるので日本のレコード販売戦略としては、『運命の力』序曲を選んだのでしょう。今だと軽やかにモーツァルトでデビューというのがおしゃれなのかもしれませんが、戦前の日本でのモーツァルトの認識度は宜しくなく。写真の様な優男のカラヤンなので、軽んじられていたのかも。
しかしまぁ、よか男ばい。むしゃんよかなぁ~♪
KARAJAN88CDSKARL2
指揮者へのあこがれを持たせてくれた。4月5日はカラヤンの誕生日、2013年で105年目のアニヴァーサリーでした。そして日本人にとっては、単身でカラヤンが来日して最初の演奏会を開いたのが1954年の4月6日。2014年で来日50周年になります。この話題で、来年も使いまわしができそうだ。

と言うことで、1941年録音のベートーヴェン、交響曲第7番を聴いています。のだめカンタービレで、ベト7として良く知られていますね。
交響曲の録音では、チャイコフスキー、ブラームスと来て三枚目の物になります。その後ベートーヴェン全集に力を注いだ帝王が最初に選んだのが、葬送行進曲が印象的な7番というのは面白い。
時はフルトヴェングラーの天下。フルヴェンの目を盗んでレコード活動にいそしんでいたカラヤン。巨匠が録音する予定に無いものを録音するしか無かったのです。
第1楽章冒頭から意外なハーモニー。フルトヴェングラーの音楽造りへのアンチテーゼがぷんぷん。その微細な音の重なりは、繊細を極め。大きな音を響かせることよりも、レコードというパーソナルスペースで堪能できるサウンドになっている。
嘗て、ワーグナーの指環をショルティと録音権を争ったカラヤン。カラヤンの指環は室内楽的だと評されていた様に、ベートーヴェンの葬送行進曲は、奏者の妙味、テクニックを効かせることよりも党則の撮れた神経質さを垣間見せています。

第3楽章は中間部が聴かせます。これほど秀麗な軍楽隊は無いでしょう。失速を畏れずと言うか、優雅です。最初からレコードが良く売れていて、エンジニア側に注文が言えたのだろうかと思いたいほどに、丹念に音が録れています。第4楽章は、ダイナミックレンジがあれば円熟期のグラモフォン録音と寸尺異なりません。第1楽章冒頭と通じるところがあって、短く切り返す弦楽のスタッカート気味な歯切れの良さ。カミソリの様なシャープさに陥る寸前の美。

CDの復刻も上々で、パチ音もごく稀。ジリ音も極めて弱音の部分で感じられる程度です。試聴とダウンロードは http://amzn.to/ztWKwm

こちらの記事もどうぞ

  • わたしの故郷の鳥は“ピース”と鳴くのです − 10月21日は国際反戦デー ◉カザルスの《ホワイトハウス・コンサート》2014年10月22日 わたしの故郷の鳥は“ピース”と鳴くのです − 10月21日は国際反戦デー ◉カザルスの《ホワイトハウス・コンサート》 カザルスがチェロの神様と言われるのは彼以降のチェロの演奏法を変えてしまったことです。そのこと以上に平和と人間愛を音楽で訴え続けた彼が彼を語る時に言って欲しいことが、あらゆる暴力に抗議したい思いだろう。私の故郷の鳥はピース、ピースと鳴きます。痛烈な批難をユーモラスに表現している。それがかえってホンワリと心に届いてしっかりと根付くのだ。 […] Posted in blog, Review
  • Music by Franz Waxman2013年9月20日 Music by Franz Waxman ワックスマンの音楽は音楽の内容と映画上の物語を繋ぐことに焦点を置いている。アメリカのスタイルに馴染もうと一生懸命なイメージが、映画『裏窓』に登場するピアニストに重なるのはわたしだけでしょうか。レベッカの音楽でも感じられることですがワックスマンの音楽は、共通する思いはあってもバーナードハーマンとは対照的です。 […] Posted in blog, Review
  • 蛇の目ごしにものを見ている男たち2014年1月22日 蛇の目ごしにものを見ている男たち ある盗賊団の頭が死んだ。残された子分は頭が溜め込んでいたはずの大金を探すが見つからない。とうとう、新しい頭を立てて押し込み働きをするようになった。そこに、鬼の平蔵が待っていた。「俺のやり方は行き過ぎだと上から避難されるだろう。どうお裁きを受けることになるかわからないけど、今の江戸じゃ俺がしないで誰がやれる仕事だ」は名言 […] Posted in blog, Review
  • 僕は全世界を抱きしめるだろうに!2013年7月23日 僕は全世界を抱きしめるだろうに! ベートーヴェンの耳の病は、話が聞き取れないで筆談をしてる相手の後ろでピアノを弾いていた弟子に、「そこはおかしい」と注意したと言います。対話をしようとしていた相手は気分を害したことでしょう。また、ピアノに噛み付いて音を聞いていたと言うから居合わせた人はとんでもないのを見てしまったと怖がったことでしょう。 […] Posted in blog, Review
  • 音の探究者たちへ。《新》長岡鉄男の外盤A級セレクション2013年8月7日 音の探究者たちへ。《新》長岡鉄男の外盤A級セレクション A級の音はA級のソースから!オーディオ・マニア必読の画期的レコードガイド。説明無用のガイド本が、新装されて登場。中古本でも必死に探していたオーディオ・ファイルは少なくない。今、それが叶ったのもA級の名録音盤がSACD、アナログ共に購入しやすい嬉しい状況になったこともある。中古盤やオークションを渡り歩く時間を少なく出来て音楽を聞く時間がもてる。こうしたガイド本が登場することで、 […] Posted in blog, Review
  • 出世作☆アバド指揮ウィーン・フィル、ブラームス:ハンガリー舞曲 全曲2013年4月3日 出世作☆アバド指揮ウィーン・フィル、ブラームス:ハンガリー舞曲 全曲 初期のデジタル録音を現在聞き返すと、昔の録音は結構エネルギー感と音の厚味があったんだと思わされます。これもそんな一枚。 全体に鮮明でハッキリ、クッキリとした音調ですが、弦はわずかに硬質な感じがあります。 […] Posted in blog, Orchestral, Review