どの音楽でも、裏方の人の努力が結実する盤は話を聞くだけで楽しい。

OS25126

まずは音を出して、音を出さないことには音楽は始まらないのよ
メロディーなきメロディーを奏で、道無き道を行こう

超優秀録音で四日間掛かるオペラの最後を飾るアリアは圧巻。ライヴではソプラノの声量の衰えが出ちゃう所で、レコードでこそ完璧に聴ける。レコード録音しの金字塔であると同時に、万全のスタジオ・セッションでの録音はクラシック音楽ファンの待望だった。ジークフリートのラインへの旅、葬送行進曲と聞き所はいっぱい http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e717434.html

現在はDVDで毎年のように指環がリリースされているけど、ショルティとウィーン・フィルのプロジェクトは、1958年から1966年まで、あしかけ8年かけて全曲を録音。ステレオで、スタジオセッションという最初の試みでした。録音機材もその間に変わっていて、4部作は「ラインの黄金」、「ジークフリート」、「神々の黄昏」、「ワルキューレ」の順に制作されました。ワーグナーのオペラは「ラインの黄金」、「ワルキューレ」、「ジークフリート」、「神々の黄昏」の順番なのだけど、制作順のポイントは主人公のブリュンヒルデを歌うソプラノの声への心配。10年間の間に、声が出なくなった場合はすべてがパァになる。ポップスのプロジェクトではそこまでは考えないことだけど、オペラの録音では気にしないでは置けない重大事。そこで、ソプラノが30分近く一人で歌うアリアのある、「神々の黄昏」を先に録音することになった次第。

録音機材の変化は、後半の「神々の黄昏」と「ワルキューレ」では、登場人物の動きはミキシングで動かせるようになりましたが、「ラインの黄金」と「ジークフリート」では、歌手自身が日本のマイクの間を移動しながら歌っています。テープレコーダーはアンペックスからスチューダーへ、テープはEMIからスコッチに変わっている。録音の時のイコライザーカーヴも変わっているし、最後にはドルビーシステムが何よりも早く導入されている。

それでも歌手、オーケストラ、録音場所、スタッフに変動がなかったことは『金字塔』プロジェクトを結実させたい、と誰もが努力したんですね。全4部作で人気が高いのは『ラインの黄金』と『ワルキューレ』でしょう。オーディオファイルが身震いするのが、『ラインの黄金』のラストでの雷鳴と虹がかかる場面。雷雲が晴れて虹が架かっていく様子が音を聴いているだけで感じられる。ワーグナーのスコアがそうであるのは確かですが、マイクの録音レベルを徐々に左右の端から上げることで左右に大きく開いていた音が徐々に集約されるように聞こえる。デジタル録音では見過ごされることだけど、マイクの位相特性の違いが干渉することを逆手に使った。『ワルキューレ』の醍醐味は、『ワルキューレの騎行』でしょう。ハイライト盤の面白さは、録音機材の変化にも注意して聞く楽しみだ。

こちらの記事もどうぞ

  • するりと喉を通るお酒のような2015年10月30日 するりと喉を通るお酒のような Happy […] Posted in blog, Review
  • 蛇の目ごしにものを見ている男たち2014年1月22日 蛇の目ごしにものを見ている男たち ある盗賊団の頭が死んだ。残された子分は頭が溜め込んでいたはずの大金を探すが見つからない。とうとう、新しい頭を立てて押し込み働きをするようになった。そこに、鬼の平蔵が待っていた。「俺のやり方は行き過ぎだと上から避難されるだろう。どうお裁きを受けることになるかわからないけど、今の江戸じゃ俺がしないで誰がやれる仕事だ」は名言 […] Posted in blog, Review
  • わたしの故郷の鳥は“ピース”と鳴くのです − 10月21日は国際反戦デー ◉カザルスの《ホワイトハウス・コンサート》2014年10月22日 わたしの故郷の鳥は“ピース”と鳴くのです − 10月21日は国際反戦デー ◉カザルスの《ホワイトハウス・コンサート》 カザルスがチェロの神様と言われるのは彼以降のチェロの演奏法を変えてしまったことです。そのこと以上に平和と人間愛を音楽で訴え続けた彼が彼を語る時に言って欲しいことが、あらゆる暴力に抗議したい思いだろう。私の故郷の鳥はピース、ピースと鳴きます。痛烈な批難をユーモラスに表現している。それがかえってホンワリと心に届いてしっかりと根付くのだ。 […] Posted in blog, Review
  • 古楽の愉しみ ホルンの魅力2013年8月8日 古楽の愉しみ ホルンの魅力 中世、狩りをするときに馬上で角笛を吹いて、後方との連絡をした。この角笛がホルンの起こりです。管楽器の中でベルと呼ばれるラッパが後方を向いている唯一の存在です。このベルに握りこぶしを入れて出す強弱と、唇で出す音程は一様でないふくよかさが演奏者の個性でホルンという楽器に魅了される大きなポイントです。 […] Posted in blog, Review
  • ワンダ・ウィウコミルスカの放送音源を入手2013年8月17日 ワンダ・ウィウコミルスカの放送音源を入手 どちらも同じヴァイオリニストであるとは、聞けばすぐに分かるぐらい。40年近い開きはあるので1991年のコンチェルトでは多少張りにかけるヴァイオリンの響きでしたが、そのヴァイオリンの歌い方は同じでした。これだけ性格の出ているヴァイオリニストは特別でしょう。プログラムの中間のリサイタルの音はとても良くて、60年も前の録音だとは驚きです。そして、レコードとライヴがこれほど相違がない […] Posted in blog, Review
  • 僕の生活は今までよりも優しみのあるものになった – 快癒への望みを込めて書き上げられたヴァイオリン音楽の大名作。2013年7月22日 僕の生活は今までよりも優しみのあるものになった – 快癒への望みを込めて書き上げられたヴァイオリン音楽の大名作。 幸福感に満ちた明るい曲想から《春》という愛称は、新緑の鮮やかさや頬を撫でる春風の心地よさがよく表現されていて、誰しも同じ気持を感じるでしょう。この時代も国も超えた感動の共有はベートーヴェンの音楽のもっともたるところ。 僕の生活は今までよりも優しみのあるものになった。この時、彼は《不滅の恋人》を思っていた。快癒への望みを込めて書き上げられたヴァイオリン音楽の大名作。 […] Posted in blog, Review