カンロと音楽大学の共同開発! 声を使うプロも納得の『ボイスケアのど飴』 9月13日発売

今回、カンロと共に商品開発に携わったのは、国立(くにたち)音楽大学教授で声楽家の小林一男氏
と同校の学生たち。「オペラ歌手現役時代は、24時間声やのどのことを考えていた」と語り、
実際にのどに良いとされるものを国内外から取り寄せていたという小林教授。
同商品の開発時には、教授のアドバイスをもとに、さまざまな素材や商品を集め、研究室で徹底的に
分析を実施し、新しい「ハーブエキス」の調合に成功しました。また、音大生たちにも、のどを
労わる工夫や、好きなのど飴についての意見を徹底調査。試作品の数は60種類以上にのぼりました。

商品を開発する中で最も苦労したのが、「おいしさとのバランス」。なめやすいものだと「のどに良さそう」
という感覚が薄れ、逆に「効きそうだ」という感覚が強すぎると、飴としてのおいしさを失って
しまうなど、様々な意見が挙がりました。
バランスを保つ難しさを乗り越え、様々な原料の配合を少しずつ変えながら、ようやく完成に
至ったという経緯があります。

おいしさは半ば諦めることは出来ていたけれども、わたしとしては舐めやすさは重要なポイントです。舐め過ぎも良くはないと思うので、途中で辞めるか一粒を割れるようになっていると有り難い面もあります。
そういう点で顆粒状の利用もしていたりするんだけど、扱いづらいので携帯しにくいのが難点でした。

こちらの記事もどうぞ