通販中【60% OFF】1A-1A溝あり☆米COLUMBIA フランチェスカッティ(Vn) ラロ:スペイン交響曲、ウォルトン:ヴァイオリン協奏曲 – 試聴あり

ラテン的に明るい演奏スタイル。と言うのが、これ。断定しても良い位に、『フランチェスカッティのヴァイオリンの音質は,いつくしみ愛撫する人肌の感触を思わせる。高音域においてさえうるおいのあるヴィブラートがかかり,豊かな情感を生みだすのだ。』・・・フランスのヴァイオリニストだが、パリ音楽院にはいかず、パガニーニの孫弟子にあたる父親と、その父親の弟子だった母親の薫陶を受けて育った人だった。 親しみやすく、美しい歌い口が魅力のヴァイオリニストである。もしかしたら演奏しているジノの脳裏には母親の姿が常にあったのでは無いかとさえ思えます。

Ms6201sold

《通販中》6割引でお求めになれます。売約あり。

【協奏曲】 通販中 http://amadeusclassics.otemo-yan.net/e275873.html

  • レーベル: 米 COLUMBIA
  • レコード番号: MS-6201
  • オリジナリティ: 6EYEラベル、ミゾ有、1stラベル、スタンパー 1A-1A

曲目 

  1. ラロ:スペイン交響曲
  2. ウォルトン:ヴァイオリン協奏曲

 

演奏

  • ヴァイオリン:ジノ・フランチェスカッティ

(ラロ)

  • 指揮:ミトロプーロス
  • 管弦楽:ニューヨーク・フィル

(ウォルトン)

  • 指揮:オーマンディ
  • 管弦楽:フィラデルフィア管弦楽団

価格改定販売中


 アナログ・オリジナル盤について、詳しくはこちらをご覧下さい http://amadeusclassics.otemo-yan.net/

価格 ¥7,000(¥7,350 税込み、送料無料)
60% OFF
新価格 ¥2,800 (¥2,940 税込み)
お買い上げ合計¥5,001円以上で送料無料)

試聴感とレコード盤、ジャケットのコンディション:

  • ラロは1957年録音。スタンパー 1A-1A のオリジナル盤で貴重です。
  • 颯爽とした演奏で、ラロはこの曲のNo.1にあげる人も多い名演。ヴァイオリンは美しさと気品に満ちた音で、フランチェスカッティの美音をかなり良く録らえています。オーケストラの音も厚味があり、生気に富んでいます。
  • 盤の状態は良く、ノイズもあまりありませんので良い状態で鑑賞できます。
  • ジャケットは、正面に若干のスレがあるぐらいです。

コンディション:(レコード、ジャケット・カバーの状態)
[R] NM [J] NM

 

試聴が出来ます – フランチェスカッティ (4) ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 / ラロ:スペイン交響曲

アマデウスクラシックス! 稀少アナログ、オリジナル盤通販サイト 10月23日版:1A-1A溝あり☆フランチェスカッティ、ラロ:スペイン交響曲 via amadeusclassics.otemo-yan.net

こちらの記事もどうぞ

  • 午前5時半、熊本はクマゼミが鳴き出しました。2011年8月12日 午前5時半、熊本はクマゼミが鳴き出しました。 午前5時半、熊本はクマゼミが鳴き出しました。天気は曇り空で、朝焼け写真はあきらめました。それでサウンドだけです。キッチンから録りましたので冷蔵庫の音が暗騒音として持続しています。 屋外に出て録音するのよりも屋内から録音する方が、どこで鳴いているか漠然とした対象物の場合は聞き取りやすく録音できます。屋内の物音が入るのはやむを得ないのですが、室内に反響することで集音器効果に […] Posted in blog
  • オペラ初心者のための《トリスタンとイゾルデ》 – NHK-FM《バイロイト音楽祭2011》最終日2011年12月30日 オペラ初心者のための《トリスタンとイゾルデ》 – NHK-FM《バイロイト音楽祭2011》最終日 楽劇《トリスタンとイゾルデ》のオペラ第2幕は単純に『あなたが好きだ』、『わたしも愛してます』とお互いの愛を確かめ合うふたり。『まもなく、夜が明けます』とイゾルデの侍女ブランゲーネが遠くで歌う。と分かり易いので初めて聴くにはここからでしょ。ベスト3は、LPに限ればクライバー、バーンスタイン、フルトヴェングラーでしょうか。(改訂 […] Posted in blog, Review
  • TAS推薦盤★コレギウム・テレプシコーレ / プレトリウス、シャインなどの舞曲 シルヴァーラベル http://amzn.to/imTssF2011年6月13日 TAS推薦盤★コレギウム・テレプシコーレ / プレトリウス、シャインなどの舞曲 シルヴァーラベル http://amzn.to/imTssF 仏ハルモニア・ムンディ、英オワゾリールの録音が好きな方にはお薦めです。TAS推薦の優秀録音盤で音の立ち上がり、立ち下がり共に優秀。盤に浅い傷がありますが、音には出ません。舞曲の賑やかさでノイズを感じさせないのか、盤の極表面のスレなのか。シルヴァー・ラベルは非常にデリケートで、気をつけて保存していても見た目は他以上に気になるレコードではないでしょうか。 http:// […] Posted in blog
  • 英 DECCA SXL-6233 ★溝あり、ED-2 ラージ★サザーランド、ホーン、キング、タルヴィラ、シュミット=イッセルシュテット指揮ウィーン・フィル ベートーヴェン:交響曲 No.9 《合唱》2012年3月24日 英 DECCA SXL-6233 ★溝あり、ED-2 ラージ★サザーランド、ホーン、キング、タルヴィラ、シュミット=イッセルシュテット指揮ウィーン・フィル ベートーヴェン:交響曲 No.9 《合唱》 ステレオ初のウィーン・フィルのベートーヴェン:交響曲全集からの1枚。イッセルシュテットらしい甘さのない男性的な表現ですが、ウィーン・フィルの艶やかな音色としなやかな表現を巧みに引き出しています。ちなみに5番と8番の交響曲を組み合わせた1枚は、当時のレコ芸のレコード・アカデミー賞に輝いています。 音質はラージ・ラベル、ミゾ有りの1960年代のものだけに優秀。金管は輝かしい音色 […] Posted in Orchestral, Review
  • 値下げ商品ご紹介 – 《通販カタログ》バロック音楽のたのしみ – 3月7日、在庫あり。オーダー受付中。2012年3月8日 値下げ商品ご紹介 – 《通販カタログ》バロック音楽のたのしみ – 3月7日、在庫あり。オーダー受付中。 バロック音楽が親しまれ、愛好されるようになったのは1960年代末から70年代中頃に録音されたステレオ盤の評判が良かったのがきっかけになりました。中でもミュンヒンガーが録音した《ヴィヴァルディの四季》は、ブームの火付け役になったレコードです。英DECCA盤のジャケットデザインは日本盤でもお馴染みでしたし、CD時代になっても使われることが多いので米LONDON盤のデザインは印象が […] Posted in blog
  • ベートーヴェンの《田園》の定番を聴く2015年1月11日 ベートーヴェンの《田園》の定番を聴く 私共の SP コンサート振り返ってみますと 1988 年(昭和 63 年)5月から市立熊本博物館で始まり約 25 年間にわたって毎月一回、299 回まで経続けいぞくして行って来ましたが博物館の大改装に伴う閉館(平成 25 年3月)のため、やむを得ず 2013 年(平成25年)4月からは場所を市立五福公民館に移し「蓄音器を楽しむ会」として第一回発足、今回で1年 10 ヶ月( […] Posted in blog