バロックの森 ヘンデルの音楽(1)

夜半から降り始めて、熊本は雨で一週間の幕開けです。その為まだ7時を過ぎても暗いままです。何ともこういった天気だとクリスマス前という気分にはなりませんね。どうしたものでしょうか、わたしだけでしょうか?

さて、先週は「ドイツのクリスマス」音楽の特集だったNHK-FMの《バロックの森》ですが、今週は何処のクリスマスかと期待していたら『ヘンデルの音楽』の一週間でひと息といった感じです。来週が『フランスのクリスマス音楽』となっているようです。『イタリアのクリスマス音楽』や『イギリスのクリスマス音楽』も選曲に困るところはないと思うのですけれども、その二つを『ヘンデルの音楽』は総括できそうなところもありますね。

バロックの森 -ヘンデルの音楽-(1)

案内・今谷和徳

2010年12月13日月曜日、NHK-FMで放送。

– ヘンデルの音楽 -(1)

レコードがCDに移行する少し前の頃だったでしょうか、ニッカ・ウヰスキーのコマーシャルでヘンデルの『オンブラ・マイ・フ』が大ブームになりました。白いドレスを風になびかせて歌うキャスリーン・バトルさんの人気はクラシック音楽としては異例な思いでした。それまでオペラのアリアと言えばモーツァルトのフィガロの結婚からの曲が馴染みのある程度ではなかったでしょうか、ヘンデルと言えば『アレルヤ・コーラス』といったぐらいだったのに注目されるようになりました。

今思えばヘンデルのアニヴァーサリーに関連もあったのではないかと思っていますが、最近また1曲がヘンデルのアリアとして人気曲になりましたね。『わたしを泣かせて下さい〜涙流れるままに』というアリアです。日本語としてはちょっと不自然でもありますけれども、このアリアが歌劇『リナルド』からの有名な場面です。

1)

「歌劇“リナルド”序曲」 ヘンデル作曲
(5分41秒)

「歌劇“リナルド”から アルミレーナのアリア
“歌を歌っている小鳥たち”」ヘンデル作曲
(5分39秒)
アルミレーナ…(メゾ・ソプラノ)チェチーリア・バルトリ

「歌劇“リナルド”から リナルドのアリア
“いとしいいいなずけ、いとしい恋人よ”」ヘンデル作曲
(10分27秒)
リナルド…(カウンターテナー)デーヴィッド・ダニエルズ

(演奏)エンシェント・ミュージック室内管弦楽団
(指揮)クリストファー・ホグウッド
<ユニバーサル UCCD-1017/9> ヘンデル:リナルド(全曲、3枚組、日本語対訳付き)Handel: Rinaldo(全曲、3枚組、海外盤) 確かリリースの年のレコード芸術誌でレコード・アカデミーのオペラ部門か、バロック音楽の部門で受賞した録音ではなかったでしょうか、他にも「リナルド」が同年にリリースされて目の前で生々しいドラマが展開しているような演奏、録音とピュアに音楽、歌声を味わう演奏、録音と言った両極の内容でした。好き嫌いと分けられるものではなくてリスナーとしては両盤を必ず聴いておきたい優秀盤です。評価は★★★★。

2)

「ユトレヒト・テ・デウム」 ヘンデル作曲
(24分32秒)
(ソプラノ)エマ・カークビー
ジュディス・ネルソン
(カウンターテナー)チャールズ・ブレット
(テノール)ロジャーズ・カーヴィ・クランプ
ポール・エリオット
(バス)デーヴィッド・トマス
(合唱)オックスフォード・クライスト・チャーチ聖歌隊
(演奏)エンシェント・ミュージック室内管弦楽団
(指揮)サイモン・プレストン
<Decca 458 072-2> Utrecht Te Deum & Jubilate 初発は1979年、オアゾリール・レーベルからです。その後ヴィヴァルディの宗教曲同士の組み合わせになったり、エマ・カークビーのたの録音との組み合わせだったり、また、プレストンの合唱曲の録音で組み合わせられたりと同じ録音ながら幾度となくカタログに登場しています。それは押しも引きも出来ない優れた録音、演奏だと言う事ではないでしょうか。小難しさのない聴きやすいものであることは言うまでもありません。評価は★★★★。

※現在購入できるCDとデザインは違います。

 

 

 

 

 

こちらの記事もどうぞ

  • Movie Blog 雪が踊っている。2011年2月15日 Movie Blog 雪が踊っている。 おはようございます。炊きたての御飯に金山寺納豆、と卵御飯、アサリの味噌汁で朝ご飯を済ませました。時折雨が降ってそうでしたけれども、午前7時。今は曇り空の熊本。気温は低いけど厳しい寒さではありません、空気中に湿度が充分詰まっているようです。さて、土曜日に雪が降り出したところをムービーにとっておいたので、まずはそのままアップします。 […] Posted in blog
  • 【蓄音器の音】あの花この花 – 昭和15年2月2011年5月31日 【蓄音器の音】あの花この花 – 昭和15年2月 (コロムビア 30505B、昭和15年2月発売) Posted in blog
  • SPレコードを聴く❧トスカニーニの美しく青きドナウ[1941]2011年1月10日 SPレコードを聴く❧トスカニーニの美しく青きドナウ[1941] 傍らにあるのはデスマスク!? ガラスケースの中に2つのデスマスクが収めてありますが、1つはワグナーだとすぐに分かったけれども、もう一方はブラームス?チャイコフスキー? 写真はピアノに向かっているトスカニーニ。夕べ放送されたトスカニーニのラスト・コンサートの放送が、1950年代に最初にオン・エアされた通りに再現されて放送されていましたね。そこで指揮者としてではなくて、作曲家トス […] Posted in blog
  • 2曲目で感じた!!今年の《ニューイヤーコンサート》のCDは買いだ!! http://amzn.to/uiXKSl2012年1月2日 2曲目で感じた!!今年の《ニューイヤーコンサート》のCDは買いだ!! http://amzn.to/uiXKSl マリス・ヤンソンス、二度目の指揮台登場となった2012年のウィーン・フィル・ニューイヤーコンサート。聞き所は第1部、最初の3曲で、これらはヨハン・シュトラウスの新曲披露となる。それにウィーン少年合唱団を交えての2曲。《鍛冶屋のポルカ》ではヤンソンスが指揮棒の代わりに金床でリードをとった。   […] Posted in blog
  • ソロの音色は優秀の極み☆カール・ベーム指揮ベルリン・フィル / モーツァルト:ポストホルン・セレナーデ、セレナータ・ノットゥルナ 1stラベル http://amzn.to/mLSY122011年5月30日 ソロの音色は優秀の極み☆カール・ベーム指揮ベルリン・フィル / モーツァルト:ポストホルン・セレナーデ、セレナータ・ノットゥルナ 1stラベル http://amzn.to/mLSY12 パユ、マイヤー、バボラークと言えば現在のベルリン・フィルのスター奏者。レコード世代のベルリン・フィルの御三家と言ったらジェームズ・ゴールウェイ、ロータ・コッホ、そしてホルスト・アイヒラーと言ったスター・プレイヤーを存分に美音を披露させながらも手綱は固くモダンなモーツァルトを聴かせてくれていたのがカール・ベームという指揮者。イメージは悪く捉えられるのをあえて承知で言い替えれば、 […] Posted in blog
  • <速報>死刑求刑の被告に無期判決 耳かき店員ら殺害2010年11月1日 <速報>死刑求刑の被告に無期判決 耳かき店員ら殺害 ☀ 耳かき店の店員とその祖母を殺害したとして殺人罪などに問われ、裁判員裁判で初めて死刑を求刑された無職林貢二被告(42)に対し、東京地裁は1日、無期懲役の判決を言い渡した。(2010/11/01 15:36:43) […] Posted in 未分類