値下げ商品ご紹介 – 《通販カタログ》バロック音楽のたのしみ – 3月4日、在庫あり。オーダー受付中。

バロック音楽が親しまれ、愛好されるようになったのは1960年代末から70年代中頃に録音されたステレオ盤の評判が良かったのがきっかけになりました。中でもミュンヒンガーが録音した《ヴィヴァルディの四季》は、ブームの火付け役になったレコードです。英DECCA盤のジャケットデザインは日本盤でもお馴染みでしたし、CD時代になっても使われることが多いので米LONDON盤のデザインは印象が薄いでしょうか。

Baroque

同じオリジナル盤でも英盤と米盤は手にした時の印象が違う。でも、レコード盤はどちらも英国プレスです。

シューリヒトのステレオ録音は少なく各国から同じ録音の内容のレコードが発売されています。フランス・パテ盤が中でも安心して楽しめます。両盤共に、2012年3月4日現在販売中。リストのレコード番号がオーダーサイトのリンクです。

■バロック

  1. 英ARGO/ZRG-746/デヴィッド・マンロウ/恋のフルート/新品未開封盤/7,350円(送料+税込)➡価格改定《60%OFF》 2,940円(税込) 詳細
  2. 米LONDON/CS6044/クロイツィンガー(Vn)、ミュンヒンガー指揮シュトゥットガルト管弦楽団/ヴィヴァルディ:四季/ffss、溝あり/7,350円(送料+税込)➡価格改定《46%OFF》 3,990円(税込) 詳細
  3. DG/2533049/リヒター/バッハ:カンタータ《わが心にうれい多かりき》/3,990円(送料+税込)➡価格改定《53%OFF》 1,890円(税込) 詳細 
  4. 仏CONCERT HALL/SMS-2231/カール・シューリヒト指揮フランクフルト放送交響楽団/バッハ:管弦楽組曲No.2、No.3/9,450円(送料+税込)➡価格改定《44%OFF》 5,250円(税込) 詳細

2012年3月4日より、一部商品価格を改定致します。 各、紹介ページには旧価格と新価格を併記します。 多くのレコードが、今回の価格改定で半額以下。最大7割以上安くなり、お求めになりやすくなります。

尚、この変更に伴い。これまで継続してきました送料無料は終了させて頂きます。 2012年3月4日、午後1時以降のオーダーはお買い求め合計が 5,001円以上、税込み 5,251円以上から送料無料サービスに変わります。

こちらの記事もどうぞ

  • 歌劇《椿姫》ハイライト 第2幕から プロヴァンスの海と大地2013年4月26日 歌劇《椿姫》ハイライト 第2幕から プロヴァンスの海と大地 「父さん!」 「息子よ!何を苦しんでいるんだ、涙を拭いなさい。そして、もう一度戻ってきておくれ。故郷の海と大地が待っている」 Posted in blog
  • 英DECCA SXL 2268/アンセルメ指揮スイス・ロマンド管弦楽団/リムスキー=コルサコフ:シェエラザード、ボロディン:だったん人の踊り2012年3月19日 英DECCA SXL 2268/アンセルメ指揮スイス・ロマンド管弦楽団/リムスキー=コルサコフ:シェエラザード、ボロディン:だったん人の踊り 売約あり 【管弦楽曲】 レーベル:英DECCA レコード番号:SXL 2268 ラベル:ffss スモール・ラベル、ED-4 曲目: リムスキー=コルサコフ:シェエラザード ボロディン:だったん人の踊り 演奏: エルネスト・アンセルメ指揮 スイス・ロマンド管弦楽団 盤コンディション:NM […] Posted in blog
  • ロアッソ、甲府と分ける2010年9月19日 ロアッソ、甲府と分ける ☀ <速報>ロアッソ、甲府と分ける  サッカーJ2のロアッソ熊本は、山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場でヴァンフォーレ甲府と対戦、3対3で引き分けた。通算成績は10勝6敗9分けで、勝ち点は39に。  (2010/09/19 17:57:55) […] Posted in 未分類
  • 【蓄音器の音】実際に聴きませんか – 第279回 蓄音器でレコードを楽しむコンサートのご案内 お待たせしました“沖縄音楽特集”です。2011年7月16日 【蓄音器の音】実際に聴きませんか – 第279回 蓄音器でレコードを楽しむコンサートのご案内 お待たせしました“沖縄音楽特集”です。 夏のイヴェントに程良い具合になりました。通常は毎年2月に沖縄から講演に来て頂いていたのですけれども、山城先生のお母様が亡くなられたりで予定が2転、3転。せっかくの沖縄からの来訪、以前は帰郷の飛行機の時間が迫っているからと第1部だけで挨拶もそこそこにとんぼ返りをされていました。それがやがて、沖縄で活動されている演奏家をお連れに成る事が最近は良くあって、例会を丸々お任せする様にな […] Posted in blog
  • さて、カーペンターズのデビュー曲って何だろう? http://amzn.to/gB3Vhz2011年3月4日 さて、カーペンターズのデビュー曲って何だろう? http://amzn.to/gB3Vhz 現実逃避として受け取られていて、音楽批評から黙止されたカーペンターズが認識されるのは『遙かなる影 Close to You』のヒットから。反戦ブームとは無縁だった日本では、ビートルズほどのPTAからの反発はなかったことでしょう。そのカーペンターズがデビュー曲として選んだのが『涙の乗車券』、ビートルズのヒット曲でした。 http://amzn.to/gB3Vhz […] Posted in blog
  • Music by Franz Waxman2013年9月20日 Music by Franz Waxman ワックスマンの音楽は音楽の内容と映画上の物語を繋ぐことに焦点を置いている。アメリカのスタイルに馴染もうと一生懸命なイメージが、映画『裏窓』に登場するピアニストに重なるのはわたしだけでしょうか。レベッカの音楽でも感じられることですがワックスマンの音楽は、共通する思いはあってもバーナードハーマンとは対照的です。 […] Posted in blog, Review