英 DECCA D39D4 ☆マゼール指揮クリーヴランド管弦楽団、ブラームス:交響曲全集

マゼールがこの録音のとおり真面目に進んでいっていたら、どんな結果を残した指揮者になっていたかしら、迷っている。常時どうしようかと迷っている。

1972年にクリーヴランド管弦楽団の常任に就任したマゼールが満を持して、75、76年にかけて録音したブラームスの全集で発売は76年。・・・ということですが、そんなに何を惑っているの。おまけに「こうやりゃ、そう聴こえるだろう」とばかり、どこかから持ってきたエスプレッシーヴォの部品をはめ込んだりして、まあ醒めていること。

焦げたエビフライ

作曲家としても指揮、解釈に反映しているマゼールだけにブラームスは厄介な作曲家だったのでしょう。そういや、ブラームスはウィーン・フィルの指揮者だった。
ここはわかると熱演を聞かせているかと思うと、ブラームスのイメージはこうだなと沈着してしまう。“音楽が生まれているところ”をレコードで聞いている!?
そこに気がつけば、この演奏の面白さ。ヘンな奴だけど何故か気になる指揮者だったのは、そこかと考えてみると面白い。

レコード情報
ブラームス:交響曲全集
作曲/曲目d39d4
ブラームス
  1. 交響曲全集、
  2. 悲劇的序曲、
  3. ハイドンの主題による変奏曲、
  4. 大学祝典序曲
Catalog:英 DECCA D39D4
 演奏者クリーヴランド管弦楽団
ロリン・マゼール指揮

(ffss 1st ラベル)4LP

演奏と録音1972年にクリーヴランド管弦楽団の常任に就任したマゼールが満を持して、75、76年にかけて録音したブラームスの全集で発売は76年。
60年代とがらりとスタイルを変えたマゼールのベートーヴェンと並び、70年代を代表する録音で、恰幅が良く極めてバランスの良い音楽を作り上げています。それでいながらその音楽はけして常識的なものに終わらず、何か新鮮なものを感じさせるのがマゼールらしいところです。
録音は優秀、60年代の DECCA より、より自然なバランスの音作り。弦はウィーン・フィルのように美しく、艶やかでしなやかです。

コンディション盤は傷も無く優秀。全体にたいへん良い状態で鑑賞できます。お買い得。ジャケットは無しです。

コンディション
レコードNM
ジャケット (BOX)NM
価格
通常価格12,000 円
今回価格12,000 円

お問い合わせは

アマデウスクラシックス!アナログ初期盤LPレコード通販サイト:ブラームス;交響曲全集;マゼール;NM;12,000円